1. 法人のお客様TOP
  2. 特集・コラム
  3. 特集:連載コラム
  4. 1.道行くお客様への簡単なお声かけ

1.道行くお客様への簡単なお声かけ

※この連載コラムは、公益財団法人 日本英語検定協会の許諾のもと、一部編集した記事を掲載しています。

1.道行くお客様への簡単なお声かけ

ますます訪日観光客が増えている昨今、2020年を待たずして接客業・販売業の方の中には、英語の必要性を既に現実的にとらえている方も多いのではないかと思います。

お客様対応をする販売員のイメージ画像

私も国内の販売店に勤務していたとき、海外のお客様が通られるたびに英語でお声かけをしていました。
日本語で「こんにちは」と元気よくお声かけしても問題ありませんが、英語でのお声かけも知っておけば、お仕事の幅も広がります。

(1) Good morning.
おはようございます。
(2) Good afternoon.
こんにちは。
(3) Good evening.
こんばんは。
(4) May I help you ?
お手伝いいたしましょうか?

お客様とは、ビジネスの相手です。
お店の雰囲気にもよりますが、Hello.やHi.のようなくだけた挨拶を避け、これらのように意味のある言葉で敬意をもってお声かけしましょう。
(1)~(3)は、直訳すると「素敵な朝/昼/夜ですね」です。
(1)~(3)の挨拶言葉と(4)をセットにして「Good afternoon. May I help you?」と使うと、お客様が何をしたいのか意思表示をしやすくなります。

看板が日本語のみで書かれているお店の場合、あえて店員さんの口からどんなお店かを伝えると安心されるものです。

(5) We are a Japanese Sake store.
私共は、日本酒のお店です。

たとえ英語の看板を出していても、積極的に何を提供するお店かを伝えることによって、入店のきっかけを作り出すのです。

(6) We are an Italian Restaurant with vegan menus.
私共は、ビーガンメニューのあるイタリア料理店です。

*vegan:完全菜食主義者(動物類、卵や乳製品など動物由来の食品の摂取も避ける人)

英語を話してくれる店員さんは、日本語の分からないお客様にとって最も心強い存在です。
英語で接客できることは売上アップのきっかけにもなり、何よりもプレッシャーに耐えた分、「心の筋肉」がつき、様々なご要望に対応できる力もついてきます。
自分の成長の上でもぜひ多くの方に“英語で接客”へチャレンジしていただきたいと思っています。