総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

「日本人は幸福度が本当に低いのか」~幸福と経済の関係~【Hapinnovation Lab Letter Vol.2】

「日本人は幸福度が本当に低いのか」~幸福と経済の関係~

Hapinnovation Lab(ハピノベーション・ラヴ)のベイタ博士とハピノ研究員が、
皆さまからいただく様々な質問に答えていきます。連載第2回目はどのような展開になるか?!


ベイタ博士


さて、今回のテーマは、ハピノベーションラヴ一番の酒豪という噂のメイさんが興味を持っている「日本人の幸福度」ということをテーマにしたいのじゃが・・・。

    メイ


    そうよ、ちょっと失礼よね!幸福度の調査で、何で日本がこんなに幸福度の低い国民にされなくされなくちゃいけないのかしら?

    私は、仕事でニューヨーク・ミラノ・ロンドン・ボンベイ・タイペイに住んだけど、日本人の幸福度が低いという結果には、納得いかないのよ・・・。

      ベイタ博士


      それじゃあ、まずハピノから、メイさんが言った幸福度の調査についての解説をしてもらおうかの。

        ハピノ研究員


        では「国際的に実施された幸福度調査」についてご紹介させていただくことで日本人の幸福度に関する傾向をご説明しましょう。

        以下に幸福度調査の代表的なものをご紹介します。

          国際比較ができる幸福度調査

          (1)経済協力開発機構(OECD)が実施する「より良い暮らし指標 (Better Life Index) 」。2012年実施 
          日本は、36ケ国中21位。
          (2)エラスムス大学の幸福度調査(オランダ。World Database of Happinessを用いた調査)。2011年実施 
          日本は、調査国中46位。
          (3)フォーブス誌が2010年に発表したギャラップ社の2005~2009年の幸福度調査。
          日本は、調査国中81位。
          (4)ミシガン大学社会調査研究所による幸福度調査。2008年実施 
          日本は、調査国中43位。
          (5)英国レスター大学の社会心理分析の幸福度調査。2006年実施 
          日本は、調査国中90位。
          (6)世界価値観調査協会による世界価値観調査(World Value Survey)。
          2000年の幸福度の平均値は60カ国中35位。
          各調査の詳細はこちら からご覧いただけます。(PDFファイルが開きます)
          表示されない場合は、ページ下部にあるボタンから「Adobe Reader」をご使用のパソコンへインストールしてください。

          いかがでしょうか?
          文化的背景の違いなどもあるため、順位だけで日本の幸福度が高い、あるいは低いということを判断することはできません。また、短絡的に結論を出してはならない事柄だと私は考えています。

          そうは言いましても、メイさんの気持ちも分かります。メイさんが悔しがっているのは、これらの調査結果は、日本人は幸福度が高いとは言えない点にあるのだろうと思います。

          メイ


          そうなの、それが悔しいのっ!

          私達の父や母の世代は、身を粉にして働き、日本を世界有数の経済大国にしてくれたの・・・。そして、私達に勤勉さという美徳を伝えてくれたの!

          その結果、私達の所得水準は確かに高いはずよね。また、世界を渡り歩いてきた私にとって、日本は、治安上の心配も無いし、教育水準も高いし、凄く一生懸命働くと感ずることがとても多いの。

          平均寿命だって世界トップよねぇ。
          それなのになぜ幸福度が低いのかしら?実感にまったくあわないのよ!

            ハピノ研究員


            メイさんは、情熱と冷静な分析が同居している人ですね。少し言葉を足させてください。

            このような調査というのは、調査したい対象を何個かの要因に分け、それを合成し総合的な順位を出しています。
            たとえば、前出のOECDのBetter Life Indexでは、幸福度を住宅・収入・雇用等々の11分野、そして分野の中に複数の指標を設け、合計22指標で幸福度を算出しています。

            今、メイさんの指摘されたものは、OECDの調査では確かに上位に入っているものばかりです。平均寿命、殺人事件発生率・暴行事件発生率、学生能力、世帯金融資産などは、世界でもトップレベルにあります。
            しかし、自己申告健康度は36位、ワークライフバランスを構成する自由時間と長時間労働者割合は35位、住宅設備31位、生活満足度27位となってしまっています。

            つまり、幸福度というのは、幸福度を構成すると考えられている複数の指標を合成して出している数値であり、その結果、日本人の幸福感は必ずしも高くないという調査結果になっているのです。

              メイ


              ちょっと考えさせられちゃうわねぇ。

              私は、もっと経済力、つまり所得というものが幸福度に強い影響力を持っていると思っていたのだけど・・・。

                ベイタ博士


                確かに、高度成長期という時代は、物質的・経済的豊かさを追い求めることで、人々は幸福になるという前提で皆が一生懸命になったわけじゃ。
                だからして、日本人の中に幸福と所得には強い相関があると考えても無理からぬところがあるんじゃな。

                幸福と経済の関係についての知見は、幸福というものを考えていくうえで欠くべからざるものなので、もう少し丁寧な解説を加えておこうかのう・・・。

                  ハピノ研究員


                  では、私から。
                  経済成長が人々の幸せに結びついていないというのは、日本だけではなく、先進国全般に言えることなのです。先進国では、確かに物質的・経済的な豊かさは満たされましたが、決して幸福感が高まったわけではありません。

                  たとえば、私達の日本では、戦後大きく経済力を伸ばし、所得も大きく伸びています。しかし、生活への満足水準はそれほど上がっていないのです。

                  このような現象について、1974年に南カリフォルニア大学で経済学を教えるイースターリン教授(Richard A. Easterlin)が、幸福度と所得との関係について以下のような説明を行いました。

                    「国内だけで見ると、所得と幸福度の間には正の相関が認められる。
                    しかし、国際間の比較では、国の所得水準と幸福度の間には相関が認められない」

                    これが「幸福のパラドクス」とか「イースターリンのパラドクス」と呼ばれているものです。

                    メイ


                    そう言われると、周囲を見渡しても、確かに、お金持ちだから幸福ですねと簡単には言えないわね。
                    その逆もあるし・・・。

                      ベイタ博士


                      個人の実感でも“所得が多ければ多いほど幸福である”とはならんのじゃ。
                      このあたりに人が感ずる幸福感についてのカラクリが潜んでいるんじゃ。
                      なので、もう少し詳しく幸福のパラドクスについて話しておこう。

                      今、研究者の間で幸福のパラドクスの解釈の通説となっているのは、以下通りじゃ。

                        第1要因:生活水準が向上すると、人は、水準ではなく、どのような生活の仕方をしているのかという質的側面に興味を向かせ、生活水準による幸福感の割合が減少する。
                        第2要因:所得満足度は、相対基準によって感ずる。絶対基準が存在しないために、主に身近な人との所得差によって感ずる傾向が強い。
                        第3要因:人は、満足水準が徐々に向上する傾向を持っており、従来と同じ水準では幸福感を感ずることができなくなる。

                        どうじゃろうメイさん。少し理解は深まったかな?

                        メイ


                        はい、幸福度というのは、所得あるいは経済も影響するのだけど、それは非常に限定的な範囲でしかないということですね。それは十分理解できます。

                        けれど、経済的なことだけではないとすると、他にどんなことが影響しているのか、それを知りたくなりました。

                          ベイタ博士


                          さすがメイさんはポジティブじゃのう、良いことじゃ。

                          では、次回は、「主観的幸福感を構成する主な項目」ということを考えてみようかのう・・・。
                          メイさんの疑問にも答えられるし、確かセブン君も興味を持っていたテーマじゃな。



                            ※本コラムに関するお問い合わせにつきましてはこちらまでお寄せください。
                             「お問い合わせ内容」欄に『Hapinnovation Lab Letterについて』と入力のうえ、お問合せください。

                            Adobe Readeのダウンロードはこちらから

                            Get ADOBE READERPDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
                            Adobe Readerはこちらからダウンロードできます。

                            ページ先頭へ

                            • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
                            • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
                            • デジタルカタログはこちらから
                            • 官公庁・自治体職員向け研修案内
                            • 総合研究所 経営管理研究所
                            • グローバルマネジメント研究所
                            • サンノーWebサポート
                            • SuperGrace Web成績管理システム
                            • マナビバサンノー
                            • sannoメール登録

                            他のコンテンツを見る

                            SANNOが大切にしている活動スタンス
                            理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
                            人材育成・研修 用語集
                            人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。