協力ゲーム

協力ゲーム協力ゲーム

協力ゲームの概要

チームワークの本質を理解する

協力ゲームは、バラバラになった型紙(三角形・五角形)、カード(漢字・数字)を使い、チーム全員で協力しながら決められた形や答えを作り上げていくゲームです

チーム同士で協力しなければ課題が達成できないように仕組まれています。
ゲームを通じて、チームワークの大切さと協力関係のポイントを理解します。

協力ゲーム

このようなときにご活用ください

  • 内定者研修や新入社員研修など、“チームワークの大切さ”を体感的に学ばせたいとき。
  • チームビルディングに興味があり、部門やプロジェクト活動などで、協力関係の本質を学ばせたいとき。
  • よりよいチームづくりやイキイキとした職場づくりにつながる協力のポイントを理解させたいとき。
販売価格
55,000円(税込み)
推奨人数
6~30名
所要時間
約60~100分
※ゲームの種類によって所要時間と難易度が異なります。

教材構成

産能大の研修ゲームが選ばれる理由は、充実した教材内容にあります!

  • インストラクション・ガイド
    (1冊)

    協力ゲームのインストラクション・ガイド

    「協力関係」「よい職場づくり」のポイント必見!

    ゲームの特徴やねらい、展開方法などを説明している冊子です。解説用シート、参考シートなどが充実しており、参加者への基本的な知識やスキルの付与に役立ちます。
    インストラクター初心者でも安心して研修ゲームを導入できます。

  • インストラクション・マニュアル
    (1冊)

    協力ゲームのインストラクション・マニュアル

    丁寧な解説でインストラクター初心者でも
    安心して進行可能!

    ゲームの種類ごとに進め方や教材の使い方を解説しています。
    ゲームの準備段階から、進め方、採点方法など丁寧にご案内しています。

  • CD-ROM
    (1枚)

    協力ゲームのCD-ROM

    ワークシートは何度でも出力可能!
    丁寧な解説でインストラクター初心者でも
    安心して進行可能!

    何度でも出力可能なワークシート類のデータ、進行用スライド(見本)が収録されています。
    参加人数に応じて印刷してご使用ください。

  • 紙型・カード
    (3種類・計14箱)

    協力ゲームの紙型・カード

    何度も使いまわせるゲーム教材!

    ゲームは「図形」「漢字」「数字」の3種類で合計5パターンあります。

    • 図形編/紙型(2パターン・各1箱)
      1グループ6枚(6人分)の紙型シートが5グループ分
    • 漢字偏/カード(2パターン・各3箱)
      1グループ15枚(6人分)のカードが6グループ分
    • 数字編/カード(1パターン・6箱)
      1グループ18枚(6人分)のカードが6グループ分

研修ゲーム購入のお申込み・お問い合わせはこちらから

お申込み内容をご入力ください。

お問い合わせ内容をご入力ください。

 

※ 研修ゲームは法人の研修教材です。個人の方および同業他社様のお申し込みはお断りさせていただきます。

ゲームのバリエーション

協力ゲームには、「図形編:三角形/五角形」「漢字編:2パターン」「数字編:1パターン」の3種類5パターンのゲームが収録されています。
以下に、それぞれのゲームの特徴を比較します。

図形編

型紙(ピース)をパズルのように組み合わせて、グループ内で全員が同じ大きさの形(三角形または五角形)を完成させるゲームです。

三角形を完成させるゲームは難易度も低く、演習時間も短いため、「協力」を平易に学習するには最適といえるでしょう。

漢字編

漢字の一部分を組み合わせて、グループ内で異なる漢字を完成させるゲームです。

このゲームは完成した漢字がメンバーによって異なるため、最初は戸惑うかもしれませんが、ゲーム自体の難易度は高くはないので幅広い対象者向きといえるでしょう。

数字編

各2枚ずつある1~9の数字が表示されているカードを、すべて使って数式を成立させるゲームです。

このゲームは、成立させる数式に入る数字の組み合わせを変えることで何パターンもの正解があるので、同一の参加者に複数回実施することができます。

ゲームの特徴

このゲームの大きな特徴は、無言で課題に取り組むことにあります。この無言の取り組みを通じて、自分や他人の動き(特に感情の動き)に着目し、影響関係や協力過程などを体感的に学びます。

図形や漢字が完成しない場合には、無言のルールを解除します。言葉を交わしたり、ジェスチャーで伝えたりすることで、課題が解決されていきます。

これらの課程を通じて、コミュニケーションの大切さも一緒に学ぶことができます。

ゲーム演習の流れ

時間

項目

内容

5分

事前説明

  • ゲームの目的や内容について説明する。

5分

教材の配布

  • 課題シート、作業シート類を配布する。
  • 課題シートの黙読を指示する。

10分

ルールの説明

  • 課題・ルールを説明する。
  • 質問を受け付ける。

20分~
30分

ゲームの開始から終了まで

  • ゲーム開始を合図する。
  • ルール違反や展開の様子を観察する。
  • ゲーム終了を合図する。

10分

解答・順位の発表

  • グループごとに採点、結果の報告を指示する。
  • 採点表へ記入する。
  • 順位結果を発表する。

10分

振り返り

  • 自分自身の行動について、振り返りシート10項目にチェックする。
  • 他人の行動について、振り返りシート10項目にチェックする。

10分~
20分

ゲームのまとめと情報提供

  • 目的・ねらいに対する振り返りを行う。
  • 職場で活かすための橋渡しを行う。
※所要時間はゲームの種類や参加人数によっても変わってきますのでご了承ください。
協力ゲーム

研修ゲーム購入のお申込み・お問い合わせはこちらから

お申込み内容をご入力ください。

お問い合わせ内容をご入力ください。

 

※ 研修ゲームは法人の研修教材です。個人の方および同業他社様のお申し込みはお断りさせていただきます。