総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

販売士 (資格取得セミナー・インタビュー)

販売士 資格取得セミナー・インタビュー

ものが売れないといわれる時代に、どうすればものが売れるのか。その問いかけへの一つの出発点となりうるのが「販売士」という資格です。

※ 検定名称:リテールマーケティング(販売士)
  資格名称:販売士

自らも販売士1級資格を持ち、卸売業の企業勤務の経験を持つ本学兼任講師・鈴木志恵夫氏に、販売士という資格の魅力、本学における通信教育のメリットなどについて語っていただきました。
販売士に限らず、ビジネスにおいて、一つの資格を取得するために継続的に学ぶことの意義は限りなく大きいもの。とりわけ現場に根ざした知識が求められる販売士には、どのような魅力があるのでしょうか。

現場から見た販売士資格の有効性

販売士とはどのような資格なのか

 以前のような高い経済成長が見込めず、消費者も支出を抑え気味にしつつある経済環境にあって、顧客満足度を高めながら、いかに小売業における商売の利益を高めていくか。そうした課題やニーズに応えるものとして注目されているのがリテールマーケティング(販売士)という資格です。

 小売業の現場ですでに働いている方はもちろん、高校生から大学生まで、この資格を求めて受験する層は幅広く、現場からマネジャークラス、経営クラスまでのそれぞれの段階やニーズに応じて3級、2級、1級に分けられています。

 3級では、現場で必要とされる知識やノウハウに関するもので、現場で働き、現場を回していく能力が身についているかどうかが測られます。2級は、マネジャーを対象にしたもので、現場を回すだけでなく、そこで働くスタッフを管理し、店舗・売場をマネジメントすることができる知識と能力を見るものです。1級は経営層、あるいはコンサルタントクラスを対象にしたもので、仕入れから販売、将来の展開といった一連の流れまでをプロフェッショナルとして動かす能力を問うものです。

    学校法人産業能率大学 兼任講師鈴木 志恵夫 氏

     試験は3級、2級とも年に2回、2月と7月に行われ、1級は年に1回だけ。3級の試験で合格率は50%くらいですから、決して簡単とはいえません。自発的に受験される人であれ、会社から言われて受験される方であれ、しっかり取り組んで学ばないと突破できない試験と言えるでしょう。
     ただ、試験に受かることだけがゴールなのではないと私は考えます。販売士の資格に限りませんが、きちんとビジネスの現場で役立つ知識や能力を身につけることは、将来きっとビジネスパーソンとしての活躍の場を広げてくれるはずです。合格することは大事ですけれども、そこにだけゴールや価値があるのではないと思います。たとえ試験に落ちても、学ぶことに意義があるのであって、そういう意味では試験に落ちてでもいいから、きちんと学んでいただきたいです。

    小売現場での活用事例

     以前スクーリングのときにお聞きした方の例でいうと、こういう方がいらっしゃいました。あるスーパーマーケットでパートとして働いておられた女性なのですが、小売業で働くのが初めてのようで、朝礼などで上司の話を聞いても内容がよくわからない。前提となる知識が足りないということに気づいて、それで販売士3級を取りに来たという方なんです。会社から言われてきたわけでなく、まったく自発的に来られたんですね。この方がその後、現場でどのように販売士の資格を活用されたかは追跡調査をしているわけでないので、はっきりはわかりません。しかし、自発的に学び、資格を取って働こうとする意欲、実際に身につけた知識と能力を考えると、おそらくそのスーパーマーケットの現場でかけがえのない人材として重用されているのではないでしょうか。この方は、3級の販売士資格である「接客や売り場づくり」、「販売担当としての知識」などを十分に身につけて現場に戻られたわけですからね。

     前職で卸売業の企業に勤務していたときに感じたのは、卸売業も小売業の知識を持っていないと単に御用聞きになってしまう危険があるということでした。小売店に行って、ご注文ありがとうございますといったやりとりに終始してしまうとだめなのです。小売店が今、何を望んでいるか。何が課題でどう解決すべきかといった視点で応対すべきであって、そのためには幅広い知識を持っていないとなりません。私自身、販売士1級を取得しましたが、販売士の資格を取ることはプラスアルファの提案ができるなど、現場で大変役に立つことにつながると思います。

      本学の取り組み

       産業能率大学ではどなたでも受講できるよう通信教育で販売士の講座(日本商工会議所、全国商工会連合会の指定通信講座)を開いていますが、合格のための勘どころを押さえたテキスト(3級は90%、2級は80%出題される「販売士検定試験ハンドブック」に準拠)、独自の問題集に加え、それに対するレポート、最新の情報を的確にお伝えするためのニュースレターを発行し、さらにスクーリングを行っています。スクーリングは一日だけの開催ですけれども、目的を同じくするさまざまな会社の人が参加されるので、非常に刺激を受け、受験へのモチベーションもぐっと高まるという大きなメリットがあります。
       独学で受験を考える方もおられるでしょうが、気軽な反面、やはり挫折しやすく、書店で売っているテキスト自体が古かったり、ポイントがわかりにくかったりといったデメリットも多いように思います。
       テキストは、もちろん最新かつ必要な知識がぐっとコンパクトにまとまっていて、初めて学ぶ人には非常に魅力的なものになっているのではないでしょうか。市販のテキストにはないメリットですね。もちろん通信教育ですから、通学するよりもはるかに費用も安いという点も大きな利点です。

       3級、2級、1級の各レベルでいうと、2級を受験される方の層が厚いのですが、私自身は3級から学んでいただきたいという気持ちがあります。販売士の本当の基礎というのはやはり3級を受講することで身につきますし、それがわかっていると2級の受験も楽なのです。小売業の現場にいる人こそ、ぜひ3級から始めてほしいと思います。

        本学スクーリングの魅力

         さきほど簡単にスクーリングについて触れましたが、本学におけるスクーリングには大きな魅力があります。それは通信教育を修了したうえでスクーリングを受けられると、3級と2級における「販売・経営管理」という試験科目が免除になるというメリットです。販売士の試験は5科目ですから、そのうちの1科目である「販売・経営管理」が免除されることは受験対策上、非常に大きなポイントとなります。
         それだけではありません。スクーリングによって、試験に向けた実践的な勉強法がしっかりと身につくのです。試験一問あたりの時間配分、答案を書き終わった後の見直しの時間の確保などを、スクーリングを担当している私が実際に時計を見ながら測りますので、受験するみなさんにとって本試験さながらの臨場感で学ぶことができます。

         試験には計算問題も出題されますが、スクーリングでは同じような計算問題をいくつか実際に解いてもらいます。実践とほぼ同じ形での演習を繰りかえすことで、本試験にもあせることなく向き合うことができるのです。
         スクーリングは同じ目的を持つ人たちが集まる場であり、お互い切磋琢磨し、刺激を受けあい、またおのずと交流が生まれる場でもあります。そうした場で一日学び、知識を身につけることは、ビジネスパーソンとして生きるうえで単に資格取得にとどまらず、大きな自信となり、財産となることでしょう。

          ページ先頭へ

          関連情報

          資格取得セミナー
          産業能率大学 総合研究所がご提供する資格取得セミナーについてご案内しています。