総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

「心理学における主観的幸福感」~幸福感を向上させるための工夫~【Hapinnovation Lab Letter Vol.4】

「心理学における主観的幸福感」 ~「幸福感を向上させるための工夫」~

Hapinnovation Lab(ハピノベーション・ラヴ)のベイタ博士とハピノ研究員が、
皆さまからいただく様々な質問に答えていきます。連載第4回目はどのような展開になるか?!


ベイタ博士


さて、今回は、心理学における幸福の扱いと、ハピノベーション・ラヴ皆勤賞のシュガーさんの質問である「幸福感を向上させるための工夫」について説明をすることにしよう。

そうそう、シュガーさんは教育担当だったのう!やはり、受講者である社員の笑顔を見たいのじゃろう。また、これまで1人で課を切り盛りする忙しい中でも欠かさず研究会に出てきてくれて、頭の下がる思いじゃ。
最近になって部下ができたということじゃが、余裕ができるというよりも、より一層充実した教育の実現に向けて、ますます忙しくなるのではないかちょっと心配じゃ。

    シュガー


    ベイタ博士、ご心配ありがとうございます。
    けれど、私にとってハピノベーション・ラブは、ちょっと特別な存在なのです。なんとかして参加したいと思うと、いつもより仕事が捗(はかど)りますし、いつものメンバーに会えると思うだけで、幸福感が高まります。
    この感覚を日常の生活の中でもっと持てたら、私自身もっと楽しく仕事ができると思います。また、この感覚を皆さんに持っていただくことが、教育担当者としての私の仕事のひとつではないかとも考えています。

      ベイタ博士


      そうじゃのう…。
      では、シュガーさんのいう「幸福感が高まる感覚」という話をする前に、人がどのように幸福感を感ずるのかを「心理学」の研究から紐解き、そのうえで幸福感を高める工夫について考えてみることにしようかの。
      うん、ここはハピノにお願いしよう!

        ハピノ研究員


        はい、ベイタ博士。では、なるべく簡単にご紹介することにします。

        まず、心理学という学問についてのお話をさせていただきましょう。
        心理学とは、人の心を実証的に研究する学問です。人の心にはいろいろな不思議があります。
        たとえば、人はずいぶん前のことは覚えているのに、昨日の晩ご飯に何を食べたか忘れてしまう、あるいは通勤で使っているいつもの坂道が、疲れているときには険しい山のように見えてしまう…、本当に人間って不思議ですね。
        人が感ずる・理解するという心のメカニズムには不思議が満載されているのです。この心のメカニズムが心理学の研究対象です。
        心のメカニズムなんていうと、ちょっと難しく感じてしまうかしら。

        少し、簡単に説明してみましょう。
        私たちは、「レモン」という言葉を聞くと、視覚の記憶から「黄色」「丸い」、味覚の記憶から「酸っぱい」、臭覚の記憶から「芳香」、触覚の記憶から「冷たい」「ざらざら」などの連想が生じます。人間の五感から得られた記憶が刺激されることで感覚が生じます。それを観念と呼びますが、これらの観念が結合して「レモン」という認識が成立します。心理学は、このように人間の心の動きのメカニズムを探る学問なのです。

        心理学は哲学から派生した学問として非常に古い歴史を持っていますので「何が幸せか」、「誰が幸せか」、「どうすれば幸せになれるか」というテーマについて、さまざまな実証データが蓄積されていても不思議はありません。
        しかし、残念なことに心理学では、長い間「幸せを感ずるメカニズム」は、研究に値する対象と考えられていなかったのです。それは、近代的な科学としての心理学は、1920年代から1940年代にかけて行動主義という考え方が支配的であり、客観的行動として捉えられる現象しか研究対象としないという極端な科学思想が強かったのです。ですから主観的な概念の代表とも言える幸福感は、心理学者が扱うべき概念ではないと考えられていたようです。
        しかし、時が移り、徐々に行動主義の考え方が弱まり、人がどのように外界の事柄を受け入れるのか、感ずるのかという「認知」の研究の重要性が認識されるように至ってから、感情や幸福感や愛といった主観的な概念が、徐々に研究対象としても認められるようになってきたのです。これは1980年代のことだと言われています。この時期を契機に、幸福に関する実証研究が心理学の中では一挙に拡大したというわけです。そういう意味では、心理学における幸福の研究は30年程度の歴史しかないということもできます。

        また、心理学は、心のメカニズムを解明することで、心の病の治療という重大な社会的な使命を持っています。しかし、治療によって心の病が治ったとしても、それは幸福になったということではありません。
        そこで、普通の人々がより幸せになるためにはどうしたらよいかということについても、心理学で取りあげる必要があるという主張が持ち上がりました。これが心理学における幸福の研究を加速させることになったといってよいだろうと思います。

        セリグマン(※1)といううつ病の研究をされている学者が、心の病を研究されていたからこそ、より積極的に幸福ということへのアプローチが必要であると考えたのだろうと思います。そのための新しい方向性として、ポジティブ心理学を提唱したのです。
        セリグマンの主張を非常に簡単に申し上げるならば、自分のネガティブな側面よりも、ポジティブな側面(自分にそもそも備わっている「強み」)に注目し、「何がそれを伸ばし」、「何がそれを疎外するのか」、「ポジティブな状態が起こる原因は何か」ということにアプローチすることが幸福感を高めるためにより重要であると言っています。

        少し長くなってしまいましたね…。
        さて、ここからは、シュガーさんのご質問である「幸福感を向上させるための工夫」ということについて考えてまいりたいと思います。
        ベイタ博士からお願いできますか。

          ベイタ博士


          心理学では、文化や運、結婚とさまざまな角度から幸福が研究されているが、ここでは職場にもっとも馴染みやすい「人との関係」に焦点を置いたものを紹介しよう。

          自分自身の幸福感に、さまざまなことが影響を与えていることは、誰しも当たり前のこととして感じているわけじゃが、心理学では、そこを理論にするためのさまざまな研究をしているわけじゃ。ディナー(※2)とセリグマンは、幸福感と人との関係という視点からの研究をしている。

          彼らの研究結果によると、「他者と親密な関係性を築いている人は、幸福度が高い」ということじゃ。具体的には「一人で過ごす時間が比較的少ない」、「誰かといる時間が多い」、「関係性の評価が自己・他者共に高い」という関係性があるようじゃ。
          また、ビュイトナー(※3)等の沖縄の百歳人(センテナリアン)の調査も興味深い。1996年に世界保健機関が「世界一の長寿地域」として指定した沖縄県大宜味村(おおぎみそん)の長寿の秘密を解き明かす研究の中で、「人とつながる、家族を最優先にする」といった他者との関係性があげられておるのう。

            ハピノ研究員


            ベイタ博士、そういえばフレドリクソン(※4)の研究も参考になりますね。
            9.11のテロ事件の前に、ポジティブ感情のレベルが高く測定された人は、事件後に精神的な立ち直りが早かったことを報告しています。
            同じ悲しみや不安のネガティブ感情を体験していても、自分の周りの大切な人とのつながりに、愛情・感謝・喜びといったポジティブ感情を感じていた人は、うつ病やPTSDに到るネガティブ思考と感情の下降スパイラルに陥ることを防げたということから、ポジティブ感情の有効性が分かりました。

              ベイタ博士


              そうなんじゃな。
              ポジティブ感情を高めることは、幸福感向上に大いに効果がある。代表的なポジティブ感情とは、愛情・喜び・感謝・希望・興味・鼓舞・愉快・畏敬・誇り・安らぎと言われている。
              また、大変興味深いのが感謝の効果じゃ。感謝という感情は、助け合いの行為、道徳的行為、利他的行為が促進され、他人との比較や嫉妬・羡望の感情を減少させ、他者とのつながりの感覚を増すことができることで、より関係性が深まるということなのじゃ。

                シュガー


                では、私がすぐに出来ることとして、さまざまな事柄に感謝をする習慣をつけることなのですね。今でも感謝の念がないわけではありませんが、なかなか面と向かって言うのは照れくさかったり、多くのことを当たり前と感じ、感謝が足りない自分も感じます。

                感謝という感情を高めるためにはどうすればよいのでしょうか?

                  ベイタ博士

                  シュガーさんは素直じゃのう。
                  そうじゃ、やはり意識して感謝することをせんと、感謝できなくなってしまうんじゃ。多くのことを当たり前としてしまうのが人の持つ順応という傾向なのじゃな。気をつけんといかんのう、お互いに…。

                  そうそう、順応ということで思い出したが、「満喫する」ことも幸福感を向上させると言われている。やはり日常の中で、周囲のことに無関心になってしまっていることが非常に多いじゃろ。たとえば通勤時の風景などその典型じゃな。しかし、そういう見慣れた風景を満喫してみるのじゃ。そこには新しい発見があったりし、新たな喜びを感ずることにつながるのじゃな。

                  いかんいかん、すぐに話がそれるのう。感謝という感情を高めるための方法じゃったなぁ。
                  たとえば、手紙を書いてみるのはどうじゃ?過去に何か大変な時期に自分を支援してくれた人などに感謝の気持ちを伝える手紙を書いて渡してみるのはどうじゃ?
                  その際には、その人が「どんな親切を行い、好意ある態度を示してくれたか」、その結果「どんな好影響を自分と自分の仕事や人生に与えてくれたか」、「その人がいなければ、現在の自分がどう変わっていたか」などを思い起こして感謝の気持ちを込めてみてはどうじゃろ。  

                  また、日記をつけるのも効果的じゃな。毎日、1つでよいから感謝や満喫を書き綴るんじゃ。これは非常に効果的じゃよ。感謝や周囲への感受性を高めてくれる。
                  実はもうひとつ秘策があるんじゃ…。それは、飲み会で何気なく「何かへの感謝」「満喫体験」を話題にするのじゃ、これは非常に仲間の意識を高めるし、相互に肯定的な集団作りにも役立つ。どうじゃ、やってみんかね、シュガーさん。

                    シュガー


                    早速やってみます。ぜひ、手紙にしてみたいと思います。
                    あと…、飲み会…、お酒の席も重要ですね。セブンさんやメイさんがお酒の席を絶対に欠席しない理由が分かってきたような気がします(笑)。
                    また、感謝も満喫も日々続けるということが大切だということでしたね!幸福感の向上の仕方がなんとなくわかってきた気がします。

                      ベイタ博士


                      それは 良かった!少しはシュガーさんの助けとなったかな…。

                      さて、次回は「経営学における幸福」をテーマにしたいと考えておる。
                      ハピノよ!知っておるかな、経営学に「幸福」という言葉はないそうだよ!

                        ※1マーティン・セリグマン博士 ペンシルベンア大学心理学教授。アメリカ心理学会 元会長
                        ※2エド・ディーナー博士イリノイ大学心理学教授。ドクター・ハピネスとして知られ、アメリカで幸福度について35年間以上研究。
                        ※3ダン・ビュイトナー著 ブルーゾーン『世界の100歳人(センテナリアン)に学ぶ 健康と長寿のルール』
                        ※4バーバラ・フレドリクシン著『ポジティブな人だけがうまくいく3:1の法則』


                        ※本コラムに関するお問い合わせにつきましてはこちらまでお寄せください。
                         「お問い合わせ内容」欄に『Hapinnovation Lab Letterについて』と入力のうえ、お問合せください。

                        ページ先頭へ

                        • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
                        • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
                        • デジタルカタログはこちらから
                        • 官公庁・自治体職員向け研修案内
                        • 総合研究所 経営管理研究所
                        • グローバルマネジメント研究所
                        • サンノーWebサポート
                        • SuperGrace Web成績管理システム
                        • マナビバサンノー
                        • sannoメール登録

                        他のコンテンツを見る

                        SANNOが大切にしている活動スタンス
                        理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
                        人材育成・研修 用語集
                        人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。