総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

ゆとり世代の育て方-今、あらためてOJTを考える-【連載コラム】

新入社員育成・成功のプロセス

新入社員育成では、プロ人材への成長に向けた組織人としての基盤づくりをステップを踏んで取り組むことが重要です。産業能率大学では、「内定者」「新入社員(新人)」「若手社員」と段階を区切り、各段階での育成課題に基づき、最適なソリューションをご提案します。

【第1回】最近の新入社員の傾向・特徴とは?

「職場でOJTを実施してはいるが、形骸化してしまっている」
「新入社員にどう接すれば良いのか分からない」
「自分たちと全く異なる価値観をもつ若手を、どのようにして育てたらよいのだろうか?」
…皆さんの職場でも、こうした問題はありませんか?

企業・組織における人材育成の三本柱として、「Off-JT(集合研修)※」「OJT※」「自己啓発」が挙げられますが、中でもOJTは人材育成の最も重要な手段として位置づけられています。
しかし、『ウチの会社のOJTはうまくいっている』というケースは、残念ながらほとんど耳にすることがありません。これは一体、なぜなのでしょうか?

本コラムでは、「なぜ、OJTがうまくいかないのか?」「どうすれば、OJTがうまくいくのか?」「そのために、どんな教育が必要なのか?」といった、OJTにまつわる素朴な疑問について皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

まず第一回では、OJTの受け手である『最近の新入社員の傾向・特徴』について取り上げたいと思います。

    瀧澤 琢哉(タキザワ タクヤ) 学校法人産業能率大学 総合研究所 普及推進部

    Off-JT(=Off the Job Training):仕事を離れた場で行う能力開発、いわゆる「集合研修」をさしてこのように呼ぶことが多い。
    OJT(=On the Job Training):仕事を通じた能力開発、本学ではOJTを『上司や上級者など(OJTリーダー)が部下や後輩(メンバー)に対し、日常の業務を通して、その業務に必要な能力を意図的・重点的・計画的に習得させる教育手段』と定義しています。

    古(いにしえ)からくり返される、“最近の若い奴らは…”論争

    最近の若い奴らときたらまったく、礼儀というものを知らない!”“こんな奴らに将来を任せられるのか?”
    こうした嘆きの声は、一説によると古代エジプト王朝の出土物の中にも書かれていたらしく、大げさに言えば人類の歴史が始まって以来くり返されている問題であるとも言えそうです。

    しかし、そもそも赤の他人を完全に理解することなどできるはずが無いのですから、ある意味“OJTがうまくいかない”というのは当たり前のことなのかも知れません。

    だとすれば、私たちに求められるのはまず、“『OJT』という何か魔法のような手段があって、たちどころに新入社員を戦力化することができる”というような幻想を捨て、“(100点満点は取れないにしても)どうすれば、今よりももっとうまくOJTを進めることができるようになるのか?”と真摯に問う姿勢を持ち続けることなのではないでしょうか。

    OJTがうまくいかないのを若手のせいにするだけでは結局何も解決せず、古(いにしえ)から続く不毛な論争から抜け出すことは難しいでしょう。

    最近の新入社員の傾向・特徴とは?

    では、いわゆる“ゆとり世代”とも呼ばれる最近の新入社員は、どのような傾向や特徴を持っているのでしょうか?
    公益財団法人日本生産性本部の発表によると、今年(平成25年度)の新入社員のタイプは『ロボット掃除機型』で、“段差(プレッシャー)に弱く、能力を発揮させるには環境整備(職場のフォローや丁寧な育成)が必要”とのことです。

    本学でも、企業・組織の人材育成担当者に新入社員の傾向や特徴をヒアリングしていますが、そこでは次のような声が多く聞かれました。

    • “受身で言われたことしかしない。工夫がない”
    • “失敗することを極端に恐れる”
    • “他責の傾向が強い。自分が認められないと、すぐ周りのせいにする”
    • “自分と異なる世代のメンバーとのコミュニケーションが苦手”

    しかし、新入社員がこれらの傾向や特徴を持つに至った背景には、必ず何らかの原因があるはずです。今どきの新入社員は“色々な問題がある”のではなく、様々な外部環境要因に“適応”した結果として、これらの傾向や特徴を持つに至ったと考える方が、むしろ自然ではないでしょうか。

    そして、その主な要因として、次のような状況が浮かび上がってきました。

    ゆとり世代が育ってきた環境

    おわりに:職場では今、何が起こっているのか?

    では、このような傾向・特徴を持った新入社員を受け入れ、育成する職場では、今どのような問題が起こっているのでしょうか?
    次回は、なぜOJTがうまくいかないのか?その原因を組織側の観点から探っていきたいと思います。

    各テーマをクリックすると、内容ページへ遷移します

    連載 テーマ 公開日
    第1回 最近の新入社員の傾向・特徴とは? 2013年11月5日(火)
    第2回 なぜ、OJTがうまくいかないのか? 2013年11月18日(月)
    第3回 どうすれば、OJTがうまくいくのか? 2013年12月2日(月)
    第4回 OJTを機能させるためのポイントとは? 2013年12月16日(月)

    ページ先頭へ

    • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
    • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
    • 経営・人材育成に役立つメールマガジン
    • SANNO エグゼクティブマガジン(コラム【経営の視点】)
    • マナビバサンノー
    • TRIZ
    • 人材育成支援に関する助成金関連情報のご案内

    他のコンテンツを見る

    SANNOが大切にしている活動スタンス
    理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
    人材育成・研修 用語集
    人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。