通信研修
コースコード:C5M0

1から学ぶ!カスタマーハラスメント防止(2024年04月開講から)

カスタマーハラスメントをしない、させないための知識を得る

主な対象者

顧客や取引先と接点を持つすべての社員とその上司、ハラスメント相談窓口担当者、カスタマーハラスメント対策に取り組む事業主

特別受講料  13,200円(税込)
受講期間 2か月
在籍期間 4か月
標準学習時間  16時間
特別受講料とは
企業や組織を通じて通信研修を受講される場合に適用される受講料種別です。
標準学習時間とは
そのコースを学習し、修了するまでの目安として設定している学習時間です。
New

教材構成・添削

●テキスト 1冊
●Web動画(字幕あり)
●添削 2回(コンピュータ採点型:Web提出)

【eTextあり】
テキストは、eText(電子書籍)での閲覧も可能です。

eText コンピュータ採点型

導入のポイント

企業や社員に対して、顧客の要求はどのレベルまでなら許されるのか、どのレベルを超えると不当に当たるのかといった、クレームとカスタマーハラスメントの違いを確認したうえで、カスタマーハラスメントを生まないための方法を習得します。

ねらい

■正当なクレームとカスタマーハラスメントの違いを判断する基準が明確になり、適切に対応できるようになります。
■顧客対応の方法を明確にすることで、業務遂行を円滑にすることを目指します。
■顧客に接する機会のあるすべてのビジネスパーソンにとって、良好な職場環境を維持できるようにします。

特色

■厚生労働省のガイドラインを参考にしながら、度を超えた悪質なカスタマーハラスメント行為に対して毅然とした対応をとれるように、具体的な方法を学びます。
■カスタマーハラスメントを生まない顧客対応体制、企業風土を醸成するための具体的な方法を習得します。
■Web動画でドラマ仕立ての事例を視聴することで、実践的な対処法を学びます。

カリキュラム

テキスト
カスタマーハラスメント入門
eText
1.カスタマーハラスメントとは
 ・カスタマーハラスメントの定義と類型
 ・適切なクレーム対応
2.要求型カスタマーハラスメントに対処する
 ・要求型カスタマーハラスメントの現状
 ・要求型カスタマーハラスメントへの対処法
3.迷惑行為型カスタマーハラスメントに対処する
 ・迷惑行為型カスタマーハラスメントの現状
 ・迷惑行為型カスタマーハラスメントへの対処法
Web動画
カスタマーハラスメント事例集
カスタマーハラスメントの2類型について、事例を取り上げます。解説の中で関連する法律や他に取りうる対処法などを紹介し、自社だったらどうしたらよいかを考えるきっかけとしていただきます。

特記事項

※Web動画は、専用のWebサイト上でご視聴いただけます。Web動画の視聴とリポートの提出に際しては、インターネット環境が必要です。リポートは、専用のWebサイト上で取り組み、提出していただきます。郵送での提出はできません。

※2024年4月より開講します。

その他ご注意事項

  • カリキュラム・教材・受講料等は一部変更になることがあります。
  • 受講料には消費税が含まれています。

ほかのコースを探す

同じ対象者で別のコースを探す

同じ対象者のコース一覧

同じテーマで別のコースを探す

導入・お見積りのご相談

ご希望のテーマやプログラムをご入力ください。

該当する地区の事業所へお問い合わせください。

個人での受講を検討されている方へ