1. 法人のお客様TOP
  2. 集合研修
  3. 集合研修 企画運営のポイント

集合研修 企画運営のポイント

社内で集合研修を企画、見直しする際のプロセスにおける主なチェックポイントを整理したものです。
それぞれの項目について、現状と照らし合わせ、チェックすることで課題を明らかにすることができます。
社内で集合研修を企画、見直しする際のプロセス 教育体系・年度計画の策定>研修企画>研修実施>研修評価

教育体系・年度計画の策定

情報収集

  1. 経営理念やビジョン、中長期の経営戦略等をふまえ、「求められる人材像」を読み取っている
  2. 「求められる人材像」と「現在の社員の能力」とのギャップから、人材需要や人材開発ニー ズを明らかにしている
  3. 人材育成は人材マネジメントの一 部として、経営戦略と連動して実行することを理解している
  4. 人材育成を人材マネジメントのしくみ(採用、配置、評価 ・処遇)と連動させて計画している

教育体系の構築

  1. 自社の能力開発ニーズを次の観点から把握している
    ●環境変化に対応できる能力の強化
    ●長期的かつ計画的に組織を維持・発展させるための能力の養成
    ●直面する業務の遂行に必要な基礎的能力の養成
  2. 自社の人材育成に次の内容が含まれている
    ●自社の人材開発の理念や目的
    ●求められる人材像
    ●Off-JT、OJT、自己啓発支援の意義と位置づけ
    ●教育推進体制、人事諸制度や他の経営施策との関係
  3. 教育体系が次の要件を満たしている
    ●網羅性(実施する教育施策がすべて網羅されている)
    ●発展性(従業員が継続的、段階的にステップアップする流れが分かる)
    ●簡潔性(簡潔で分かりやすい体系図になっている)
    ●明瞭性(階層や教育手段などの区分がはっきりしていて、明瞭である)
    ●実現性(実現できる内容で構成されている)
  4. 年度計画策定の段階で、目的 ・目標や教育効果を勘案し、次の要件を明らかにしている
    ●教育手段(集合研修/自己啓発支援/OJT)
    ●対象者
    ●対象者の選定方法(指名/上司の推薦/公募)
    ●実施時期   ●実施回数
    ●講師(社外講師か社内講師か)
    ●会場    ●費用

教育体系・年度計画策定に課題が多い場合・・・

定期的に研修プログラムや教育体系の見直しを図っていますか?
企業理念や経営戦略との連動性を検証し、教育体系や年度計画を見直すことで、今、実施すべき教育施策は何かを絞り込むことができます。

研修企画

  1. 研修対象者への組織や現場からの期待 ・要請を具体的に把握している
  2. 研修対象者が抱えている問題を明確にしている
  3. 研修目的は、経営方針や現場のニーズを踏まえて設定されている
  4. 研修目標は、研修受講による成果を研修ゴールとして描かれている
  5. 研修目標は、研修後に成果を確認できるよう具体的に記述されている
  6. 研修内容は、研修目標を達成するために過不足がない
  7. 研修内容は、状況に合わせて講師が調整できる時間的なゆとりを見込んで設計されている

研修企画に課題が多い場合・・・

研修を実施すること自体が目的になっていませんか?
各研修を実施する目的を今一 度確認し、内容を見直してみましょう。

研修評価

  1. 研修目標をもとに、あらかじめ評価項目を設定している
  2. 設定した項目に基づき、必ず研修の評価を行っている
  3. 明確にしている評価結果から、研修の改善点や課題を明確にしている
  4. 明確にした改善点や課題を次年度の研修計画に反映している
  5. 評価結果から、人材育成部門の課題を明確にしている

研修評価に課題が多い場合・・・

研修をやりっぱなしにしていませんか?
評価基準を事前に明確にしておくことで、課題をより具体的に把握できるようになります。