あらゆるビジネスシーンで役に立つ!日商簿記検定 特集

日商簿記検定(1級/2級/3級)受験講座

経理や財務だけじゃない!ビジネスパーソン必須の会計・コスト知識が身につく検定

受験者数は年間50万人以上!誰でもチャレンジ可能

「日商簿記検定」は、日本商工会議所及び各地商工会議所で実施される簿記能力をはかるための検定試験です。

簿記とは、企業の経済活動のあらゆる情報を記録・計算することで業績と財政状態を顕在化させる技能を指し、経理関連の部署のみならず、あらゆるビジネスの場面で役立つ、ニーズの高いスキルといわれています。

簿記にまつわる検定の受験者数は年間50万人にのぼり、全国で大変多くの方がチャレンジする資格です。一方、試験対策の教材やツールも数多く提供されるため、どのように学習すればよいか迷いがちな資格でもあります。

どうして通信講座がいいの?

通信講座で学習する最も大きなメリットは、試験合格に必要な学習内容が一括セットで届くという点です。「どれを買えばいいのか…」と書店で迷う必要はありません。すでに最適化されたセット一式が自宅に届くため、無駄なく学習を始めることができます。

また、専門講師による添削指導を受けられるから、独学では不安になりがちな学習の定着度をしっかり確認できるのも魅力のひとつ。

あなたの学習スタイルに合わせて通信講座を柔軟に活用してください。

レベル別に選ぼう!日商簿記検定受験対策講座

簿記検定は、毎年6月、11月、2月の計3回実施されます。申し込み受付日時や申し込み方法は各商工会議所によって異なります。試験日の2カ月前になったら受験希望地の商工会議所まで問い合わせましょう。

日商簿記検定1級受験

日商簿記検定1級試験の合格に必要な実力を養います。2級検定試験科目である商業簿記、工業簿記をさらに深め、企業会計の視点や意思決定を伴う会計学まで学びます。


1級のレベル

  • 極めて高度な商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算を修得している
  • 会計基準や会社法、財務諸表等規則などの企業会計に関する法規を踏まえて、経営管理や経営分析を行うことができる
  • 合格すると税理士試験の受験資格が得られる

日商簿記1級合格をめざす方

日商簿記検定1級受験講座

受講料 37,400円(税込)
受講期間 8か月(在籍期間:16か月)

教材構成

  • テキスト 6冊
  • トレーニング 6冊
  • ライセンス・スクウェア
  • 演習(自己採点) 2回
  • 添削 8回

日商簿記検定2級受験

商業簿記および工業簿記の重要な論点をおさえ、練習問題に取り組むことで実力の定着を図ります。財務諸表や原価データを読みこなし、企業の経営状況を把握できるレベルの財務知識を身につけます。


2級のレベル

  • 経営管理に役立つ知識として、企業から最も重宝される資格
  • 高度な商業簿記・工業簿記(原価計算を含む)を修得している
  • 財務諸表の数字から経営内容を把握できる
  • 企業活動や会計実務を踏まえ適切な処理や分析を行うことができる

日商簿記2級合格をめざす方

日商簿記検定2級受験講座

受講料 23,100円(税込)
受講期間 4か月(在籍期間:8か月)

教材構成

  • テキスト 2冊
  • 問題集 2冊
  • 問題集 解答と解説 2冊
  • 本試験過去問(解答解説付き) 5回分
  • ライセンス・スクウェア
  • 添削 4回

日商簿記検定3級受験

財務を学ぶための基礎である簿記の基本的なしくみ、ルール、簿記一巡の流れを理解し、検定合格をめざします。


3級のレベル

  • あらゆる業種や職種にかかわらずビジネスパーソン必須の基本知識として、様々な企業から評価される
  • 基本的な商業簿記を修得し、小規模企業における企業活動や会計実務を踏まえ、経理関連書類の適切な処理を行うことができる

日商簿記3級合格をめざす方

日商簿記検定3級受験講座

受講料 20,900円(税込)
受講期間 3か月(在籍期間:6か月)

教材構成

  • テキスト 1冊
  • 問題集 1冊
  • 問題集 解答と解説 1冊
  • 本試験過去問題(解答解説付き) 5回分
  • 仕訳練習帳 1冊
  • ライセンス・スクウェア
  • 添削 3回

プロカレッジをオススメする4つのポイント♪

  • ❶ 検定公式テキストを使用
    大阪商工会議所の公式テキストだから、必要な知識がもれなく習得できます。巻末は索引付きで、豊富な単語情報をいつでも確認ができます。
  • ❷ 「ポイント集」は強い味方!
    産能大オリジナルの「ポイント集」。メインの学習教材として、頼りになります。持ち運びしやすいハンドブックサイズで、復習と知識定着に必須のアイテムです。
  • ❸ 模擬試験感覚のリポート課題で実践力を伸ばす
    形式や難易度、合格点も本試験に近いリポート課題は、模擬試験のような感覚です。形式や難易度、合格点も本試験に近いリポート課題は、模擬試験のような感覚です。
  • ❹ Web提出ならスピーディーに結果がわかる
    マークシート課題はWeb提出が可能。Eメールなら1-2日で成績が戻ります。

メンタルヘルス・マネジメント検定 通信講座の資料PDFがご覧になれます。

メールアドレスと簡単なご入力だけで、講座案内(PDF資料)をあなたのメールアドレス宛にお送りします。

日商簿記検定 通信講座 みんなの声

簿記について全く分からない状態から…
Oさん(10代男性 会社員 3級コース受講)

私は工業高校を卒業してすぐに就職したので、簿記というものがどういうものかも全く分からない状態でした。配属先が経理になったのが、このコース受講のきっかけでした。

そんな全くの初心者の私にもテキストは分かりやすく、図や絵などの解説があり理解しやすかったです。また、5回分の過去問題はとても役に立ちました。

1カ月くらいで課題を終え、過去問題を繰り返しやることで、不思議と自信がつきました。添削講師の方からのアドバイスを意識し、問題を解くことによって、今までできなかった問題も自然と解けるようになりました。

試験当日も落ち着いて受験することができ、無事合格できました。次は2級に挑戦しようと思い、2級受験コースを受講しています。3級のときと同様に何度も反復練習し、自信をつけて試験に挑みたいと思います。

2カ月で集中して行う形となり…
Hさん(40代女性 会社員 3級コース受講)

なかなか時間が取れず、ほぼ最後2カ月で集中して行う形となりました。

テキストを読んで練習問題を解く、の繰り返しで進めていきました。初めは用語が覚えられず、できるようになるか不安でしたが、テキストを進めるうちに分かりやすい内容に少しずつ慣れ、終えるころには問題を見ると自然に解くことができるようになっていました。

受講修了直後の試験に申し込むには少々悩みましたが、慣れるためにと思い切って申し込みました。解いたことのないような問題があり、周りの反応も難しかったようだったので、全く自信はなかったのですが、見事合格通知を受け取ることができました。

びっくりしましたが、受講も受験も最後まであきらめずやり遂げて本当によかったと思います。次は2級を目指してみようと思います。

無事、2級に合格しました。
Sさん(30代女性 会社員 2級コース受講)

このたび無事に日商簿記2級に合格しました。4カ月間の勉強は、土日を除く毎日1テーマを目標に、時間の空いたときにこつこつと行いました。

簿記の勉強は10年ぶりだったので、当初は基礎知識を忘れていて大変でしたが、回を重ねていくうちに次第に思い出し、2級の勉強を続けました。最後の1カ月は、教材の過去問題集をひたすら何度も解き続けることで、出題のポイントをつかむことができ、当日は焦ることなく問題を解くことができました。

添削問題の返信には、いつも励ましの言葉を頂き、過去問題を何度も解くことも勧められました。最初は市販の予想問題集を買うことも考えましたが、添削講師の方の言葉を信じ、過去問題をひたすら解くことで自信をつけ、当日に臨むことができました。

テキストもうまく解説されていますし、よいと思います。あとは、こつこつと問題を解き、己の力を信じることが合格への近道だと思います。

学生のときに理解できなかったところが理解できた
Tさん(20代男性 会社員 1級コース受講)

専門学校のときにも簿記1級をやっていましたが、いまひとつやっていることがピンと来ず、内容が理解できない箇所がいくつもあり、苦しみながら勉強していました。今回、会社の教育の一環で1級コースを受講してみて、学生のときに理解できなかったところが、実務を5年くらい経験したこともあり、「ああ、こういうことか」とすんなり理解できました。

商業簿記、会計はその都度やったことを忘れては読み返すという感じで、もう少し根気よく計画的に進められればよかったのですが、工業簿記、原価計算は「1カ月に1教材」と計画を立てて効率的に進めることができました。

この受講をきっかけに、さらに経理の知識を増やしていき、1級の検定試験にも挑戦して合格できるようになりたいと思います。

よくあるご質問 Q&A

いきなりⅡ種から受けても、大丈夫でしょうか?

自分の心のケアが出発点という意味では、Ⅲ種(セルフケア)から始めるのが理想ですが、Ⅱ種(ラインケア)とⅢ種では、内容が異なるので、職場の立場によっては、Ⅱ種からでもよいでしょう。

学習はいつから始めればよいでしょうか?

毎月1リポートを提出する標準的なペースだと、

Ⅰ種 … 6月頃から
Ⅱ種 … 3月試験→11月頃、11月試験→7月頃から
Ⅲ種 … 3月試験→12月頃、11月試験→8月頃から

となります。状況にあわせて考えてみてください。

テキストは、ボリュームも多く、読めば身につくというようなモノではなさそうです…

公式テキストには、豊富な情報が盛り込まれているため、読み込みにはそれなりの時間がかかります。
重要ポイントをまとめた本講座の「ポイント集」を活用した効率よい学習がお勧めです。

メンタルヘルス・マネジメント検定試験の概要を教えてください。

最新の試験に関する情報は、公式Webサイト をご覧ください。