総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

最適な学習ツール/レベルチェックリスト

レベルチェックリスト

アドバンス・ベーシックのどちらのコースがオススメかわかります。

SBCP通信研修(ネットチューターつき)は、通信研修+e-Learningスタイルで「ベーシック」、「アドバンス」の2つのレベルがあります。

「どちらのコースを受講した方が良いのか。」のお問い合わせを企業ご担当者あるいはご受講希望者よりいただくケースが多々あります。
そこで、以下にレベルチェック用のリストをご用意いたしました。ご希望コースのリストを打ち出していただき、トライしてみてください。

レベルチェックリスト

レベルチェック用のリスト

プロフィールエントリーシステム

ご受講者の学習背景や特性をつかみ、チュータリングの参考にするデータを作成します。


仕事内容や受講動機、学習目標等を入力していただきます。

これらの情報は、学習スタート後、ネットチューターによるOne to Oneの学習指導に活かされます。

    プロフィールエントリーシステム

    課 題

    歯ごたえのある課題に取り組むことで、真に考える力をアップさせます。

    課題の意味
    SBCPの課題は、簡単ではありません。
    しっかり頭で汗をかいて取り組んでいただく内容のものが中心です。まず、ケースを読み込んで問題状況を把握し、自分なりの仮説を立て、それを文章としてまとめていきます。ビジネスのケースですから、当然唯一絶対の正解はありません。それだけに、初めて取り組む方はどのように向き合えばいいか途方に暮れてしまうこともあるかもしれませんが、この課題をまとめ上げていく過程が受講者自身の血となり肉となっていくのです。

    ネットチューターからの指導
    出来上がった課題に対しては、ネットチューターが丁寧に読み込み、コメント指導をさせていただきます。なお、一部に、Webで採点を行う客観問題も含まれています。

    課題

    チュータリング

    ご受講者個々人の理解のレベル、特性に応じて、徹底した個別指導を行います。

    学習促進(チアリングメール)
    計画的に取り組んでいくつもりでも、予定外の仕事や所用でなかなか計画通りに学習に取り組めないことがあります。そのため、ネットチューターから適宜、学習進捗に応じて取り組み状況の確認メールを送らせていただきます。

    質問回答
    テキスト学習、リポート課題作成などで疑問に思ったこと、よく理解できないことは、Web画面のメールボックスを使って気軽にネットチューターに質問できます。
    どんなに小さな疑問であろうと、ネットチューターが親身になってとことんお付き合いしますので、納得するまで質問・回答を繰り返すことができます。

    添削指導
    学習の集大成として、ご受講者に課せられるのが「課題」です。
    ネットチューターは、個々のご受講者にあわせたOne to Oneの添削指導をいたします。
    そして、単に「課題」の評価に留まらず、今後の取り組みにおけるポイントなどについても個別にフィードバックさせていただきます。

      チュータリング


      ページ先頭へ

      • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
      • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
      • デジタルカタログはこちらから
      • 官公庁・自治体職員向け研修案内
      • 総合研究所 経営管理研究所