通信研修

通信研修
A7R0

調剤報酬事務

調剤報酬事務の知識を短期間で身につける

主な対象者

保険調剤薬局を取引先としている製薬メーカーや医薬品、卸売業の営業担当者

受講料 36,720円(税込)
受講期間 3か月
在籍期間 6か月
テーマ

民間資格
同テーマで別のコースを探す

事務・管理系
同テーマで別のコースを探す

再受講不可

教材構成・添削

●テキスト 2冊
●薬価基準抜粋
●調剤報酬明細書
●添削 3回

講師添削型
  • テキスト・添削見本のご利用方法はこちら

導入のポイント

調剤報酬事務とは、病院や医院などの医師が発行した院外処方箋に基づいて保険調剤薬局が行った調剤に要した費用を計算し、調剤報酬明細書を作成して、毎月保険者に請求する業務です。本コースはこの業務に必要な知識を習得するためのコースです。

ねらい

■調剤報酬事務の知識を短期間で習得します。
■調剤報酬明細書(レセプト)を正しく速やかに作成することを目指します。

特色

■堅苦しい法文の羅列を避けた実践向きのテキストなので、初めての方でもやさしく学習することが可能です。
■処方せんの例題も実際に使用されているものを参考にして、受講中から実践に慣れるように配慮しております。

カリキュラム

01
調剤報酬事務教育講座 基礎編
1.調剤報酬請求事務の必要性
2.公費負担医療制度
3.保険薬局と調剤報酬
4.調剤報酬点数表
5.院外処方せん
02
調剤報酬事務教育講座 実習編
1.処方せんの受付
2.処方せんの確認
3.処方せんの記載上の注意事項
4.処方せんの算定例
5.調剤報酬明細書の作成方法
6.問題処方せんと解答・解説

特記事項

※医療事務分野の専門養成機関として実績を誇る医療保険学院が教材と指導を提供します。
※本コースを修了すると「修了認定試験のご案内」が、医療保険学院から送付されます。
【医療保険調剤事務士認定試験について】
修了者は、1回に限り受験料が無料になります。不合格の場合でも、毎月再試験を行っているため、通信研修在籍期間であればチャレンジが可能です(有料)。

その他ご注意事項

  • カリキュラム・教材・受講料等は一部変更になることがあります。
  • 受講料には消費税が含まれています。
  • 「教育訓練給付制度」は、しくみや対象コースが年度途中でも予告なく変更になる場合があります。

導入・お見積りのご相談

ご希望のテーマやプログラムをご入力ください。

該当する地区の事業所へお問い合わせください。

個人のお客様のお申し込みはこちら