診断

産能大の「診断」ツールとは?

診断ツールとは、組織と個人の現状を多角的に見える化し、客観的な視座をクライアントに提供するソリューションです。

組織と個人の特性や現状を客観的に分析し、課題を明らかにします。
解決すべき問題の所在を見極めることができるため、戦略的な組織設計や中長期の人材育成が可能となります。

2つの診断カテゴリ

診断実施の流れ

診断は、以下3つのステップで進めます。
実施するにあたり、実施目的や活用方法の設定受検者に対する診断結果のフィードバックの方法が重要です。
これらを事前に明確にしておくことで、その有効性を高めることができます。詳細はお客様と相談の上、確定します。

1.診断の準備

お客様と担当アドバイザーで下記を検討します。

  • 診断結果のフィードバックの方法の決定
  • 診断目的、活用方法の明確化
  • 実施する診断の選定

2.診断への回答

担当アドバイザーが診断用具を送付しますので、お客様には下記について対応いただきます。

  • 組織内での事前アナウンス
  • 診断用具の受け取り
  • 回答用紙の配付
  • 診断の実施
  • 回答用紙の回収
  • 回収状況チェック
  • 返送

3.データ解析および診断結果の返却

担当アドバイザーが下記を手配します。

  • 回答内容のチェック
  • データ入力
  • データ解析
  • 出力
  • 診断結果の取りまとめ
  • 指定場所への発送

上記の内容をもとに、お客様に対し診断結果のフィードバックを行います

組織と個人の特性や現状を客観的に分析し、課題を明らかにします。解決すべき問題の所在や性質に合わせた、解決策の立案が可能となります。

診断結果は人材育成や組織開発にお役立てください。

  • Webによる回答の場合には上記と流れが異なります。詳細は担当アドバイザーまでお問い合わせください。

まずはお気軽にお問合せください。

導入・お見積りのご相談はこちら

お問い合わせ内容をご入力ください。

該当する地区の事業所へお問い合わせください。