通信研修

ビジネススキル・テーマ別

書く力・ライティング

自らの思いや考えを多くの人に理解してもらったり、あとで振り返って確認したり共有したりするためには、ビジネス上の書き方を踏まえた文書力はもとより、読み手が理解しやすい文章力を磨くことが必要です。

伝える力・話す力

自分の伝えたいことを「わかりやすく」「簡潔」に相手に話す力を磨くことと同時に、相手に対して好印象を与える言葉づかいや表現についても意識することは大切です。

考える力・思考力

膨大な情報から何を収集し、どのように整理分析をしたらよいか。そして、物事の本質をどのように捉えたらよいか。
たとえそこに明確な答えはなくても、思考力を磨き考え抜くことで見えてくるものがあるはずです。

やり抜く力・セルフマネジメント

仕事を進めていく中で、直面する様々な問題と正面から向き合い、最後まで気持ちを切らすことなく、困難を乗り越えていくことで、仕事をやり抜く力が磨かれていきます。

コミュニケーション・対人力

職場の上司や同僚、部下だけでなく、外部の関係者を含めた様々な相手と、ビジネスを通じて良好な関係を築きながら、協働して成果をあげていくために、全てのビジネスパーソンにとって最も重要な基礎力です。

イノベーション・発想力

ビジネスにおけるイノベーションや新しい発想は、企業の成長や発展に欠かせません。またこうした考えを世の中に広めたり、成果に結びつけたりできるように、そしてプロセスやサービスに適用していくことが求められています。

問題発見、課題形成・解決

直面している問題への対処、突発的に発生するトラブルへの対応、さらには未来に向かって主体的に見つけ出した問題を解決するために、問題を的確に捉え実効性のある解決策を導き出して、取り組むことが重要です。

仕事の効率化・生産性向上

組織や個人にとって重要なテーマであり、それらの向上が現場で求められています。
仕事の複雑化が増す中で、いかにして少ないコスト(時間や労力)で高い成果をあげることができるかを常に意識して、取り組むことが必要です。

メンタルヘルス・モチベーション

事に対する心の持ち方や自らを動機づける方法を学び、困難な場面や苦しい状況を乗り越えることができたとき、ビジネスパーソンとして大きく成長することができます。

ビジネスのコツ・センス・習慣

ビジネスにおいて物事を円滑に進めるための勘所やコツを数多く学び、最大限のパフォーマンスをいつでも発揮することができれば、より効率的かつ効果的に仕事を進めることができます。

グローバルスキル

海外への出張や赴任だけでなく、国内でも外国人のメンバーと一緒に働くことが当たり前になっています。
グローバルに通用する仕事の進め方やコミュニケーションの取り方を学ぶことで、異なる文化や社会への対応力を高めます。

戦略・マーケティング

経営資源を最大限活用して成果をあげるための道筋を描き、具体的な活動をどのように進めていけばよいかを考えることが重要であり、そのための経営知識や枠組みを学ぶことは必要不可欠です。

財務・会計/アカウンティング・ファイナンス/計数

「現状を客観的な数字で捉え理解する力」や「将来に向けた予測を数字で表す力」など、数字を用いた思考を磨くことで、企業を取り巻く状況やめざす方向性をより明確にします。

ビジネストレンド

企業を取り巻く環境が目まぐるしく変化する中で、情報の更新は欠かせません。
ビジネスに影響を及ぼす様々な情報を収集して、自らの仕事にどのような変化をもたらすかを常に考えることは大切です。

法律・倫理

企業に対するグロバール対応や社会的規制が厳しさを増す中で、経営者だけでなく現場の社員一人ひとりであっても、法律や倫理の基礎的な知識や意識を持つことが求められています。