総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

【事例紹介】三菱UFJリース株式会社 全ての人が持てる力を存分に発揮して、組織に貢献できる環境をつくる取り組み

はじめに

潜在する価値を未来の価値へ高め、お客様の企業価値向上をサポートしたいという想いをコーポレートメッセージ“Value Integrator(R)”に込め、リース&ファイナンスという手法で事業を展開する三菱UFJリース株式会社。有形・無形資産だけでなく、自社の人材に関しても、その可能性を拡げるべくさまざまに取り組みをなされている人事部ダイバーシティ推進室の谷口室長と行方氏に公開セミナーの活用法についてお話を伺いました。

三菱UFJリース株式会社 人事部 

(左)三菱UFJリース株式会社 人事部 ダイバーシティ推進室 行方幸香さん
(右)同 人事部 ダイバーシティ推進室長 谷口麻衣子さん

企業プロフィール

Q いち早くダイバーシティ推進への取り組みを始められましたが、その意図について教えていただけますか。

当社では2011年にダイバーシティ推進室を立ち上げ、性別、年齢、国籍、障がいや価値観、ライフスタイルなど、多様性をお互いに認めながらも、全ての人が「持てる力を存分に発揮して、組織に貢献できる環境をつくること」を目指し、日々活動しています。その中でも、女性の活躍推進というテーマは、社員の3割超を女性が占める当社にとって非常に重要なものです。
当社には、主にフロント業務を担当する全国型の総合職および勤務エリアを限定した準総合職とミドル・バック業務を担当する一般職の3つの職種があり、中でも一般職は女性が大半を占めています。女性活躍推進というテーマでの目標は、女性の管理職を増やすこと、そして、もうひとつは女性社員全体、中でも、女性が高い割合を占める一般職全体のさらなるレベルアップを図っていくことです。
かつては、日本社会の傾向と同様に、結婚や出産といったライフイベントを迎えると退職してしまうこともありましたが、育児両立支援制度の整備や制度を利用しやすい職場環境づくりを推進してきた結果、女性社員が長期にわたり活躍できる環境が整ってきました。制度の定着が進んだ現在は、次なるステップとして、中長期に渡り活躍できるフィールドの拡大、さらなる活躍推進に重きを置く段階と考え、一般職全体のボトムアップ、レベルアップを図るべく、スキル研修を導入しました。

Q 実際どのようなビジネススキルの向上を狙い、どのような仕組みで受講してもらっているのでしょうか。

グローバル化が進み、事業領域も拡がり、リースや割賦だけを行っていればよいという時代ではなくなってきている中で、多様な業務の事務手続きを行う一般職の能力をいかに高めて拡げていくかが課題になってきていると思います。
当社の一般職の業務は、簿記三級を必須資格とした上で、たとえば営業アシスタントであれば、お客様からいただいた決算書の転記、契約書や請求書の作成、法令対応、取引先との交渉、書類管理など、広範囲に及びます。それらの仕事を行う際、基礎知識を理解した上で業務を行うのと、知らずに単に作業として行うのとではアウトプットの質が全く異なります。
そのため、担当業務の遂行に役立つ「財務・計数」「法務」「ライティング力」「業務効率化」などのビジネススキルを強化する公開セミナーを受講してもらいたいと考えました。そのひとつが「カフェテリア研修」という公募型の公開セミナーです。一般職向けに16の公開セミナーを用意し、自主的に参加をエントリーする公募型の形態となっています。
この研修への参加は、一般職の社員が現状に満足することなく、自己研鑽を図り、いっそうのレベルアップを目指せるよう、また受け身でなく主体的な取り組みを推奨するため、指名制ではなく公募型にしています。
また、応募する際は「過去に実施した自己啓発」や「身に付けたいスキル」「取得したスキルをどのように業務に活かしたいか」などを記入するレポートの提出を求めています。何が自分に不足し、新たに得た知識・スキルを業務面でどのように活かせるかを考え、整理して文書にまとめることで、受講の目的や意識の明確化を図ることを狙いとしています。

Q 社員の方を外部のセミナーに派遣し受講させる際、重要と考えるポイントを教えていただけますか。

勤務時間内に参加してもらうため、できれば通学が1日程度のセミナーであることが望ましいですね。また、全国で事業カンパニーを展開していますので、東京・名古屋・大阪など複数の地域で開催しているかどうかもポイントです。また、以前に比べて事業領域も拡がっているため、社員はこれまで以上に分野ごとに自分で考え、行動することが求められています。そのためにも講座数が豊富で充実していること、内容に信頼がおけることが重要です。さらにビジネススキルだけでなくマインド系のセミナーも開催していることなどですね。そういった点から産能大を選定し、現在、産能大のセミナーを15コース採用しています。

カフェテリア研修セミナーラインナップ

Q どのくらいの一般職の方が参加され、実際に受講された感想がどうだったのかお聞かせいただけますか。

公募の定員枠を100名で募集したところ、実際には定員を超える106名の申し込みがありましたが、目指す自己啓発のきっかけになるよう全員受け付けて研修に参加してもらっています。
また部署によっては、上司が積極的に目標に設定するなど、部署単位で意識が高まっているところもあるようです。そういった部署では、公募を開始してからの申込みがとても早く手応えを感じています。
さらに受講した後にも、「研修で学んだ内容」や「学んだ内容をどのように業務に活かすか」などをまとめた「研修修了レポート」の提出を求めています。受講者のリアルな声としては「社外の人と交流して刺激を受けた」「次はこんなことを学びたい」といったステップアップを望む声が多く、おおむね好評です。

人事部としても「会社は意欲ある人を支援する」というメッセージを社員に示していきたいと思っていますので、その点は良かったのではないかと評価しています。今後は、現在のラインアップ以外の具体的な公開セミナーに関する要望をたくさん受けていますので、自己成長に向けた社員の要望に応えられるよう、さらにステップアップしたセミナーも検討していきたいと考えています。


    ※本コラムに関しますご意見・ご感想はこちらまでお寄せください。


    • 産能マネジメントスクール セミナー案内

    人材開発・企業事例集 進呈中(無料)

    上記でご紹介した事例以外の様々な人材育成課題に応じた企業各社の取り組みを掲載しています。

    まずは資料をご請求ください

    詳しいご案内資料を無料でお送りいたします。

    ページ先頭へ

    • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
    • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
    • デジタルカタログはこちらから
    • 官公庁・自治体職員向け研修案内
    • 総合研究所 経営管理研究所
    • グローバルマネジメント研究所
    • サンノーWebサポート
    • SuperGrace Web成績管理システム
    • マナビバサンノー
    • sannoメール登録