総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

匠シリーズ 物流技術を極める

  • eTextあり
  • コンピュータ採点型

コースコード

A6C0

受講料

17,280

受講期間

2か月

在籍期間

4か月

導入のポイント

受講対象は、現場において作業の管理・監督を行う方々を中心としますが、「包装」「輸・配送」「荷役・保管」といった具体的な作業の基礎知識を取り上げるため、卸売業、流通業などの管理者、監督者クラスの方々にも役立つ内容です。「物流の仕事がわかる」コースと組み合わせて受講いただくことで、物流部門の基礎教育ツールとして活用いただけます。

主な対象者

物流管理部門の担当者、物流現場の中堅~管理者、監督者、その他業界・他部門の管理者、監督者

ねらい

■物流システムを構成する主要な要素について、基礎的な知識を習得し、改善のポイントを学びます。
■物流情報システムの基本と、構築上の留意点を業務別に詳しく学びます。
■全体最適の視点から、業務の根本的な仕組みの改善によって、効率化とコスト低減を実現する手法を学びます。

特色

■「包装」「輪・配送」「荷役・保管」といった現場の実務に即した、基本的な物流技術の知識と併せて、物流とITとの関わりについても学習します。

教材構成

●テキスト 2冊
●添削 2回 (Web提出可)
【eTextあり】
テキストは、eText(電子書籍)での閲覧も可能です。

カリキュラム

01
物流の基本機能

1.包装
・包装の目的と開発
・包装の改善と適正化
2.輸・配送
・各種輸送手段の特性
・輸・配送の合理化に向けて
3.荷役と保管
・荷役と保管の基本概念
・荷役の機械化と保管設備 ほか

02
情報システムと物流の改善

【第1部】情報システム
1.情報システムの基礎
2.物流とIT
3.物流情報システムの設計
4.業務別物流情報システム
【第2部】物流改善の基礎
5.物流改善のねらい
6.課題発見の手段
7.課題分析の手法
8.物流改善の手法

特記事項

※本コースと「物流の仕事がわかる」の2コースを3年以内に修了された方は、(公社)日本ロジスティクスシステム協会が開催する「物流技術管理士補資格認定コース」を受講でき、修了後は同協会から物流技術管理士補の資格が授与されます。(対象者にご案内をお届けします。)

  • カリキュラム・教材・受講料等は一部変更になることがあります。
  • 受講料には消費税が含まれています。
  • 「給」は「教育訓練給付制度」指定コースです。なお、本制度のしくみや対象コースは年度途中でも予告なく変更になる場合があります。
メールによるお問い合わせ
ご要望があれば、本学アドバイザーがご説明に伺います。
お問い合わせ
電話によるお問い合わせ
該当する地区の事業拠点へお問い合わせ下さい。

ページ先頭へ

関連情報

JF&匠シリーズ
職務遂行能力を最大化させるための2つのコース体系です。
  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • 通信研修デジタルカタログはこちら
  • 公開セミナーデジタルカタログはこちら
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー