企業内研修事業設計実践ワークショップセミナー

経営人材や次世代リーダー、中核人材の育成には、実践における“経験の場”を与えることが重要です。
社内で、経営の力を磨けるような大きな仕事や、自社の事業の根幹となるようなポストやワークショップセミナーリーダーを担うことが有効です。

しかし、限界もあります。

  1. 限られたポスト数:そうした“経験の場”を育成対象者全員に用意できるわけではありません。
  2. 時間的制約:実務の中で学び取ることは重要だが、反面、それには時間がかかります。

事業設計実践ワークショップセミナーは、このワークショップセミナー活動を通じて、事業を設計するという“経験の場”を与えるものです。

自社の事業そのものを深く考え、設計するという経験を与えること、そこに経営に関する理論と定石、多くの企業事例を有するプロのコンサルタントの目線が加わることで、①限られたポスト数、②時間的制約を克服し、効果性の高い教育の実現を目指します。

  • 自社/自部門の事業を設計し、プランとしてまとめ、提言します。
  • 個人で事業を考え抜いたのち、グループで精錬化された事業プランを作成します。
  • 「事業」というフレームで構想し、自ら意思決定できる、組織の中核的な存在となっていく人材を育成します。

主な対象者

  • 経営幹部・上級管理者クラス
  • ビジネスリーダー(次世代幹部)クラス

研修のねらい

  1. 育成効果
    事業設計の考え方を習得し、その設計を実践する経験を付与することで、「事業」視点を持つ人材へと育成します。
  2. 力量把握
    参加者の個人ワーク結果や活動内容を評価し、参加者の力量を把握します。
  3. ビジネス成果
    事業プランを精緻化し、プレゼンテーションに臨む際に、的確な指導・介入を行い、質の高い提言を促進します。

特色

経営実践力の発揮に必要な4つの要素について考える

経営実践力の発揮に必要な4つの要素について、図の流れ(実際の事業設計・運用の流れ)に沿ってじっくり考えていただきます。

経営実践力の発揮に必要な4つの要素について考える 経営実践力の発揮に必要な4つの要素について考える 拡大

参加者の力量を知る、報告書の作成

実施後、現経営陣・人事ご担当者へ個別の能力の状況をご報告いたします。

会合間の調査・フィールドワークを重視

机上の話だけでは事業設計は出来ません。会合間は、調査、フィールドワーク等を行なっていただきます。
状況によって、視座を高める、視野を広げる、視点を変える等の目的で課題図書を課す場合もあります。

会合間の調査・フィールドワークを重視 会合間の調査・フィールドワークを重視 拡大

経験豊富なコンサルタント陣

担当は経験豊富な本学コンサルタントが登壇いたします。経験の場をより効果的にするためには、プロの視点、助言が大変有効です。

プログラム

☆スケジュール(プログラム)はご要望に合わせてカスタマイズが可能です。

企業内研修の実施を検討される方はこちらからお問い合わせください

お問い合わせ内容をご入力ください。

該当する地区の事業所へお問い合わせください。