個人受講申し込み受付専用

~とっさに役立つ英会話~ インバウンド対策English!「vol.2 英語で伝える簡単な道案内のコツ」


年々高まり続けているインバウンド(訪日外国人旅行)の需要。外国から来た人々とどのようにコミュニケーションを取ればいいかについては、日本に住む多くの人にとって関心の高いトピックといえるでしょう。

本コラムでは、外国の方とのとっさのコミュニケーションに役立つ実践的な英会話フレーズをシリーズでご紹介!
今回は、英語で道案内をするときに役立つ言い回しや単語についてご紹介します。

vol.2 英語で伝える簡単な道案内のコツ

道案内の単語で、here「こちら」、over there「あちら」、go up/down「上/下に行く」、go straight 「まっすぐ進む」、turn left/right「左/右に曲がる」くらいは知っている人も多いと思いますが、道案内は大概ワンセンテンスでは終わりません。これらの語句を組み合わせ2~3文のストーリーを作って案内します。

商業・観光施設、駅での案内が多いものにしぼり、案内文を数パターン用意しました。

トイレ(toilet, restroom, bathroomなど)
自販機(vending machine)
ロッカー(locker)
ATM
遺失物取扱所(lost and found)
プラットフォーム(platform)

Please use that escalator to the 2nd floor.

エスカレーターで2階に行ってください。

Then, turn left and go straight.

それから、左に曲がりまっすぐ進んでください。

You’ll see it on your right.

あなたの右側に見えます。

© SAKI Kitamura

あるいは、階段を使った言い方もやってみましょう。

There are a few stairs over there.

あちらに数段階段があります。

Please go up, and you’ll see it soon.

上に行けばすぐに見えます(あります)。

「何番目の角」を用いた表現もあります。

Please go straight and turn left at the second corner.

まっすぐ進み、2番目の角を曲がってください。

You’ll see it on your left.

あなたの左側にあります。


人に案内するときは、「〇番目」を明確にしておきましょう。

現在地により、階、左右、上下、〇番目は常に変わります。自分が案内したいエリアの道案内を練習するときは、立つ位置を変えてに入る語も変え練習しましょう。階段は、段数を正確に言いたい人は事前に調べたほうが良いですが、a fewでも十分です。

また、お客様の状態を瞬時に判断して案内を変えることも必要です。車いす、ベビーカーをご利用のお客様にはエレベーター、重いスーツケースをお持ちのお客様にはエレベーターまたはエスカレーターでの行き方を案内しましょう。

混雑する会場での道案内は急にできるものではありません。普段から練習し、備えをしましょう。
私も年に数回いただく案内の仕事では、混雑するエリアのためほぼ一往復での会話完結が求められます。普段から少なめな単語で文を作り、話すスピード、声のトーンをいくつか変えながら練習をしています。もちろん、日本語、英語両言語での練習です。お客様はもちろん日本人の方が多く、お急ぎの方も、ゆったりした案内を求める方もいらっしゃるからです。

コラム執筆者

佐野なおこ

横浜サワディーブリッジ代表
タイ・バンコク元ホテルコンシェルジュ。

横浜・関内で接客英語を中心としたマンツーマンレッスン、英語やタイ語の個別指導会、タイ語会話講座を開催。
商工会議所での接客英会話、手書き英語POP研修の経験が豊富。
産業能率大学通信講座「おもてなし英会話入門」監修。
執筆著書「とっさに使える カンタン接客英会話」

佐野なおこ先生監修の通信講座はこちら

~お客様は外国人~おもてなし 英会話入門

受講期間 在籍期間 受講料
2か月 4か月 15,400円(税込)