税理士 特集

簿記論/財務諸表論/所得税法/法人税法/相続税法

税務に関するプロフェッショナルな国家資格

税理士の将来性と可能性

税理士は、おもに所得税、法人税、相続税、消費税、固定資産税など、企業や事業主にかかわる税金について、相談や書類作成を行います。
近年、税法の複雑化、高度化、国際化が進む一方、景気の低迷傾向にある現代社会において、税理士への期待は、税務・会計にとどまらず、企業経営そのものにまで拡大しています。今後は、企業のニーズの高度化、多様化に応じた特化型税理士にも注目が集まり、税のスペシャリストとして需要が高まることが予想されます。

税理士の仕事

税理士の業務には、おもに税務業務、国際税務、会計業務、税務訴訟の補佐人、会計参与などがあります。また税務業務の中には、「独占業務」とよばれる税理士(税理士法人を含む)のみに許されている3つの業務があります。

「税理士」 税に関する独占業務

税務代理 税務官公署に対する租税の法令、または行政不服審査法の規定に基づく申告などの代理・代行。
税務書類の作成 税務官公署に対する申告書、申請書、請求書、不服申立てその他の提出書類等の作成。
税務相談 税務官公署に対する申告や主張、陳述、申告書等の作成に関し、租税の課税標準等の計算に関する事項について相談に応じる。

独占業務以外の主な税務業務

国際税務 日本企業の海外進出、外資系企業の国内参入などで国際税務も多様化、複雑化しています。世界各国と連携を取りながら、国内外の税法を把握し、国際税務に携わっていきます。
会計業務 税理士業務に付随して、財務書類の作成、会計帳簿の記帳の代行、その他財務に関する事務を行います。
税務訴訟の補佐人 租税に関する訴訟で、訴訟代理人(弁護士)とともに出頭・陳述し、納税者を支援します。
会計参与 新会社法により認められた会計参与を行えるのは、税理士(税理士法人含む)や公認会計士(監査法人含む)のみです。取締役・執行役と共同して計算書類を作成するとともに、これを取締役・執行役とは別に保存し、株主・会社債権者に対して開示すること等を職務とする株式会社の新たな機関です。

税理士の活躍の場

独立開業

国家資格の中でも独立に最も近いのが税理士だといわれています。国税庁のデータによれば、税理士登録者数76,493人のうち、7割以上の税理士が独立開業しています(2017年3月時点)。

税理士事務所等勤務

資格を取得しながら(取得した後)税理士事務所・会計事務所等に勤務し、人脈を築き、顧客を開拓します。個人の得意分野ごとにチームを作り、業務に取り組むケースが増えています。

一般企業勤務

銀行・証券・保険といった金融業界を始め、一般企業の財務部門に所属し、税務のスペシャリストとして経営を財務面からサポートします。CFO(チーフ・ファイナンシャル・オフィサー:最高財務責任者)につくケースもあります。

コンサルティング会社勤務

企業の財政状態、経営成績を把握している税理士の知識と経験は、企業戦略には不可欠です。資金計画や投資計画の作成など、経営のパートナーとしての役割を担うことが期待されています。

税理士法人勤務

2002年新税理士法の施行に伴い、個人の税理士にしか認められなかった税理士資格が法人にも認められ、組織的に業務が行えるようになりました。税法の複雑化・高度化・国際化に対しても、より質の高いサービスを提供できるため、活躍のフィールドはますます広がります。

プロカレッジをオススメする4つのポイント♪

  • ❶ テキストに副教材、問題集、過去問題に添削!教材が充実のセットで届く 簿記論、財務諸表論、所得税法、法人税法、相続税法と選択した各科目で基本テキスト4~5冊、それに対応した問題集(トレーニング&トレーニングシート)で基本を身につけます。昨年度の問題傾向はセットの本試験模範解答集でチェック。4~5回の添削指導は、丁寧な個人指導です。
  • ❷ 産能大とTACが提携。最新の出題傾向を踏まえ、合格に必要な「質と量」を用意 充実の教材群は、すべて税理士試験に定評のある「資格の学校TAC」が提供しています。TACの豊富な実績から割り出された、各問題の「目安時間」や理論マスターの「重要度」など、限られた時間で効率よく学習を進めるメソッドが揃っています。
  • ❸ お財布にやさしい。だから、安心して資格をめざせる 税理士になるには、学習費用をはじめ合格後の登録料、税理士会の入会金や年会費など、資格取得から維持まで、多くの出費が発生します。なるべく費用の負担を抑え、それでも合格に向けしっかり学習したい!そんなご要望に応えるのが、リーズナブルで効率的な学びをお届けする産能プロカレッジの税理士本格受験です。
  • ❹ わからないことは電話で質問。安心のテレフォンサポートつき 通信講座は、自分のペースで学習できるメリットがある反面、疑問点があったときにすぐ聞ける人がいないのが難点。しかし、本講座には疑問を電話で講師に質問できる、テレフォンサポートがついています。
    (電話での質問は受付可能な曜日・時間帯が決まっています。詳しくは学習ガイドでご確認ください)

税理士 通信講座の資料PDFがご覧になれます。

メールアドレスと簡単なご入力だけで、講座案内(PDF資料)をあなたのメールアドレス宛にお送りします。

税理士本格受験 みんなの声

受講料が安価ですので、大変助かりました
Tさん(男性)

税理士本格受験(財務諸表論)の在籍期間が11月末まででしたが、10月8日の学習状況のお知らせが大学から送られた時点ではリポート提出は0でした。仕事や他資格の勉強のため手つかずにしていました。何とか終了して、修了証書をもらいたいと思い、1年分のレポート(4回分)を10日で仕上げました。そして、すべて合格点をいただき11月25日に修了しました。基本テキストの例題のみを先にすべて理解し、すぐに実力テストに挑戦しました。TACの基本テキストは優れており、不明な点はありませんでした。トレーニングをきちんと指示通りにやれば時間短縮や真の基礎力がつくと確信しました。理論は、システムカードを中心にキーワードを覚え、理論テキストを読み込めば万全だと感ました。2015年の本試験を予定していますが、この教材や、添削していただいたレポートを繰り返して復習し、指摘していただいた欠点を中心に学習を継続して行こうと思っています。
受講料が安価ですので、大変助かりました。
消費税法などの科目の講座も設けていただければ嬉しいかと思います。

産業能率大学の最大の魅力はなんといっても受講料の低さ
Fさん(40代男性 会社員)

以前、産業能率大学で簿記論を受講したことがあり、今回は財務諸表論を受講しました。産業能率大学の最大の魅力はなんといっても受講料の低さです。他の講座と比較するとあまりにも差があるので、どんなテキストが自宅に来るのか確認するまでは非常に不安でした。
でも、送付されてきたテキストは非常にわかりやすく、基本問題から応用問題までステップアップにあわせた問題構成となっており、値段以上の価値があると思います。
今回受講した財務諸表論についても、テキストはわかりやすく全4回の課題も早めに提出することができました。
しかしながら、まだ2時間で問題をやりきるだけの実力はついていませんので、今後もテキストと問題を繰り返し反復練習することに より、実力をつけていきたいと考えています。仕事柄、中小企業の決算書を検証することが多いですが、決算書の作成の仕方まではわかりませんでした。簿記論と今回受講した財務諸表論を受講したことにより、決算書を自分自身で作成できるだけの知識を習得できたと感じています。

気軽に申し込める金額だった
Yさん(主婦)

所得税法を受講しました。
税理士試験に興味があり、通信講座を調べていましたが、どれもとても高額で気軽に手の届くものではなく、今までは書店でテキストや問題集を購入して勉強していました。しかし、内容をよく理解することができず、なかなか勉強を続けることができませんでした。
産業能率大学の4万円/科目という受講料は、他の通信講座と比べれば格安で、主婦の私にも気軽に申し込める金額だったうえ、テキストが大変分かりやすく、初めて試験の範囲をひととおり理解することができました。初学者の方や、科目選択に迷っている方にも、トライしやすい料金設定が産業能率大学の最大の魅力だと思います。
本試験にはもっと応用的な問題が出ることでしょうが、基礎力をつけさせてもらったおかげで楽しく総合問題を解くことができ、知識をどんどん追加していくことができそうです。願わくばCDやDVD無しの格安な答練コースを設けていただけるとうれしいです。

勉強のアドバイスも頂いたので
Iさん(30代男性)

税理士講座に定評のあるTACと提携しており、とてもリーズナブルにTACの教材で学習を進められることから、受講を始めました。
定期的にテキストやトレーニング、添削問題を送付してくれるので、それに沿って進めていくのでペースをつかみやすかったです。添削問題は、とても丁寧に添削してもらい、励ましの言葉なども添えて頂いたので、励みになりました。
また、郵送や電話で質問も受け付けてくれるので、分からない事があれば聞くことができます。私は、質問票を毎回のように利用していました。やはり勉強を進めていくと分からない事が出てきて、こんな些細な事を聞いてもいいのかなと思いながら質問票を送っていましたが、とても丁寧に回答頂き、また勉強のアドバイスも頂いたので、ほんとに感謝しています。
私は、この講座を受講後、本試験を受験して現在結果待ちの状態ですが、ボーダーラインと言われる程度まで得点することができ、この講座で基礎を学んだ成果だと思っています。今は次の科目に向けて学習中です。
税理士試験はやはり独学では難しいと思います。本気で受験される方、じっくりと本試験に向けて、初学者をはじめ、基礎固めをしていきたいしたという方には、ピッタリだと思います。

実力テストの添削が非常に丁寧
Yさん(30代男性)

今回、税理士の財務諸表論を受講しました。
受講のきっかけはずばり価格だったのですが、TACの教材を使われているとのことで安心感がありました。
受講して最も良かったと思った点は、実力テストの添削が非常に丁寧だったことです。間違っていた箇所には、どうして間違った数字になったのかがコメントされていました。添削される方から見れば、私がどの様にして間違った答えを導いたのかを推測するのは、大変だったかと思います。これには大変感謝しております。
悪かった点はあまり思いつきませんが、敢えて言うと理論の勉強の進め方が分かりにくかったところです。最初のテキストが届いてから2ヶ月ほど後に理論のテキストが届いたのですが、どの様に勉強すれば良いかを迷い、重要な部分だけを抜き出して覚えようと、要点を自分で抜き出したのですが、これが1ヶ月ほど後に届いたトレーニングの後半についていたポイント完全マスターとほぼ同様のものでした。できれば理論テキストと同時に、このポイント完全マスターをご送付頂きたかったと思います。
総合的には非常に満足がいく通信講座でした。本番に実力が出せる様、しっかり復習したいと思います。

よくあるご質問 Q&A

学習はいつ頃から始めるといいのですか?

税理士コースは毎年10月開講から翌年受験用教材に切り替わります(9月から申込受付)。9月~12月頃から翌年の受験をめざして学習を始めることをおすすめします。

初めてでも学習できる内容ですか?

税理士の学習には簿記の知識が必要です。簿記の知識をおもちでない方は、日商簿記検定2級または3級の学習を行ってください。

テキストの内容について、法改正があった場合のフォローはありますか?

5月以降(予定)に「法改正の要点」をまとめた小冊子をお送りいたします。

TAC(株)とはどのような団体ですか?

財務・会計、法律、情報処理など多くの分野で資格の受験指導に実績のある団体です。税理士コースは本学とTAC(株)が提携し、実施しています。

税理士資格試験の概要を教えてください。

最新の試験に関する情報は、公式Webサイト をご覧ください。