活用パターン

自己啓発学習

自己啓発制度の1つとしての活用

通信教育を単独で紹介している自己啓発制度に、新たな学習手段として「SANNO e ACADEMY」を導入することで、制度の活性化を図ります。
学びのきっかけとして「SANNO e ACADEMY」を受講する、より深く学習したい場合には通信研修を受講するなど、様々な学習手段と組み合わせることで、より幅広い学びを可能とします。

拡大
貴社専用のパンフレットやWebサイトで
通信教育とeラーニングを併せて募集することができます

10のジャンルでさまざまなコースをご用意しております。

指定コース学習

一斉教育の手段としての活用

特定の部門や階層の課題に対応するために、それぞれで必要な知識・スキルの習得に合わせた「指定コース」を作成し、部門教育や階層教育に活用することで、より自社の課題に対応した一斉教育を行うことができます。

拡大
活用イメージ

10のジャンルでさまざまなコースをご用意しております。

ブレンディング学習

集合研修の事前・事後学習としての活用

集合研修を行う際、限りある時間の中での知識インプットは、研修設計上の課題の一つとなっています。
この知識インプットを「指定コース」により事前に学習することで、集合研修を実践的かつ効果的に進めることが可能となります。
また、研修後も指定コース以外のコースを受け放題として受講できるため、学びがより深まります。

ワークショップ形式の研修期間中のインプットツールとしての活用

学習者本人がワークショップに必要な知識を適宜選びながら学習できるため、学習者一人ひとりのレベルに合わせた知識インプットが実現できます。そのため、集まる場ではアウトプットを作り出すことに集中でき、ワークショップ形式の研修の学習効果をより高めることに寄与します。

10のジャンルでさまざまなコースをご用意しております。

体験版ご利用のお申し込み受付中!

体験版のご利用を希望される方は「お問い合わせ内容」に「SANNO e ACADEMYのデモサイト希望」という旨を記載ください。
本サービスに関するお問い合わせもこちらのフォームにて受け付けております。
※ 体験版は企業の人事・教育担当者のみお申し込みが可能です。個人受講検討のためのお申し込みはお受けいたしかねます。