総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

Q:TRIZ を組織的に活用する時どのような手段が考えられますか?

A:研修、コンサルティング、ワークショップセミナー等を活用すると効果的です。
能力開発を目的とした研修は、3 日間程度の TRIZ 基本理論と簡単なケーススタディによる演習を行うものです。
一度に 20 名位教育できるので多くの方に TRIZ を学習させるには効率的です。
ワークショップセミナーは、企業の現実の自社課題を扱いながら、TRIZ の問題解決プロセスを体験学習できるので、実践的です。
成果の創出とともにメンバーの能力開発( TRIZ 問題解決スキルの習得)も目指します。
研修とワークショップセミナーは、どちらもパソコンを使用して進めて行きますが、取り組む技術テーマが本学が用意したものか、実際の課題を扱うかという点が大きな違いと言えましょう。
コンサルティングは、成果の創出を目的として実施するもので、課題の性質によっては TRIZ だけでなく、他の手法の適用を行う場合もあります。
成果を出すためにもっとも効果的と考えられる手順・手法を適用し行うのがコンサルティングです。
本学の TRIZ コンサルティングは、ファシリテイトコンサルティングという、企業のメンバーとともにプロジェクトを構成して進めていくプロジェクト指導の方法を採っています。
コンサルティングのプロセスを企業のメンバーの方と共有化することで、手順・手法のブラックボックスを作らず、コンサルティング終了後も貴社メンバーにおけるプロセスの再現性を高めることをねらいとしています。

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー

他のコンテンツを見る

SANNOが大切にしている活動スタンス
理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
人材育成・研修 用語集
人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。