総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

「主観的幸福感を構成する項目」【Hapinnovation Lab Letter Vol.3】

主観的幸福感を構成する項目

Hapinnovation Lab(ハピノベーション・ラヴ)のベイタ博士とハピノ研究員が、
皆さまからいただく様々な質問に答えていきます。連載第3回目はどのような展開になるか?!


ベイタ博士


さて、今回のテーマは、前回のメイさんの疑問と、007(ダブルオーセブン)通のセブン君の興味を合わせて「主観的幸福感を構成する項目」というテーマでお話をすることにしよう。

    メイ


    うぁ~嬉しいわ~2回も登場できると思っていなかったから・・・、疑問を言ってみるものね!
    ところで今回のテーマに「幸福」の前に「主観的」とついているのはなぜかしら?

      セブン


      私の問題意識もメイさんと重なるところがあります。メイさんとご一緒できて光栄です。
      この間、メイさんと始めてご一緒しましたが、メイさんの飲みっぷりの良さに男惚れしました。あんなにハイボールをおいしそうに飲む女性は初めてです。素敵ですね。あっどうもうもすいません。横道にそれてしまいました。

      最近、私がもっとも知りたいのが、「人の幸福感が何によって決まるか」ということなのです。なぜ、こんなことに興味を持っているかというと、人事を預かっている以上、社員の幸福ということを考えることは何よりも大切なことと考えています・・・ちょっと、格好つけすぎですね、、、。

      最近、何かの本で読んだのですが、幸福度のインタビュー調査を『綺麗なオフィスでやる場合』と、『汚いオフィスでやる場合』、その回答に違いが出るというようなことが書いてありました。

      当然、綺麗なオフィスでのインタビューの方が全般に回答が良い傾向を示すということでした。つまり、「どんなオフィスで働いているか」によって、結構、幸福感に関する回答が影響を受けるのだと、その時、感じたのです。やっぱり、綺麗なオフィスがいいですよね。

        ベイタ博士


        さすがセブン君じゃ。感性が高いのう。また、オフィスのことに、殊のほか興味を持っている様子じゃのう。実は、この心理学実験には、もう少し続きがあるので補足しておこう!

        このインタビューの質問事項では、本人が住んでいる「住居についての満足度」も聞いているのじゃが、面白いことに、『汚いオフィス』でインタビューをした人たちの方が、『綺麗なオフィス』でインタビューをした人より満足度が高いという傾向がでたのじゃ。

        これは、まぁ予想がつくと思うが、汚いオフィスで自分の住居について考えた人は、このオフィスに比べたら自分のアパートは捨てたものでないと思い、奇麗なオフィスで考えた人は、自分のアパートの惨状を思い知らされ、自分のアパートにあまり満足していないという評価を下したのであろう。

        つまり、判断を下す状況が、自分の住居を評価する際の比較基準になったということなのじゃな。うん、少し説明が足りんのう。

        ハピノよ、このあたりの話をもう少し正確に伝えてくれんかな。

          ハピノ研究員


          はい、ではベイタ博士のされた『大よその話』を、誤解が生じないように解説しましょう。

          この実験は、心理学者のストラックとシュワルツが行なったものです。この実験結果から彼らが主張したのは、「幸福感の判断は、偶然の外的な出来事に多大な影響を受ける」ということです。

          つまり、幸福感の判断というものには、その時々の状況が大なり小なり影響を与えるのです。その結果、幸福感というのは客観的に測れるものではないということから、測定にあたっては「主観的幸福度」という呼び方をするわけです。

          ちなみに、幸福度の主観を構成する代表的な要因(これは逆に幸福感の客観性を損なう要因として理解できます)として以下の4つが指摘されています。

          (1)回答時の心理状況・・・
               どんな気分の時に回答したのか? 
          (2)周囲と過去の自分との相対的な水準・・・
               何と比較して回答したのか?
          (3)社会的な出来事(ニュース)や景気状況の影響・・・
               回答時の社会や経済ニュースの影響
          (4)身内の冠婚葬祭や自分を含めた周囲の出来事など・・・
               回答時の偶発的出来事

          余計なことかもしれませんが、旧来の経済学が幸福度を研究の対象範囲からはずした理由は、この主観の影響が避けられないからであると考えてよいと思います。

            セブン


            確かに、幸福感というものは個人が感ずるものですから、いちいち納得します。
            しかし、主観的と言っても、それはそれなりにある程度の類型化ができると思うのですが・・・。

            たとえば、家族構成などの個人の属性なども幸福感に一定の影響を与えているようにも思います。大家族の方が小家族よりも幸福感が高いというような話はないのでしょうか?

            私のイメージでは、サザエさん的家庭が幸福度の高いシンボルなのですが・・・。

              ハピノ研究員


              はい、一定の類型化は可能であると思います。
              では、最初に客観的な個人属性により幸福度についてご説明しましょう。

              主観的幸福感に影響を与える個人属性の代表的なものとしては、「性別・年齢・仕事・婚姻」などがあげられます。
              性別では、総じて女性の幸福度の方が男性より高いという傾向があります。
              年齢では、若年から高齢の間で幸福度はグラフにするとU字形を描くと言われています。40歳くらいの幸福度が最も低いようです。
              仕事では、「職があるかどうか」、これがきわめて大事なことのようです。ある程度の所得が保証されていても、職のあるなしが主観的幸福感に大きく影響するという実験結果が出ています。
              また、婚姻は、それだけで幸福ということではありませんが、幸福度に大きな影響を与えます。

              しかし、セブンさんは不思議な人ですね。
              007とサザエさんの両方に造詣が深い方は、そんなにいませんよね・・・。失礼しました、話を元に戻します。
              007が好きなセブンさんが、サザエさんの家族団らんシーンに幸せを感ずるというのは、やはり幸福感というのは文化と無関係ではないことを示していると考えてください。この文化というものは、決して一国だけではなく、地域の精神文化として考えた方がよいようです。

              韓国の延世大学のソ・ウングック教授の調査によると、アジア地域、特に韓国や日本の地域には、幸福の総量は一生で決まっているという考え方があり、そのために、幸福を感ずることに抑制的になる傾向があるようです。一方で、そのような考え方がない米国では、幸福を感ずることそのものをオープンに楽しむ傾向があるようです。

              つまり、セブンさんがサザエさんを幸福の1つのシンボルとして感ずるのは、サザエさんを幸福と感ずる精神文化の影響を受けているから・・・と言わざるを得ないように思います。

              つまり、幸福感は、幸福を感ずる状況と共に、個人が持つ属性や属している文化などと無関係ではないと言って良いだろうと考えています。その意味で、日本人的な主観的幸福感という類型化が可能ということになります。

                ベイタ博士


                そうじゃ。実は生まれた時から本能的に感ずる幸福感というものもあるが、育つなかで生成されていく幸福感というものがあり、これには個人属性や文化属性が色濃く影響しているということなのじゃ。
                カリフォルニア大学のリュボマースキー教授等の調査によると、幸福度は50%が先天的要因、10%が環境要因、そして自発的要因を40%としている。

                つまりは50%が状況や個人属性、そして属している文化の影響を受けているということになるのじゃな。遺伝気質も間接的にはこのような影響とは無関係とはいえないだろうな。

                  幸福度を形成する要因

                  セブン


                  先生、だんだんと分かってきたような気がします。
                  主観的幸福感を構成する項目には何があるのか・・・ということよりも、どのようにしてそれらが構成されているのかということこそ大切なんですね。
                  そういう視点こそ、グローバルな時代に必要なものであるように思います。

                    ベイタ博士


                    さすが、セブン君は根っこを理解しようとするその姿勢が魅力じゃのう。我々も見習わなくてはいかんな。
                    ただ、今日は、主観的幸福感の構成要素がテーマじゃから、ここで終わるわけにはいかんな。もう少し説明させてもらおうかの。

                    主観的幸福感に関する現時点の通説は、(1)社会状況、(2)所得、(3)仕事、(4)身体的健康、(5)精神的疾患、(6)社会的関係、という6項目で構成されるといわれておる。

                    ただ、これはかなりの大きな構成要因であり、これだけではピンとこないところもあるじゃろう。つまり、これを、もう少し細かくみていく必要があるわけじゃ。細かくみていくときに、主観的幸福感をどのような角度から分けていくのかということが肝心なんじゃ。

                    そこで、次から何回かに分けて、心理学、脳科学、そして社会学などの異なった分析の観点から、説明してみようと思う。

                    どうじゃ、ハピノ、準備は出来るかのう?

                      ハピノ研究員


                      では、次回は心理学からの主観的幸福感についてのお話ということにしましょう。



                        ※本コラムに関するお問い合わせにつきましてはこちらまでお寄せください。
                         「お問い合わせ内容」欄に『Hapinnovation Lab Letterについて』と入力のうえ、お問合せください。

                        ページ先頭へ

                        • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
                        • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
                        • デジタルカタログはこちらから
                        • 官公庁・自治体職員向け研修案内
                        • 総合研究所 経営管理研究所
                        • グローバルマネジメント研究所
                        • サンノーWebサポート
                        • SuperGrace Web成績管理システム
                        • マナビバサンノー
                        • sannoメール登録

                        他のコンテンツを見る

                        SANNOが大切にしている活動スタンス
                        理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
                        人材育成・研修 用語集
                        人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。