総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

匠シリーズ 価値向上のためのVEの基本

  • コンピュータ採点型

コースコード

A9N0

受講料

20,520

受講期間

2か月

在籍期間

4か月

導入のポイント

製造、技術開発、設計、生産技術などの仕事を担当されている方への基礎教育カリキュラムとして最適なコースです。VE(バリューエンジニアリング:価値工学)の基本を押さえ、製品の付加価値向上やコストダウンを推進するための基本的な方法論や考え方をマスターするコースです。VE活動への取り組みを検討されている方々への入門プログラムとしてもおすすめします。

主な対象者

製造、技術開発、設計、生産技術などの仕事を担当されている方、および、VE(バリュー・エンジニアリング)に関する基本事項を体系的に学びたい方

ねらい

■VE活動の基本的な考え方や進め方を学び、その意義や重要性について理解します。
■VE活動を進めるためのVEジョブプランや基本ステップの内容を具体的に学びます。
■製品を例にVEを適用し、VEの実践方法についての理解を深めます。

特色

■VEに関する基本事項を体系的に学ぶため、はじめて学習する方でも無理なく理解することができます。
■製品への適用事例では、VE活動におけるポイントが具体的に解説されているため、VEを実際の仕事の中にイメージできるようになります。

教材構成

●テキスト 2冊
●添削 2回 (Web提出可)

カリキュラム

01
VEの考え方・進め方

1.VEの必要性とその発展経緯
・VEの必要性
・VEの生い立ちと発展経緯
2.VEの考え方
・VEの定義とその目的
・VEの方法論
・VEの適用対象と適用段階
・VEの基本原則と13のテクニック
・VEと情報
3.VE活動の進め方
・VE活動の全体プロセス
・VE実施手順の概要
・提案
・VE活動のあり方
4.VE活動の導入と定着化
・VE活動の導入
・VE活動の定着化

02
VEの実践プロセス

1.機能を定義する
・機能定義の概要
・VE対象の情報収集
・機能の定義
・機能の整理
2.機能を評価する
・機能評価の概要
・機能別コスト分析
・機能の評価
・対象分野の選定
3.代替案を作成する
・代替案作成の概要
・アイデア発想
・概略評価
・具体化
・詳細評価
4.代替案を実施する
・提案
・代替案の実施

特記事項

※本コースを修了されると(社)日本バリュー・エンジニアリング協会が実施する「VEリーダー認定試験」の受験資格要件を満たすことができます。

  • カリキュラム・教材・受講料等は一部変更になることがあります。
  • 受講料には消費税が含まれています。
  • 「給」は「教育訓練給付制度」指定コースです。なお、本制度のしくみや対象コースは年度途中でも予告なく変更になる場合があります。
メールによるお問い合わせ
ご要望があれば、本学アドバイザーがご説明に伺います。
お問い合わせ
電話によるお問い合わせ
該当する地区の事業拠点へお問い合わせ下さい。

ページ先頭へ

関連情報

JF&匠シリーズ
職務遂行能力を最大化させるための2つのコース体系です。
  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから