1. プロカレッジTOP
  2. 特集・注目コラム
  3. 【注目コラム】立ち読み受講シリーズ!
  4. 英語学習の素朴な疑問Q&A「第1回 カタカナ英語から抜け出せない!」

英語学習の素朴な疑問Q&A「第1回 カタカナ英語から抜け出せない!」

─「おもてなし英会話入門」通信講座監修 ─
佐野なおこ先生が答える、英語学習Q&Aシリーズ!


英語学習をがんばっている皆さん、日々の勉強のなかでふとした疑問が出てくることはありませんか?正しい発音のコツやとっさの一言、英語スキルを効率よく上げるコツなど、あげてみるとキリがありません。

そんな皆さんの疑問に、産能プロカレッジ通信講座の監修者・佐野なおこ先生がお答えするコラムシリーズをお届け!
日々の英語学習の参考に、ぜひご活用ください。

佐野なおこ

横浜サワディーブリッジ代表
タイ・バンコク元ホテルコンシェルジュ。

横浜・関内で接客英語を中心としたマンツーマンレッスン、英語やタイ語の個別指導会、タイ語会話講座を開催。
商工会議所での接客英会話、手書き英語POP研修の経験が豊富。
産業能率大学通信講座「おもてなし英会話入門」監修。
執筆著書「とっさに使える カンタン接客英会話」

今回の質問は…

カタカナ英語の発音からどうしても抜け出せないのですが、どうしたらよいでしょうか?

佐野なおこ先生

これは、日本の、義務教育から英語を始めたという人なら、誰もが持ちやすい永遠の課題です。

私自身、社会人になってから仕事、ライフワークでのコーラスの活動で英語に20年以上触れていますが、発音への意識が欠けるとすぐカタカナになってしまいます。よく、分かります。

20年以上英語に関わっている先生でも悩む部分なんですね…。発音への意識を維持できるようになりたいです!

佐野なおこ先生

英語発音への意識を持ち続けるには、発音に対する知識が必要です。なぜ日本語のカタカナ発音になってしまうかの前に、まず日本語と英語の発音の違いから見てみましょう。

日本語の母音には、「ア/a」、「イ/i」、「ウ/u」、「エ/e」、「オ/o」があり、これら5音の音にk、s、tなどをつけて五十音を出しています。

日本語の母音はたった5音ですが、英語の母音は以下のとおり大きく2つに分けられます。(注:英語音声学の本の中には、種類を細かく書いているものもありますが、私の教室では入門・初心者の方に向けて最低限の基本母音を以下の種類に絞ってお伝えしています。)

  • ❶ 緊張母音
    唇、舌などの筋肉が緊張して発音される母音
    (例: ei/ɛi、iː、ai、ou、uː、aː/αː/ɔː、æ、æo、au)
  • ❷ 弛緩(しかん)母音
    唇、舌などの筋肉が緊張しないで発音される母音
    (例: e/ɛ、i/ɪ、u、ʌ、ə、ər)

英語の母音には、このように「アイウエオ」以外の母音があり、日本語よりも種類が多いです。そして、やたらと「筋肉」という言葉が出てきましたね。

❶の母音で言う、「筋肉が緊張」とは、それぞれの音を出すのに“必要な筋肉を動かす”ということになります。

❷の母音はその逆で、“筋肉をほとんど動かさない”という意味です。

つまり、英語を発音するときは、日本語を話すとき以上に「唇や舌の筋肉を動かす・動かさない」への意識が必要なのです。そして、自主トレーニングのときに、英語の母音を日本語の「アイウエオ」に絶対に加工しないことが必要なのです。具体的には以下のように発音するということです。


例:
bag[b&g] 「バッグ」ではなく、唇を広げて「ベァーッ(グ)」と発音
it[It] 日本語の「イ」のように唇を広げずに「イ」と発音

英語の母音ってこんなにたくさんあるんですね!筋肉を動かすかどうかも、今まで意識したことがありませんでした。

佐野なおこ先生

「カタカナ発音から抜け出せない」というお悩みをお持ちの方は、ご自身がつい「アイウエオへの加工」をやってしまっていないかを確認してみましょう。各母音の発音のしかた(唇、舌の動かし方)は、英語辞書の巻末や、発音の参考書に出ていますので調べてみてください。

私も日々、自分に言い聞かせながら英語発音をトレーニングする日々を送っています。

まずは日々の勉強のなかで、小さくても意識の心がけが大切なんですね。今日から先生のアドバイスを元にトレーニングしてみます。ありがとうございました!

正しい発音ができると、自分の英会話にグッと自信がもてますよね。
母音の種類が豊富で「覚えられるかな・・・」と不安に思うかもしれませんが、ささいな意識づくりを積み重ねることで少しずつスキルが上がっているのを実感できると思います。

次回の疑問は「相手の言っていることが聞き取れない・わからない!こんな時どうすれば?」です。
相手を不快にさせず、こちらの意思を正しく伝えられる「とっさの一言」を解説します。
お楽しみに!