集合研修 対人力研修

他者とのコミュニケーションには、相手の想いや気持ち・意図やその背景を読み取る「受信」と、自分の想いや気持ち・意図や意思を伝える「発信」の2つの局面があります。

この研修では人や場を読む力である「受信カ」にフォーカスし、対人関係を良い方向に導き、協働の促進を通じて、高い成果創出につながる「受信する力」の向上を目指します。

主な対象者

上司や部下、先輩や後輩などの 「他者」とうまくコミュニケーションを図りたい方

研修のねらい

【1】 他者と建設的かつ相互支援的な関係を築く力(=対人力)を醸成する
【2】 他者の立場に立って考えることの重要性を体感する
【3】 他者の感情や想いを読む(=受信)力を習得し、相手の立場に立って働きかける(=発信)力を高める

特色1

うまく他者とコミュニケーションをするための考え方として、「対人力」モデルを提示し、モデルを実践できるための方法論を、演習を通じて学習する内容となっております。

プログラム

スケジュール

1日目 9:00 - 12:00 1.オリエンテーション
・自分のコミュニケーションタイプを知る
演習:コミュニケーション健康度チェック
・あなたのコミュニケーションタイプは?
演習:「親しみやすい」人の特徴とは?
・うまく他者とコミュニケーションをするための考え方~対人力モデル
1日目 13:00 - 17:00 2.受信力その1“知って読む”力を鍛える
~ 相手の情報を知って読む- 静的な“読み”
・受信力の要素~“知って読む”と“感じて読む”
演習:お互いの共有体験を探索する
演習:「知って読む」とは?(VTR演習)
演習:ある上司へのアプローチ法を考える
・事実情報から価値情報へ
・“知って読む”力のまとめ
2日目 9:00 - 12:00 3.受信力その2“感じて読む”力を鍛える
~ 相手の想いを感じて読む- 動的な“読み”
・「感じて読む」とは?
演習:メールから相手の気持ちを読む
演習:音声ミニドラマから状況と人物の気持ちを読む
演習:商談ドラマから状況と人物の気持ちを読む
2日目 13:00 - 17:00 (3 つづき)
・“感じて読む”ためのポイント
・“感じて読む”力のまとめ
・受信力とホスピタリティ
4.対人力を発揮しよう!
・“対人力”総合演習1
・“対人力”総合演習2
・“対人力”を高めるために…私の教訓

☆スケジュール(プログラム)はご要望に合わせてカスタマイズが可能です。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ内容をご入力ください。

該当する地区の事業所へお問い合わせください。