集合研修 研修プログラムデザイン研修

研修の企画、開発、実施には、大きく分けて「デザイナー」と「インストラクター」の役割があります。

この研修では、実際に携わる研修を教材に、新任の「デザイナー」が、効果的に研修プログラムを設計するための方法を身につけることを目的としています。

主な対象者

研修企画担当、研修インストラクター、人材育成担当の方

研修のねらい

1.研修企画担当者がなすべきことを知り、効果を上げるための基本構造を理解する
2.研修企画担当者、研修インストラクターの役割と相互の関係を理解し、研修デザインの方法と工夫を学ぶ
3.組織(職場)と受講者の実情に即した研修を実施するために、全員満足を目指した研修をデザインする力を身につける

特色1

研修デザインの手順3段階や学習の6段階などを踏まえ、より効果的な研修デザインを行うための考え方と方法論を演習を通じて実践的に習得していただく内容となっております。

プログラム

スケジュール

1日目 オリエンテーション
・研修のねらい
・研修の全体像
・研修デザインの必要性
・研修デザインの手順3段階

1.研修のイメージをスケッチする
・研修のスケッチ
・学習の6段階と研修デザイナーの機能

2.研修デザインのパースイメージをつくり込む
・研修の鳥瞰図とは何か 
・模擬インストラクションデザイン
2日目 3.研修プログラムをデザインする
・研修デザイン・テンプレート 
・学習方法分布図

4.デザイン全体を調整する
・章ごとのブリッジがけ 
・研修プログラムの完成

5.デザイン全体を完成させる
・最終成果の確認
・全体の振り返りまとめ
・別冊資料の説明

☆スケジュール(プログラム)はご要望に合わせてカスタマイズが可能です。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ内容をご入力ください。

該当する地区の事業所へお問い合わせください。