通信研修
コースコード:C5O0

ケースで学ぶ リスクマネジメント実践(2024年04月開講から)

リスクマネジメントの全体像と理論と実践を効率的に習得できる!

主な対象者

リスクマネジメントの知識を身につけたいすべてのビジネスパースン(一般・中堅~主任~部課長)
職場の様々な場面でリスクマネジメントの知識や手法を実践で活用したい方

特別受講料  12,100円(税込)
受講期間 2か月
在籍期間 4か月
標準学習時間  16時間
特別受講料とは
企業や組織を通じて通信研修を受講される場合に適用される受講料種別です。
標準学習時間とは
そのコースを学習し、修了するまでの目安として設定している学習時間です。
New

教材構成・添削

●テキスト 2冊
●添削 2回(コンピュータ採点型:Web提出)

【eTextあり】
テキストは、eText(電子書籍)での閲覧も可能です。

eText

導入のポイント

リスクマネジメントに関する基礎知識から応用まで幅広くカバーし、実践的なケース学習とリスクマネジメントにに関する最新の情報を取り入れた内容を習得することで、リスクマネジメントに関する人材の育成やリスク管理の強化に活用できます。

ねらい

■リスクマネジメントの重要性と基本的な考え方を理解し、職場におけるリスクマネジメントの実務知識を習得します。
■職場、業務、情報に関するリスクマネジメントの実践できるスキルを身につけます。
■リスクマネジメントのケーススタディで、実践の場での主要課題を明確に理解し、問題解決につなげます。

特色

■リスクマネジメントの理論と実践を習得することで、ケーススタディで実践の場で活用できる知識とスキルが身につきます。
■実務に精通したエキスパートの(株)ワールド・ヒューマン・リソーシスが執筆を担当し、最新情報を盛り込んだ実際の職務に直結した内容を提供しています。

カリキュラム

テキスト1
リスクマネジメントの基本と実践
eText
第1章 リスクマネジメントの意義とその重要性
1.リスクとリスクマネジメントの意義
2.職場におけるリスク発生の傾向
3.リスクマネジメントの重要性と基本的な考え方
第2章 リスクマネジメントのプロセス
1.リスクの洗い出し
2.リスクの分析
3.リスクの処理
4.結果の検証
第3章 様々な場面におけるリスクマネジメントの実践
1.職場におけるリスクマネジメント
2.業務におけるリスクマネジメント
3.情報管理にかかわるリスクマネジメント
4.事件・事故、災害にかかわるリスクマネジメント
テキスト2
リスクマネジメントのケーススタディ
eText
1.ハラスメントリスクに関するケース
2.メンタルヘルスに関するケース
3.労働災害に関するケース
4.感染症に関するケース
5.ヒューマンエラーに関するケース
6.クレーム対応に関するケース
7.取引先の倒産リスクに関するケース
8.個人情報漏洩リスクに関するケース
9.営業秘密漏洩リスクに関するケース
10.SNSリスクに関するケース
11.AI利用に関するリスク
12.機密情報の漏洩リスクに関するケース
13.自然災害に関するケース
14.サプライチェーンリスクに関するケース
15.人権にかかわるリスクに関するケース
16.サイバーセキュリティに関するリスク

特記事項

※リポートは、専用のWebサイト上で取り組み、提出していただきます。郵送での提出はできません。
※2024年4月より開講します。

その他ご注意事項

  • カリキュラム・教材・受講料等は一部変更になることがあります。
  • 受講料には消費税が含まれています。

ほかのコースを探す

同じ対象者で別のコースを探す

同じ対象者のコース一覧

同じテーマで別のコースを探す

導入・お見積りのご相談

ご希望のテーマやプログラムをご入力ください。

該当する地区の事業所へお問い合わせください。

個人での受講を検討されている方へ