集合研修 認識成長のマネジメント研修

ある事象(ものごと)をどのように捉え、どのように対処するかは、人によりさまざまです。
事象の認識のしかたが、その人の行動や成果の質を大きく左右するとも言えます。

「トップよりも現場を知り、現場よりも経営を知る」立場だからこそ、ミドルマネジャーが抱くさまざまな「思い」を起点に、斬新で建設的な課題を形成し、これをメンバーと共有しながら解決に導いていくための知識・技法を学びます。

主な対象者

管理者、リーダー職の方

研修のねらい

【1】 独自の視点から斬新で建設的なマネジメント課題を形成し、これに基づく目標を設定する力を養う
【2】 課題形成と目標設定を通じて、日常のマネジメントと変革のマネジメントを遂行する力を養う
【3】 人的課題としての「人材育成」に必要な力を養う

特色

課題形成力を高める

人が事象を捉える際の3つの認識パターンを学習し、斬新で建設的な課題形成につながる「主体的認識」とはどのような認識かを理解します。

課題形成力を高める課題形成力を高める拡大

課題共有力を高める

ロールプレイングを通じて、メンバーのタイプに応じた柔軟なコミュニケーションの取り方を学習します。

課題共有力を高める課題共有力を高める拡大

課題解決力を高める

学習内容をもとに自職場における問題状況と課題、そしてその解決策を立案し、ワークシートに記述していきます。研修後に上司と記入内容をすり合わせることで、職場での着実な実践につなげます。

課題解決力を高める課題解決力を高める拡大

プログラム

課題

1日目 1.ミドルマネジャーの立場と独自の機能


2.課題形成力を高める
・斬新で建設的なマネジメント課題の形成のために
・事例研究によるイメージ化(演習)


3.課題共有力を高める
・コンセンサスの形成に必要な対人能力
・自他のパーソナリティの違いを乗り越える
・事例研究によるイメージ化(ロールプレイング演習)
2日目 振り返り

4.課題解決力を高める
・目標設定の秘術
・施策立案にあたっての留意点

5.総合演習
・自職場のマネジメント課題に取り組む
・相互発表と相互アドバイス

まとめ

☆スケジュール(プログラム)はご要望に合わせてカスタマイズが可能です。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ内容をご入力ください。

該当する地区の事業所へお問い合わせください。