総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

強い組織をつくるために人材育成ができることとは?【第7回 「対話」によるコミュニケーション】

今回のテーマは「職場内でのコミュニケーションを大切にしよう!」です。ただし、単純に「会話」の機会を増やそう、ということではありません。
そこで注目していただきたいのが「対話」です。
では、「対話」とは何でしょうか? 「会話」と「対話」、何が違うのでしょうか? そして、どのような注意点があるのか? 
今回は、その「対話」によるコミュニケーションについてお話していきましょう。

    学校法人産業能率大学  総合研究所 経営管理研究所 人事・コミュニケーション研究センター 岩元 宏輔(いわもと こうすけ)

    学校法人産業能率大学 総合研究所 経営管理研究所 人事・コミュニケーション研究センター 岩元 宏輔(いわもと こうすけ)

    仕事で求められる関係性は「ただ仲良くなればいい」ということではない

    「職場内でのコミュニケーションを大切にしよう」
    結論から聞くと「それはそうだ」「そんなことはわかっている」と思われる方も少なくないかもしれません。では、「コミュニケーションを大切に」と言われたら、どのような策を打ちますか?

    企業研修の中でこのように問いかけると、「できるだけ話しかけよう」「仕事以外の話をする」「1対1の定期面談を実施する」「部署内で『LINE』のグループを作ろう」「何より飲みニケーション!みんなで定期的に飲みに行こう」・・・などといったアイディアがよく出てきます。要は、「会話」を増やそうという観点です。

    確かに「会話」が増えることも効果的です。ちょっとしたおしゃべりや情報交換を通じて、スタッフ同士の距離が縮まったり、うまくいけばモチベーションの向上にもつながるでしょう。
    しかし、仕事で求められる関係性は「ただ仲良くなればいい」ということではありません。組織の掲げる目標の達成や目的・ビジョンの実現のために、協力して働くこと(=協働)が求められているのです。

    今回のテーマである「対話」とは「協働に向けたコミュニケーションのかたち」です。ではその「対話」とは何か?「会話」と「対話」、何が違うのか?そして、どのような注意点があるのか?についてお話していきましょう。

    「対話」とは 相互理解を目的にしたコミュニケーション

    様々な考え方や価値観を持つ者同士が、チームワークを発揮して協働するために大切なこと。それは「相互理解」です。
    お互いがどんなことを考えていて、何を大切にしているのか?仕事上でどんな強みを持っていて、何が苦手なのか?はたまた今どんな課題を克服しようとしているのか?などなど・・・。

    「対話」を重ねることで相手のことが少しずつ理解できるようになっていき、また同時に自分自身がどんなことを考えているかも明らかになっていきます。つまり「対話」とは、お互いを「わかり合う」ことを目的にしたコミュニケーションとも言えるのです。

    では、わかり合うために重要なことは何か?それは「意味の共有」です。
    例えば何気ない会話の中で「明るい人っていいよね」という話題になったとします。
    ここでいう「明るい人」とはどういう意味なのか?どんな人をイメージしているのかは、その人によって違います。
    「誰にでも気さくに話しかけられる、おしゃべり好きな人」を頭に浮かべている人もいれば、「失敗しても落ち込まず、いつも元気で笑顔が絶えない人」を想像している人もいます。

    同じ言葉であっても、「どういう意味で使っているのか?」を共有することで、お互いのことをより深く理解できることにつながるのです。

    「対話」とは「シリアス・ファン(= 真面目に物事を楽しむ)」なコミュニケーション

    では、「対話」と「会話」は何が違うのでしょうか?会話を「日常のたわいもないおしゃべりや雑談」と捉えた場合、対話との違いとして「テーマの有無」が挙げられます。

    対話には話し合うテーマがあります。例えば先述の「明るい人とはどんな人か?」といったことについて、お互いがその言葉の意味や考えを伝え合い、相互理解を深めていく。さらにはお互いが共感できる新しい「明るい人像」が浮かび上がってくることもあるでしょう。「○○さんって明るいよね」「そうだよね」といったような、自然の流れで思いつくままに語りあう会話とは、話の深まり方が異なってくることが想像できるのではないでしょうか。

    一方で、「テーマを持って話す」と言われると「(マジメで堅苦しい」議論」をイメージされる方もいらっしゃるかもしれません。
    確かに「議論」同様、「対話」はテーマを持った真剣な話し合いではあります。しかし喧々諤々、お互いの主張を通そうとし合うような「議論的な」雰囲気の場ではありません。

    おしゃべりや雑談のような「自由なムード」で、議論のようにテーマを持って「真剣な話し合い」を行う。
    「対話」とは「シリアス・ファン(=真面目に物事を楽しむ)」なスタンスで行うコミュニケーションの場であると言えるのです。

    「会話」と「対話」の違い

    「会話」と「対話」の違い

    相互理解を深める第一歩は「違いを認める」こと

    最後に「対話」を行う上での注意点に触れていきたいと思います。
    相互理解を深めるための第一歩は「違いを認める」ことです。対話において、お互いの考えや大切にしていることを表明し合うことは必要不可欠です。そうすると、必ず意見の相違が生まれてきます。

    一つ事例で考えてみましょう。私の友人にバイクレースが趣味という同世代の男性がいます。彼曰く「猛スピードで急カーブする時のスリルがたまらない」と言うのです。バイクに乗ること自体に怖さを感じる臆病者の私にとっては、到底共感できない価値観です。
    しかしそこで「私には理解できない。彼とは気が合わない」と考えるのではなく、「彼はスリルを味わうことがたまらないんだな」と、彼の価値観を尊重することが大切です。

    共感はできなくても、尊重はできます。「人はそれぞれ違う価値観を持っているんだ」ということを受け入れながら話を進めていくことが、「対話」において重要になるのです。

    ※参考文献:中原淳・長岡健著『ダイアローグ 対話する組織』(ダイヤモンド社、2009年)

    (産業能率大学 総合研究所 経営管理研究所 人事・コミュニケーション研究センター 岩元 宏輔)

    各テーマをクリックすると、内容ページへ遷移します。

    連載 テーマ 公開
    強い組織をつくるために人材育成ができることは? 連載TOP 2015年10月28日
    第1回 最近の若者の特徴 2015年10月28日
    第2回 新人・若手社員が定着・成長し、伸びる組織になるためのポイント 2015年11月13日
    第3回 新人・若手社員の不安を解消する 2015年11月27日
    第4回 やりがいを求める新人・若手社員の存在意義の確立 2015年12月15日
    第5回 キャリアを形成する「見通しづけ」 2016年 1月20日
    第6回 若手社員との信頼関係づくり 2016年 2月 5日
    第7回 「対話」によるコミュニケーション 2016年 3月 3日
    第8回 コーチングによる指導 2016年 3月29日
    第9回 自己成長力の獲得 2016年 4月 7日
    テーマは若干変更することがあります。予めご了承ください。
    著者の所属・肩書きは掲載当時のものです。

    ページ先頭へ

    • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
    • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
    • デジタルカタログはこちらから
    • 官公庁・自治体職員向け研修案内
    • 総合研究所 経営管理研究所
    • グローバルマネジメント研究所
    • サンノーWebサポート
    • SuperGrace Web成績管理システム
    • マナビバサンノー
    • sannoメール登録