総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

【SANNOエグゼクティブマガジン】組織活性化のカギ~一人ひとりの「感情の質」を高める

SANNO Executive Magazine コラム【経営の視点】

組織活性化のイメージを明確にする

 組織の活性化(OD/Organization development)とはなんでしょうか。何をすることなのでしょうか。
 “活性化”という言葉自体、実に抽象度の高い言葉です。
 どうなったら組織が活性化されたと言えるのでしょうか。多くの組織は、この問に答えることができません。
 何においてもゴールのイメージが明確でないものが創造されることはないのです。もし創造されたとしても意図と違ったものになる可能性が高いでしょう。そのため、まずはどんな組織を創りたいのか、というゴールイメージを鮮明にする作業が必要です。
 それは簡単なことではないかもしれません。組織員が生計を得るためだけの組織なのか、それ以上の意味を持った組織を創るのか、という選択を迫られるかもしれません。

 どんな組織を目指すかによって、取り組みは異なります。
 退職やメンタルダウン、コンプライアンス問題が起きない程度の組織でよいのか、それとも社員がこの会社で良かったと、心から言ってくれるような組織を創りたいのか、期待レベルによって取り組みは異なるのです。

組織活性化のアプローチとツール

 実は組織の活性化自体は、それほど難しいことではありません。今日、組織活性化の理論や手法はある程度完成されており、多くのツールも用意されています(【図1】参照)。

【図1】組織活性化(OD)のアプローチ/ツール

【図1】組織活性化(OD)のアプローチ/ツール

(図は筆者による)

 上図の“コンテント”とは活動内容のことであり、“プロセス”とは、活動の際のコミュニケーションの取り方やチームプレーのあり方のことです。プロセスレベルが向上することで、コンテントレベルが向上するという前提の基、プロセスの質的向上を図るわけです。組織員同士の関係性を強化したり、コミュケーション力を高めることで、組織活動のプロセスは確実に向上します。
 またスキル教育だけでなく、一人ひとりがあり方・存在(BEING)を見直すことも必要です。
 自分のあり方に気づくことは、自身のチーム活動に対するあり方(BEING)を修正するきっかけとなります。人が真に行動(DOING)を変容するためには、自らによる気づきが重要だからです。

組織感情へのアプローチ

 本当に素晴らしい組織にしたいのであれば、組織員が仕事でやりがいを強く感じられる組織を創らねばなりません。やりがいとは、人間的な成長感や、自分の仕事を価値ある仕事と思える気持ち(重要感)のことです。
 仕事を通して人間的な成長を感じるとき、人は真の充実感を感じます。そして自分の仕事が誰かを幸せにしていると感じるとき、人は真の重要感を感じます。そのため、人は感謝されることに強い喜びを感じるのです。日々、感謝されながら仕事をしている人は、自分の仕事に誇りを感じ、仕事を天職のように感じているでしょう。

 社員満足度が本当に高い組織とは、人間的な成長感や本物の重要感を感じられる環境を組織員に提供している組織です。今日の組織は、成長感や重要感といった“組織員の感情面”に、もっとフォーカスを向ける必要があります。
 人が欲しいものとは感情であり、人の集合体である組織も同じなのです。組織の質とは感情の質であり、組織の活性化とは組織の感情の質を高めることに他ならないからです。

 組織感情の質を高めるためには、結局、一人ひとりの感情の質を高めることが必要になります。組織員一人ひとりが自身の感情の状態に気づき、自身の感情を高く維持することで、組織行動の質的向上が図られます(【図2】参照)。

【図2】組織感情の質的向上とは

【図2】組織感情の質的向上とは

 たとえばサービス業で、顧客に感動を創り出したいのであれば、スタッフ自身が感動を感じていなければなりません。人は自分に出来ない事を他人には出来ないからです。一体感のあるチームプレーが必要であれば、お互いの強みにフォーカスし、リスペクトし合っている“感情の状態”が必要になります。

 一言で言って、近年の組織活性化のアプローチは、“ポジティブアプローチ”です。現在、褒める風土創りを推進している組織が増加しているのはそのためです。怒られるよりも、褒められた方がエネルギーが高まります。
 人は苦痛を避けて、快感を求めて行動しているのです。人は楽しくない環境では、長期間、主体的に行動は出来ないのです。日本人は欧米のように褒める文化がありませんが、トレーニングによって褒める習慣を醸成することが可能です。

 どんなレベルで取り組むにしても、組織の活性化は技術を以って可能なのです。売上、利益といった財務的な成功だけでなく、社員の幸福、つまり成長感や重要感の享受を組織活動の目標とする組織が、世界的に増加しています。ボーダレス時代の今日、我が国でも、この傾向はさらに加速化していくことでしょう。


お問い合わせはこちらから

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録