総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

【事例紹介】ブリヂストンソフトウェア株式会社 ビジネススキルと高い技術力をあわせ持つシステムエンジニアの育成を行うブリヂストンソフトウェアの取り組み

ブリヂストングループ唯一の情報システム会社として基幹業務システムをはじめ、国内外のグループ企業に対して幅広い業務支援システムを提供するブリヂストンソフトウェア株式会社。
社員の多くをSEが占める同社の人材育成体系と公開セミナーの活用について、管理部門として労務、人事、教育など幅広い業務を担当する業務部長の山崎彰氏に話を聞いた。

    ブリヂストンソフトウェア株式会社 業務部長  山崎 彰 様

    ブリヂストンソフトウェア株式会社 業務部長 山崎 彰 様


    ブリヂストンソフトウェア株式会社 企業プロフィール

    高度な技術力と同時にマネジメント力の習得をめざした独自の人材育成システムを構築

     同社の人材育成システムは、『あるべき人材像』として「ユーザーのウォンツを吸い上げ、全体最適の観点から業務とシステムに関する提案ができる」「顧客サービスの高度化のために、IT技術の評価・活用、標準化、継続的改善が推進できる」の2つを最上位概念とし、さらに職種ごとのあるべき人材像を定義した上で構築されている。

    「高度化するIT業界にあって、SEにはこれまで以上にスピードと技術の高度化が求められています。当社では人材育成システムの構築にあたり、高い専門性を持つSEとはいかなるものかを『あるべき人材像』として定義。その上で人材タイプを4分類8タイプに分け、それぞれの業務に即した育成目標を経験ごと年数別に設定しています」(山崎氏)。

     育成目標となるスキルは、各人材タイプ共通のビジネススキルを基礎としてテクニカルスキル、プロジェクトマネジメントスキル、業務知識・専門知識に分類される。各社員は年一度行われるスキルアセスメントにおいて自らのスキル習得状況を自己申告した上で、上長との話し合いにより次年度のスキルアップ計画を立てていく。

    「SEをはじめとした専門職では、一般的なビジネススキルが疎かになりがちですが、プロである以上原価や利益を視野に入れるのは当然と言えるでしょう。そのためにもビジネス全般に関わるスキルを身につける必要があるとの考えから、育成目標では全職種共通でビジネススキルを基礎としています」(山崎氏)。

    なお、スキルの習得にあたっては外部教育機関が主催するセミナーの中から、個々人が自分の業務やスケジュール、目的などに合わせて選択していく。

    「産業能率大学主催の公開セミナーでは、マネジメントに関わるものが人気です。受講するセミナーについては、各自WEBサイトやガイドブックなどを参考に選択していますが、先輩社員の『あのセミナーが良かった』といった声が社内で継承されているようです」(山崎氏)。

    昇進昇格時研修として公開セミナーを取り入れることで中堅層社員および管理者が果たすべき役割を明確化

    ブリヂストンソフトウェア株式会社でも人気の階層別セミナー

     同社では昇進昇格時の必修研修として公開セミナーを取り入れている。

    「当社では5段階からなる資格等級制度を導入していますが、4等級および3等級昇格時に産業能率大学主催の『中堅社員実践研修』と『係長実践研修』を受講させています。社員には好評で、『中堅社員や管理者という言葉だけでは漠然としていて何をしていいか分からなかったが、セミナーを受けたことで自分のやるべきことが明確になった』などの声も上がっています」(山崎氏)。
    (クリック→係長実践研修・通学コース
    (クリック→中堅実践研修・通学コース

      マネジメントについて多角的に学ぶ機会を得ることは、自分が会社から何を期待されるのかを客観的に理解するためにも有効となる。
      「また、研修内で行われる各種ワークにより、リーダーシップやフォロワーシップを生身の体験として学べるのも魅力です」(山崎氏)。

      さらに公開セミナーの魅力の1つとして異業種交流が挙げられる。

      「私自身、以前に産業能率大学主催の公開セミナーに参加しましたが、同じ立場にある他業種の方々との交流はたいへん刺激になりました。社内では同じようなレベルの社員が中堅職となるため、どうしても対外的なレベルを把握しにくい。社外を知り自分のレベルを知ることは、さまざまな気づきにつながります。また、ほとんどの時間を社内で過ごしている当社の社員にとって、代官山というまったく違う環境に身をおきながら、社外の方々と共に学習するという経験は、業務から離れて自分を見つめ直すよい機会となっているようです」(山崎氏)。

      他者との対比の中で自分の立ち位置やレベルを認識していく。それこそが公開セミナーの大きなメリットの1つになっている。

        受講実績、受講者の声から見る公開セミナー活用のメリット

         年度始めに立てた研修計画を淡々とこなすだけになってしまう企業も多い中、同社ではタイムリーな教育実施にこだわり続けている。そこには、“必要に応じた教育こそが高い成果を生み出す”という同氏の思いが込められている。さらに、同社では常に今後の市場動向を予測しながら、近い将来に必要となってくるであろう研修ニーズを先読みし、いつでもタイムリーな研修を提供できるよう先手を打って研修準備を進めるなど、より高い成果を生み出す人財育成のあり方を追求し続けている。

        研修で得た知識を肉体化するため各部門との連携による計画的なOJTを実施

         研修で得た知識を、仕事の中でどのように活かしていくか。その手段の1つとして、同社ではOJTに紐づけたしくみを構築・運用している。

        「当社では入社3年目の社員に、俗にいう修羅場体験を積ませるしくみを取り入れています。目的はそれまでに得た知識をもとに実践経験を積んでもらうことです。具体的には、先輩社員をつけた上で難易度の高いプロジェクトの一部(もしくは全て)を任せます。社員は自らの責任においてプロジェクトを進めるわけですが、完遂するためには技術研修やビジネススキル研修で得た知識を効果的に使っていく必要があります。そうした試行錯誤を通して知識を肉体化していきます」(山崎氏)。

        ブリヂストンソフトウェア株式会社 業務部長  山崎 彰 様

        研修とOJTをうまく組み合わせることで社員の能力向上の最大化をめざしている。対象となった社員からは「大変だったが良い経験ができた」との声が上がるという。

        「研修で学んでもらった内容を現場でどう活かしてもらうかは、社員教育を行う上で最も大切な部分であると同時に、担当者として最も踏み込みにくい部分でも あります。各部門としっかりとした連携をとることで、より高い精度で知識を肉体化していくことができると考えています」(山崎氏)。


          ※本コラムに関しますご意見・ご感想はこちらまでお寄せください。


          関連情報

          人材開発・企業事例集 進呈中(無料)

          上記でご紹介した事例以外の様々な人材育成課題に応じた企業各社の取り組みを掲載しています。

          まずは資料をご請求ください

          詳しいご案内資料を無料でお送りいたします。

          ページ先頭へ

          • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
          • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
          • デジタルカタログはこちらから
          • 官公庁・自治体職員向け研修案内
          • 総合研究所 経営管理研究所
          • グローバルマネジメント研究所
          • サンノーWebサポート
          • SuperGrace Web成績管理システム
          • マナビバサンノー
          • sannoメール登録