1. プロカレッジTOP
  2. 特集・注目コラム
  3. 【注目コラム】インタビュー集
  4. 日商簿記2級受験対策道場 新規開講!~特別対談~(後編)

日商簿記2級受験対策道場 新規開講!~特別対談~(後編)

日商簿記2級受験対策道場 新規開講!

日商簿記検定は、これまで2,600万人以上の方々が受験した実績を持つ、社会的に高い信頼と評価を得ている検定試験です。
「今度こそ合格したい!」「改定の傾向をしっかりおさえて対策したい!」そんな方々のご要望にお応えして、産業能率大学プロカレッジではこの夏、第150回(2018年11月)と第151回(2019年2月)受験対応の特別講座「日商簿記検定2級受験対策道場」を新規開講します。
今回の対談では、資格講習会講師×産業能率大学講師が、簿記2級試験に合格するための学習アドバイスについて具体的にお話します。

依田資格講習会講師×村上兼任講師が学習のコツを解説!

  • 学校法人産業能率大学 資格講習会講師
    依田 朗裕講師
    税理士および社会保険労務士の有資格者。統計検定準1級合格。
    企業経理・総務を20年余り経験した後、講師として独立。「統計と会計を、感動するくらい分かりやすく」をモットーに、多くの受講生の支持を集めている。
  • 学校法人産業能率大学 総合研究所兼任講師
    村上 美智子講師
    ユニバーサルサービスなどの研修を担当する他、消費生活アドバイザーやインテリアコーディネーターなどの資格取得のための学習方法を提案する講義も担当している。

3か月の受験対策期間はアリ?

— 村上講師
この講座では受験対策期間を3か月に設定して学習を進めますが、これって「アリ」と思われますか?

— 依田講師
アリだと思いますよ。かつて僕が2級を受験したとき、追い込みをかけたのが本試験の1~2週間前でした。難易度が上がったことを考慮しても、逆算すると3か月がちょうど良いと思います。半年は長すぎて返って非効率かな。日商簿記2級試験は、毎回2~3割は合格しています。愚直にインプットとアウトプットをこなしていき、後はモチベーションを維持して取り組めば3か月でも、多くの人が合格できると思います。

言葉に負けない学習をしよう!

— 依田講師
簿記を苦手と思ってしまう人を見ていると、言葉(単語)に負けてしまっている傾向が多いなと感じます。そこでいつも提案しているのが「言葉の分解と本質の理解」!例えば「税効果会計」なら、「税法」と「会計」に分解して、その違いを理解してもらうことから始めています。

— 村上講師
「税効果会計」と聞くと難しく感じますが、「税法」と「会計」と聞くと、少し安心しそうです。

— 依田講師
次に本質の理解ですが、例えば「税効果会計」ってどんな風に本質を理解すれば良いと思いますか?
たとえば、企業は税金を支払う義務があるので、企業会計はどうしても税金の影響を受けてしまうものです。しかし会計、つまり企業の経営成績としての利益は、「本来どうあるべきか」を追求することにも本質があります。このように、2つの本質の側面を理解していくことが大事なんです。

— 村上講師
言葉を分解したり、分かりやすく言い換えたりすることで本質理解が深まり、得点力と実践力がついてくるわけですね。

— 依田講師
「本来はどういう数字(表)になるべきなのか?」を徹底するのがポイントですね。

「意識分けしたアウトプット」を繰り返そう!

— 依田講師
次に大事なのが「時間を置かないアウトプット」です。「ある程度理解してからアウトプットするべき」と考える人は案外多いけれど、よりスピード感をもって、理解したことをすぐにアウトプットした方が理解も深まると僕は思っています。
そして、次に時間を置いたアウトプットを繰り返すことで、さらに得点力を身に付けていく。「講義でインプット⇒時間を置かないアウトプット⇒時間を置いたアウトプット」。こうした意識分けしたアウトプットって大事だと思っています。これも講義でくわしく行う予定です。

— 村上講師
時間を置かないアウトプットは講義中に、時間を置いたアウトプットは宿題として持ち帰ってもらう予定ですよね。「講義⇒アウトプット⇒宿題⇒アウトプット」の繰り返し…。さらに大事にしていきたいのが「次の講義までに質問を持ち込む」ことだと思いますね。

大幅改定の今こそ、資格の再取得に意味がある!

— 依田講師
私は、簿記2級試験対策を教える講師として資格の再取得も奨めています。今のところ資格取得後の更新研修などはないんです。これだけ内容が変わって、より実践的に使えるようになっているのだから、過去に合格した人もチャレンジしてはどうでしょうか。一度、合格しているわけだから、ポイントも抑えられている。お得感が結構あると思いますよ。

— 村上講師
再チャレンジ、他の資格へのステップアップとして、様々な方にチャレンジして頂きたいですね。

通学講座のメリットを活かし、効果的な学習を!

— 村上講師
通学講座の強みは「質問の持ち込み」ができることです。毎回、講師に質問しやすい風土があり、しかも直接質問することで、その知識の前後左右の理解もできることは、2級合格のための大切なステップといえますね。講座の当日は、できるだけ早めに会場を開放して、質問できる時間を増やす予定です。

— 依田講師
通学講座のもう1つのメリットは、受験者同士の横のつながりができることです。

— 村上講師
例えば受験会場で一緒に学習してきた仲間の顔をみただけでホッとするという話も聞いています。通学講座ならではのエピソードですよね。

— 依田講師
3か月という期間ですが、受講者同士の横のつながりが構築できる手助けができると良いですね。

— 村上講師
産能大のメリットを活かしながら、皆さんの合格に向けた講座を一緒に創っていきましょう!

日商簿記2級受験対策道場 特集ページ

公開日:2018年09月06日(木)

日商簿記検定 特集

公開日:2018年09月06日(木)