1. 法人のお客様TOP
  2. 通信研修
  3. 導入・運用ガイド
  4. 導入準備(全体の検討)

通信研修

導入準備(全体の検討)

1.育成方針・目的の確立

どのような育成を行いたいか考えてみましょう。誰(どこ)に、何を求めて、育成を行いたいとお考えですか?

目的を形づくるもの
各主体の想い ●TOPや経営層の想い、ビジョン、理念
●人材育成担当者の想い
●現場のマネジャーの想い
●社員の想い
背景 ●経営課題
●経営課題に基づく短期~中長期の人材育成ニーズ
●人事制度/教育制度の見直し
経緯 ●現場の教育ニーズ
●直近の課題への対処
●時代/環境の変化への適応
目的の例
新入社員に 社会人の自覚と仕事の基本を身につけてほしい
マネジャー候補者に 経営指標の読み方を身につけてほしい
営業部門 契約に関する法律知識を身につけてほしい
組織全体に 学ぶ風土を醸成したい、学びを習慣化したい

2.育成実施上の条件の確認・整理

育成実施にあたっての条件を洗い出してみましょう。

  • 他の人事制度との連携
  • 教育体系全体との整合性
  • 他の人材育成施策との連動、整合性
  • 教育予算
  • 実施への想い

これらを踏まえて…

  • 通信研修の導入形態を決める(指名受講型or自己啓発型)
  • 受講費用の補助率を決める

ここもチェック!!

  • 組織の形(本社・支社・工場)
  • 受講者の環境
  • 実施側の人員体制

3.通信研修活用形態の検討/採用コース選定

ご希望の通信研修の活用形態は、指名受講型ですか?自己啓発型ですか?

ToDoチェックリスト<指名受講型>
ToDoチェックリスト<自己啓発型>

4.具体的な運用方法の決定

実務へ向けて動き始める前に、実際の活動を見通して段取りをしておきましょう。

送付物

送付物一覧

その他、組織内での検討事項

  • 受講登録のお知らせ送付先
  • 成績の報告先 など

お支払い方法・費用補助

お支払い方法・費用援助

受講促進・修了促進・実践促進の準備

  • 受講を促す施策の準備
  • 修了を促す施策の準備
  • 学習結果を仕事に生かす段取り
  • 継続的な学びを促す段取り