1. プロカレッジTOP
  2. 特集・注目コラム
  3. 【注目コラム】コラム集:消費生活アドバイザー
  4. 学習のコツまとめvol.2「通信講座・過去問の取り組み方・通学講座のご案内」

学習のコツまとめvol.2「通信講座・過去問の取り組み方・通学講座のご案内」

竹内 夏奈

資格講習会講師が伝える学習方法

消費生活アドバイザー 竹内 夏奈

学校法人産業能率大学総合研究所
マーケティング部 マーケティングセンター
資格講習会講師


「消費生活アドバイザー」資格試験を受験される皆さん、学習は順調に進んでいますか?新年度になってお忙しい日々かと思いますが、ぜひ計画的に学習を進めてください。そろそろ受験要綱が(一財)日本産業協会のホームページで公開されます。試験の詳細を必ず確認しておきましょう。今回は通信講座の取り組み方、過去問題集の取り組み方、通学講座のご案内などをテーマにより具体的な学習方法をお伝えします。

「通信講座」の取り組み方

通信講座を受講中の皆さん、テキストの学習とリポートの提出は進んでいますか? リポートはテキストを全部読んだ後にまとめて提出するのではなく、1科目ずつ取り掛かるようにしましょう。テキストの学習とリポート提出、このサイクルを科目ごとになるべく早く回し、試験範囲の全体像を早いうちに押さえることがポイントです。

通信講座ではリポートを提出した後、しばらくすると添削結果が返ってきます。添削結果には設問ごとにコンパクトな解説がありますので、重要だと思う箇所、理解が浅いと感じる箇所は、その内容をテキストに書き込んでください。そして、添削結果の書き込みを終えた後は、そのテキストを通読しましょう。

最初は分からなかった箇所も、リポートへの取り組みや添削結果の書き込みを通してある程度理解できていますから、スムーズに読み進められると思います。ここまで学習が進むと、「基礎力養成期」も終わり、次のステップへと進めます。

「過去問題」の取り組み方

通信講座のテキスト学習とリポート提出が終わったら、いよいよ「実力養成期」に入ります。このステップでは、過去問題に取り組むとよいでしょう。毎年合格者にお話を聞くと、多くの方々が「過去問題集」を活用されています。試験の出題傾向を知り、問題のレベルを実感するためにも過去問題集が参考になります。過去問題集の活用ポイントとしては、次の3つをあげたいと思います。

① 複数年度分を学習する

試験の傾向を把握するためには、3年から4年分の過去問題に取り組むとよいでしょう。消費生活アドバイザー試験は、科目によっては1問や2問しか出題されないこともあります。複数年度分を解くことで、そうした試験科目ごとの傾向も把握することができます。

② 学習は科目ごとに進める

過去問題は年度ごとではなく、科目ごとに取り組みましょう。科目ごとに数年分を通して取り組むほうが、同じような出題があるかどうかなど、傾向を把握しやすくなります。

③ 時事問題や難問は注意が必要

消費生活アドバイザーの試験では、時事問題や難問が含まれることがあります。例えば「○○年○○白書」などの調査データをもとにした時事問題の場合は、直近の同じ調査データを確認し、情報を最新のものへとアップデートしていく方法をとってください。そして、難問やイレギュラー問題については、あまり深入りをする必要はありません。

「通学講座」のご案内

毎年5月頃から、全科目を網羅するような長期の通学講座が始まります。独学では理解が難しい場合や、学習スケジュールをコントロールしたい方などは活用されるとよいでしょう。詳しくは、本学総合研究所ホームページ『プロカレッジ』や『消費生活アドバイザー試験対策マガジン』でご確認ください。