概要と体系マップ

ここでは本学の診断ツールについて、概要と体系マップをご紹介します。

効果的な学習と体系的な人材育成のために

特性診断を活用して学習効果を高める

本学の個人診断ツールは、主に能力や意欲、行動などの特性を客観的に把握するためのツールです。
診断は、組織内の個々人が自己理解を深め、さらなる学習を促進するためのきっかけづくりとして大変有効です。そのため診断には適切なフィードバックが欠かせません。個人診断のフィードバックには、いくつかのパターンがあります。
個人診断のフィードバックのパターン

特性診断を活用して体系的な人材育成を行う

個人診断を活用して、自社における人材の能力レベルを把握することができます。
対象層に適した個人診断を全従業員に実施し、各階層や各職種の特徴を把握することによって、今後の自社の人的資源戦略の立案や、能力要件の作成、人材開発課題の明確化、教育体系の構築などに役立てることができます。
若手から中堅層には「S-BASE」、中堅からベテランには「S-ProⅡ」、管理職層には「S-ProⅡ」もしくは「S-ATOM」の実施を推奨しています。「S-ProⅡ」の対象範囲は広く、プレーヤーとしての役割を併せ持つ管理職(プレーイングマネジャー)やプロジェクトマネジャーにも適用できます。
特性診断を活用した体系的な人材育成

ツール体系マップ

ツール体系マップ 各階層に求められる能力を網羅的に測定する診断ツール
ツール体系マップ 課題テーマに特価した診断ツール