総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

「働く意味と主観的幸福感」~労働の創造をめざして~【Hapinnovation Lab Letter Vol.6】

「働く意味と主観的幸福感」 ~労働の創造をめざして~

Hapinnovation Lab(ハピノベーション・ラヴ)のベイタ博士とハピノ研究員が、
皆さまからいただく様々な質問に答えていきます。連載第6回目はどのような展開になるか?!


ベイタ博士


さて、今回の「働く意味と主観的幸福感」というテーマは、兼ねてからブルさんにご要望をいただいていたテーマじゃ。
首を長くして待っていたのではないかな?

    ブル


    実は、なかなか取り上げてもらえないので忘れられてしまったかと思っていました(笑)。

    私の勤務先は、外資系企業で、日本のみならず世界に拠点をもっています。また、お客様にご期待以上の満足を感じていただくため、どこの国の拠点にもさまざまな国籍、人種の社員を配置しています。その結果、特定の文化を背景としたマネジメントを行うことは出来ません。
    そこで、働く一人ひとりが自分の仕事に対して誇りを持ち、その結果、自分が生き生きと働く場として会社へのロイヤリティーが高まることを大切にしています。

      ベイタ博士


      ブルさんは、高級ブランドサービスの世界展開をしている外資系企業にお勤めじゃったのう。文化や国籍・国民性といったものを超えた考え方を持つことが実に重要なのじゃな。

      洗練されたサービスは、マニュアルではなく、おもてなしの心と所作・振舞いの訓練の賜物じゃから、そこには仕事へ打ち込む態度・姿勢といったものが実に重要になるのう・・・。

        ブル:


        はい、そこが私たちの会社と仕事の最も大切なところだと考えています。私は人事にいますから、うちで働く仲間たちが前向きに仕事に打ち込める環境づくりに腐心しています。
        そして、口幅ったいのですが、社員の一人ひとりの幸福度が高いことが、安心して仕事に集中することができる最大のポイントであろうと考え、Hapinnovation Labに参加しています。これまでにも随分とヒントをいただきましたが、もっと沢山のことを勉強したいと考えています。

          ベイタ博士


          いやはや、嬉しいことを言うてくれるなぁ。

          ブルさんの考えを少し整理させてもらうと、ブルさんは『「仲間である従業員たちの幸福度の高さ」ということに注目している。なぜならば、「高い幸福度を持っていることが、集中して仕事に打ち込む素地である」-この状態を創り出していくことが、「異なる文化を背景とした職場におけるマネジメントの方法」ではないかと考えている』ということになるかな。

          では、最初に文化や国を超えた主観的幸福感ということを少し考えてみようかのう。
          どうじゃハピノや。

            ハピノ研究員


            はい、声が掛かるのを待っていました。
            文化や国による主観的幸福感の違いがあることは分かっていますが、逆に共通性も存在します。ここでは共通性に焦点を当ててみたいと思います。
            ある調査機関(※1)による世界150カ国を対象とした調査によりますと、文化や国民性を超えて人生を価値あるものにする共通の要素として、下記の5つがあげられています。

            (1)仕事に情熱を持って取り組んでいる
            (2)良い人間関係を築いている
            (3)経済的に安定している
            (4)心身ともに健康で活き活きしている
            (5)地域社会に貢献している

            そして、この5つの要素のなかでも、特に(1)の仕事において幸福感を感ずることの重要さとその難しさが指摘されています。また、これは私見ですが、(2)の人間関係も仕事をするうえで不可避のものと考えられますので、(1)と(2)はセットで考えてもよいだろうと思います。

              ベイタ博士


              そうか150カ国の調査でも主観的幸福感を構成する要素の1つに仕事があり、そして情熱という仕事への“姿勢・態度”と言えるもの、そして人との関係性のあり方があるのじゃな。

              他に何か特徴はあるかな?

                ハピノ研究員


                はい、仕事の幸福というのは、『「何か楽しみにしていることがある」という状態で、1日の仕事を迎えること』であるという表現がされていることが興味深い点です。

                また、「自分の周りの方々の幸福度が高いと、自分自身の幸福度も高まる」という傾向が顕著に見て取れるという報告がされています。

                  ブル


                  そうなんです・・・、あっ、横からすいません。けれど、そんな会社にしたいのです・・・。
                  会社に楽しみを期待して皆が来てくれたら最高ですよね。そして、集団が幸福の雰囲気を持っている・・・、最高ですよね職場として。けれど、実際に仕事をする職場にはいろいろなことがありすぎて、なかなか簡単にはいかないですね。

                  あと誤解が生じるといけないので少し付け加えさせていただきますと、職場が楽しいというのは、“楽しさを与えてもらえる”というような受身の姿勢ではなく、自分と仲間でつくりだしていくものと考えています。

                    ベイタ博士


                    確かに“こうすれば主観的幸福感が高まりますよ”と簡単に言うことは出来ないのう。
                    しかし、ブルさんの言うように、自分たちで仕事そのものを幸福なものにする努力は欠かしてはいかん、それはハピノベーター(※2)として常に考えておかなければならないことじゃ。

                    ある哲学者(※3)が興味深いことを言っておる。
                    それは、「人間が誇りをもちながら生きていくためには、どのように労働を創造する必要があるかを考える思想」をもつことが重要だという指摘じゃ。そしてこのような考え方を「労働の創造」と呼んでおる。
                    わしは、仕事における主観的幸福感を高めるために、この「労働の創造」ということに取り組むことが重要であると考えておるんじゃ。単に幸福が欲しいというのではなく、労働の創造を通じて幸福感を高めていくということがハピノベーターの取り組むことなんじゃ。

                    この働く意味について、もう少し詳しい話をハピノしてくれんかな。

                      ハピノ研究員


                      はい、分かりました。
                      何人かの研究者(※4)らは、「食事代を稼ぐが為にする仕事をJob、出世したり高い地位や名誉を獲得する仕事をCareer、そして仕事の目的や意義を通じて、自分自身の存在意義を確認できる仕事をCalling(コーリング:天命・天職)」と呼んでいます。主観的幸福感を高めるためには、このCallingというものに近づく努力が必要であると指摘しています。自分の仕事をCallingと意味づけている人は、主観的幸福感が高いという調査結果も出ています。

                      Callingに近づくとは「その仕事を何のためにするのか」、そして「それをすることでどんな意味があるのか」ということを考え、改めて自分の仕事そのものの意味を発見していこうということなのです。そして、その際、仕事というものは一人でするものではないので職場も重要です。職場は、人と人とが関わりながら創りあげていく場であり、共に働く場を創りあげていくための働きかけが必要です。双方向の交流の中で、それぞれの価値観を尊重して働くことで、そこで働くものの共通な新たな仕事の意義や価値を見出すことができます。

                      ブルさんの会社で考えてみると、「決められたサービスを提供する」というのはあたり前の仕事ですが、「お客様が喜んでくれるためにどのような仕事をするか」を考え、「自らの仕事を創りだしていくこと」や「自分の仕事に価値を見出したうえで、職場の部下や同僚に働きかけ、お客様からの感謝の言葉を職場のみんなで分かち合える職場にしていく」ということでしょうか。

                        ブル


                        とても参考になりました。
                        私たち一人ひとり、そして職場を「労働の創造の場」にすることが重要ということなのですね。そしてそれが、文化や国籍などを超えて、一人ひとりに仕事の意味を持たせ、Callingといわれるような仕事にしていくマネジメント方法であるということなのですね。

                          ベイタ博士


                          そうじゃ。ブルさんは聡明じゃのう。
                          さて、今日はここらで終わりにして、次回は、「日本の職場における幸福感の構造(その1)」というテーマにしたいと思うがどうかのう!

                            ※1ギャラップ社(The Gallup Organization) 1935年に設立されたAmerican Institute of Public Opinionを前身とする調査・コンサルティング機関。世界150カ国にわたるグローバル調査を実施)参考:『幸福の習慣』Tom Rath等著
                            ※2『幸福な職場つくり』の実現を目指す人。Vol.1参照。
                            ※3内山節 哲学者、立教大学教授 労働の創造は、『労働過程論ノート、1975』を参考とした。
                            ※4Wzesniewaki.A.&Dutton.JE、Martin Seligman等の論文(「仕事観の研究」)と著作(「世界でひとつだけの幸せ」)を参考とした。


                            ※本コラムに関するお問い合わせにつきましてはこちらまでお寄せください。
                             「お問い合わせ内容」欄に『Hapinnovation Lab Letterについて』と入力のうえ、お問合せください。

                            ページ先頭へ

                            • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
                            • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
                            • デジタルカタログはこちらから
                            • 官公庁・自治体職員向け研修案内
                            • 総合研究所 経営管理研究所
                            • グローバルマネジメント研究所
                            • サンノーWebサポート
                            • SuperGrace Web成績管理システム
                            • マナビバサンノー
                            • sannoメール登録