総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

最近の若者論を疑え【第2回 データで読み解く最近の新入社員】

最近の若者論を疑え

今春入社の新入社員は、ストレートに進学しているなら、大卒は90年度、短大・専門卒は92年度、高卒は94年度に生まれた。

バブル景気は91年2月頃に終わったとされるので、「右肩上がりの経済環境を肌で感じた」ことは一切ないといえる。90年代後半には大手証券会社が倒産、日本を代表する自動車メーカーが外資の傘下になり、人員削減の全盛期を迎える。新人たちは5歳~9歳の頃だ。地域によっては同級生の親族の誰かがリストラ対象になっていても不思議はない。2000年代に入ってもITバブルはすぐに崩壊、14歳~18歳の多感な時期にはリーマンショックを経験した。その後は不況が続き、近年は政治も不安定な状態が日常だった。

失われた20年を生き続け、「自分もこうありたい」、「この人を目指したい」と思えるような目標を見出しづらい時代に育ってきた。

最近の新入社員や若者の評価では「夢を抱くことがない」「安定志向すぎる」「守りの姿勢が目立つ」などをよく聞く。たしかに、産業能率大学が毎年、新入社員研修の受講者を対象に実施している意識調査では、将来の進路の方向性を尋ねた質問で「独立志向」は10年前の半分に満たず、「管理職志向」が増え続けている。終身雇用を望む割合も高止まりし、最終目標の地位を尋ねても「部長」が最も多い。一見すると『最近の若者論』を裏付けるもののようだ。

見方を変えると、現実を直視していることの表れでもあろう。
2~3年前まで世界有数だった家電メーカーでさえ経営に苦しむ環境において、そもそも、「ひとつの会社に長く勤めて管理職になり部長で終わる」というのは、夢のような会社生活かもしれない。

不安定な時代だからこそ安定を望む。上の世代からすると『意欲的でない』と感じるかもしれないが、厳しい現実を目の当たりにしてきた彼・彼女らにとっては、現実から目を背けることの方が虚無感を抱くことなのではないか。

筆者も上の世代の一人としてこうした『夢のなさ』が良いとは必ずしも思わないが、少なくとも、自分たちの世代と最近の若者を安易に切り分けずに、背景を考えることは大切だろう。

管理職志向が2倍になる反面、独立志向は半減

管理職志向が2倍になる反面、独立志向は半減

産業能率大学「新入社員の会社生活調査」

(本コラム担当:企画広報部 企画広報課 秋山 和久)

繊研新聞(繊研新聞社)での連載(2/26~3/19、毎週火曜日)を一部修正して掲載しています。

【連載】データで読み解く最近の新入社員

内容 公開日
データで読み解く最近の新入社員 連載TOP 2013年6月 5日(水)
第1回 新入社員を受け入れる 2013年6月 5日(水)
第2回 最近の若者論を疑え 2013年6月13日(木) 
第3回 SNS時代の新人 2013年6月19日(水)
第4回 矛盾する周囲の期待 2013年6月26日(水) 

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録

他のコンテンツを見る

SANNOが大切にしている活動スタンス
理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
人材育成・研修 用語集
人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。