集合研修 職場の働き方改革マネジメント研修

長時間労働の是正に限らず、メンバーが減って、これまで以上の成果を求められるなど、職場における働き方改革の「担い手」として、マネジャーに求められる役割が格段に高度化しています。あるべき姿を維持(保守する)マネジメントから、あるべき姿を常に創造(変化する)マネジメントへの大きなパラダイムシフトです。
一方で、マネジャーの負荷は加速度的に高まっており、「働き方改革」の実現を現場のマネジメントに丸投げするだけでは、管理職層は疲弊し、職場の生産性を向上することはできません。
本プログラムは、管理職、管理者、働き方改革推進リーダーなどが「働き方改革」の意義を理解し、生産性向上のための方法論を習得することで、ミドルアップダウンによる組織変革の実現を目的としています。

主な対象者

・新任、既任管理者
・働き方改革の推進リーダー

研修のねらい

【1】 なぜ「働き方変革」が必要なのか?メンバーや関係者に自らの言葉で説明できるようになる
【2】 業務の棚卸しと効率化に加えて、将来のビジネス環境を見通した仕事ビジョンを検討する
【3】 多様なメンバーの自律的なキャリア形成と、個性を伸ばす創発的なチーム形成を目指す

特色1

「なぜ働き方改革をするのか」という目的志向からのアプローチで、ミドルマネジャーが納得して働き方改革を進めていくために、実践策を検討する内容となっています。

プログラム

1日目 1.働き方改革の基本原則
・働き方改革時代とは
・働き方改革の目的

2.働き方改革の意義
・身近な問題
・職場の問題
・自職場の働き方改革の意義

3.働き方改革へのマインドセット
・ワークライフバランスへの思い
・理想の一週間
・ワークライフバランスの振り返
・マネジャーのワークライフバランスの意味
・自職場の働き方改革の課題

4.仕事の把握 ~属人化解消
・仕事(ワーク)の本質
・「仕事の見える化」と「標準化」の手法
2日目 5.仕事ビジョン ~将来の仕事を語り合う
・仕事(ワーク)ビジョン
・仕事(ワーク)ビジョンの意味
・(職場からのイノベーションの可能性)

6.人の把握 ~メンバーの理解とキャリア形成
・メンバーのキャリア形成を支援する
・個別にメンバーに関わる
・人の把握の意味

7.チームビジョン ~つながりの確立
・同居感あるチーム形成
・チーム活動を見直す
・働き方改革時代のチーム形成

8.働き方改革の実践
・自職場の働き方改革実行計画

☆スケジュール(プログラム)はご要望に合わせてカスタマイズが可能です。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ内容をご入力ください。

該当する地区の事業所へお問い合わせください。