総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

【事例紹介】三菱重工業株式会社 グローバル人材と“志”をもった人材の育成強化

三菱重工は1884年創立。以来、産業全般の礎を築き続け、その製品分野は現在、家庭用エアコンから産業機器、船舶、発電設備から宇宙ロケットまで、およそ700品目に及びます。

古い歴史をもつ同社は、戦後の財閥解体で地域別に3分割された後、1964年に再合併しました。その名残から、各地の事業所が強い権限がありましたが、2011年4月、組織の抜本的な改革を実施しました。

経済のグローバル化や新興国の台頭など、事業環境の変化に対応するため、事業本部に権限と責任を集中し、意思決定のスピードを速め、企業としての全体的な戦略を重視した組織への変更を図りました。

    三菱重工業株式会社 人事部 次長 原田 庸一郎 様

    半世紀越しの課題とされた改革によって、人事部は、どのような変化を遂げようとしているのでしょうか。また、組織改変にともなう人材マネジメントのあり方とは-。

    人事部次長として、人材の育成に携わる、原田庸一郎氏に話をお伺いしました。

    三菱重工業株式会社 会社概要

    巨大組織に横ぐしを刺し 意思決定のスピードを加速

    2011年春に、弊社は半世紀ぶりの抜本的な組織改革を行い、事業本部制と事業所制の2本立てで行ってきた従来の組織運営を改め、事業本部制に一本化しました。

    コーポレート部門は、本社と各事業所の機能を合わせ、全社コーポレート部門として一体運営を行います。これにより、社としての総合力発揮に向けて、全社の戦略立案とガバナンス機能の強化、さらには事業支援機能の強化と間接業務の効率化を図っていくことになりました。

    私は本社に異動する前まで、長崎造船所で総務部長として人材育成に携わってきましたが、正直、本社の意思決定のスピードには少々違和感もありました(苦笑)。ですので、長崎造船所時代から率先垂範で社内外のネットワークと自らのフットワークの軽さを活かして、環境変化へのスピードに対応していこうと努めてきました。

    そして本社人事部へ来てから、まず取り組んだのは、グローバル人材育成の体系づくりです。

    各事業所から中核となるメンバーを集めてプロジェクトを立ち上げました。また、ベンチマーク企業へヒアリングを行うなど外部の情報収集にも余念なく取り組みました。
    その結果、グローバルへの対応力を強化していくためには、若手を中心に早期から幅広い層へ研修を実施するとともに、語学教育の考え方の見直しが必要であると認識しました。

    今年度から、下記の『グローバル人材育成ロードマップ』に基づき研修を展開中です。

    かつての人事・労務部門は歴史的に「会社の規則が、ルールがこうだから」と対応しがちでしたが、現在は「どうしたらできるか」という視点で、こちらからも仕掛けていくよう心がけていますね。

    本社人事部の大きな役割は、各事業部門をサポートすることですが、事業部門が自分たちではなかなか気づかない部分については、こちらから積極的に働きかけていく。その両方があって初めて、人事部が他の部門から頼られる存在になれると思っています。

    社員教育においてはこれまで通り、基本的に各地域に実施を任せています。
    役職者研修やコンプライアンスなど必須のテーマは本社主導の統一したものになりますが、それ以外については、地域によって盛り込む内容は違ってくるのです。

    どうすれば受講者のモチベーションを高められるかも含めて、徹底的に考え抜いた上で、トライ&エラーで実践してもらい、結果的にいいものは全社で共有する体制にしていきたいと思います。

    社員一人ひとりが“志”を持って仕事に取組む姿勢を作りたい

    今後は、グローバルな人材の育成と同時に、社員の“志”を高めるようなことをしていきたいと考えています。

    これは長崎造船所で特に力を入れて取組んでいたことですが、社是やCIステートメントとは別に、個々人が、“仕事のあり方はどうあるべきか”を、各自の志をもって仕事に取組めるような人材を育てていきたいですね。

    ただし、私の方から「これが志だ」とは言いません。

    なぜなら志というものは「何が大事か」という軸を自分の心中にもつことです。私は、仕事をしていく上でそういうベースを持っていることが大事だと考えていますので、社員自身にも何が大事かを常に考えながら仕事を含め人生と向き合ってもらいたいと伝えています。

      三菱重工業株式会社 人事部 次長 原田 庸一郎 様

      また、弊社では熟練技能の伝承の場として『技能塾』を設けていますが、ここで大切なのは、単に「やった」ということではなく、受講した人間と教えた人間同士が成果・成長を感じられること。教わる側には将来の可能性を信じてもらい、教える側も受講者が成長している達成感を得られるようにしています。

      異業種交流の重要性と部長級の管理者に対する教育への課題

      企業にとってよいことをするには、自分一人の頭の中だけではなかなか独創的なものは出てきませんから、社内はもとより、異業種の方々と問題意識を共有したり、アイデアをだしあったりと対話していくことも重要です。

      私もかねてから他社との交流は緊密にさせていただいていました。これまで弊社は、教育はもちろん、なんでも社内でやろうという傾向が強かったのですが、現在は、異業種も含めて様々な企業や機関と協業しながらやっていこうという考えに変わってきています。研修にしても、自社の社内研修に他社の方が入ってもらいたいし、他社の研修に当社の社員を参加させたいと思っています。

      また、教育といわれると斜に構える人がいますね。受け身で受講する姿勢を、どうやって能動的にするか、テクニカルな部分も含めて、プログラムをサプライジングで感動を与えられるものにすることも必要です。

      自分のやってきたことに自負心があり、経験があればあるほど、自分が変わることに抵抗を覚える人もいる。その考えをアイスブレイクするためには、魅力的なプログラム設計が重要です。

      三菱重工業株式会社 人事部 次長 原田 庸一郎 様

      単純に、自分たちが雲の上の人だと感じるような、世間でも著名な経営者の方にお話をしてもらうのもいいでしょうし、あるいは、自分たちとは全然違う職業の方に話題を提供してもらってもよいと思います。
      ただし、異業種の方のお話を、単に違う世界の人の話として聞き流してしまわないように、自分の仕事に置き換えて考えられるようにモチベートする工夫も必要です。

      人材育成に関しては、絶対に型通りのものにはしたくないと思っています。その上で、マーケティングやコーチングなど専門技術を要するものは、外部の講師にお任せして、効果的に人材の育成を進めていきたいと考えています。

        今後も弊社の社員に対する教育の重要性がより増していくように、トライ&エラーの精神で、自分自身も含めてブラッシュアップしていきたいと考えています。

        「三菱重工業の社員教育」と「産能大公開セミナー」の関わり

        「企業は人なり」の考えに基づいた社員教育の基本方針

        「三菱重工」は、企業の成長と発展は、究極的には社員の資質いかんに左右されるとの考えから、社員教育に力を入れています。事務・技術職系と技能職系の2本柱で段階的に教育を実施し、管理職層からは全社共通で行い、社員の能力の伸長を図っています。

        そして基本的には、管理・監督者の日常業務に即して行うOJTを中心としながら、そこでは補いきれない内容を、外部機関に協力依頼しています。
        これにあたっては、必要な時間数やもっとも効果的な方法によって行うことを目的とし、2007年から、管理職を初めとした研修に産業能率大学の公開セミナーを利用しています。

        教育体系

        部長クラスを対象にした研修に寄せられた声

        「経営塾」はマネジメント層の研修の中で、管理職3級(課長・次長級)1年目の全員を対象に、各機関の公開セミナーへ派遣するものです。

        これまで学んできた知識の整理、および異業種交流を目的として、毎年100名程度を派遣しています。その派遣先の一つとして選定されている産業能率大学の「部長実践研修」に参加した社員からは、アンケートで以下のような声があがっています。

        • 「経営・経営学について伝統的な考え方と最新の考え方が紹介され興味深い」
        • 「講師は最新の先進企業情報を豊富にもち、具体的な事例を交えた説明で理解しやすかった」
        • 「漠然とイメージしていた部長層の役割について客観的に知ることができ、意識を高めることができた」

        また、講義の内容に効果を覚えるだけでなく「他社、他業界の方との交流によって、自らの業務を認識し直すよい機会となった」と、多くの社員が感じています。

        また、このような感想も寄せられています。
        「講義内容、課題などのボリュームと研修期間のバランスが適切」
        「時間が過ぎるのが非常に早く、充実した研修だった」

        教育に必要な“感動”を与えられる研修内容

        これまで、自身も社員の教育に対して熱心に携わってきた原田次長は「どんな教育も“感動”を与えられなくてはダメだと考えます」と語っています。
        その点において、産業能率大学の研修では、さまざまな角度から感動を与えられるような試行錯誤が見られます。

        宿泊型のセミナーでは講義内容そのものに加えて、2泊3日という期間を共にすることで、濃密な対話が促進され、参加者は大きな刺激を受けています。信頼関係を築くことによって、研修の質的向上も図れますが、それ以上に研修後も個人レベルで交流を図り、継続的に自らの業務に活かしているケースも少なくないようです。

        教育は広く経営管理、人事管理の一環であるとの基本方針を掲げる三菱重工。

        その一環として、産業能率大学の研修を活用することで、より高い視点・広い視野と高い経営スキルを保有する役職者の育成を図っているのです。

        コース紹介/三菱重工業様が利用している「部長実践」をご紹介

        部長実践研修概要

        経営戦略を推進し、部門目標を効果的に達成する“業績向上のリーダー”を育てます

        これからの部門管理者は“鋭い経営感覚”を!

        部長は、部門の業績向上の最高責任者であると同時に、鋭い経営感覚を持った戦略立案・推進の担い手でなければなりません。

        特に低成長下では部門長への期待 が高まっています。
        トップが掲げる経営方針や変革ビジョンを受けて経営戦略を立案する際には、内外の環境変化を見据えた資源分析、事業構造の見直しや組織戦略、人材育成戦略、資源投資戦略などを総合的に組み立てていく必要があります。

        本セミナーでは、上級管理者に不可欠なトータルな経営感覚を高めるとともに効果的な部門目標達成の技術を、ビジネスゲームや事例研究、理解促進討議法等を通じて体得していきます。

          研修の基本枠組

          研修のねらい

          1.組織上での立場・役割を認識し、経営管理の基本コンセプトをつかむと共に部門目標達成に必要な“目標による管理”の展開技術を習得する。
          2.部門長に必要な経営感覚や戦略マインド、計数感覚を高める。
          3.経営戦略に必要な目標形成力、意思決定力、情報分析力などを強化する。

          研修プログラム

          1日目

          開始:13:00
          終了:19:00
          1.オリエンテーション
            ・研修の目的  ・会社(部門状況)の紹介
          2.部門管理者に期待される役割
            ・企業をとりまく環境の変化   ・経営ビジョンと戦略
            ・経営管理とは  ・部門管理者に期待される能力
          3.マネジメントの基本コンセプトの確認
            ・マネジメントの領域  ・基本コンセプトと行動基準
            ・管理行動の明確化  ・設問討議
          2日目

          開始:09:00
          終了:19:00
          4.マネジメントサイクルと部門目標の達成(目標による管理の展開)
            ・目標による管理とは何か  ・目標、方針、計画
            ・目標による管理のサイクルと具体的展開
          5.事例から学ぶ目標達成
            ・目標設定~達成のプロセス~評価における留意点
            ・部門間調整演習
          6.経営戦略と部門活動
            ・組織活動と戦略 ・意思決定の重要性
            ・財務諸表の見方
          7.経営計画と財務諸表の作成(経営戦略シミュレーション) ~計画と意思決定~
          8.〈導入期〉演習
          9.〈成長期〉演習

          (情報交換会)

          3日目

          開始:09:00
          終了:15:00
          (経営戦略シミュレーション・つづき)
          10.〈成熟期〉演習
          11.経営戦略の分析と評価
            ・経営のふりかえり  ・戦略に影響する要因
            ・会社の強み・弱み  ・トータルマネジメント
          12.まとめ
            ・リーダーシップの発揮を

          ※本コラムに関しますご意見・ご感想はこちらまでお寄せください。

          人材開発・企業事例集 進呈中(無料)

          様々な人材育成課題に応じた企業各社の取り組みを掲載しています。

          まずは資料をご請求ください

          詳しいご案内資料を無料でお送りいたします。

          ページ先頭へ

          • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
          • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
          • デジタルカタログはこちらから
          • 官公庁・自治体職員向け研修案内
          • 総合研究所 経営管理研究所
          • グローバルマネジメント研究所
          • サンノーWebサポート
          • SuperGrace Web成績管理システム
          • マナビバサンノー
          • sannoメール登録

          他のコンテンツを見る

          SANNOが大切にしている活動スタンス
          理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
          人材育成・研修 用語集
          人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。