総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

「公的成功」 【第5回 “~ビジネスに活かす~「7つの習慣(R)」”とは?】

【コラム】~ビジネスに活かす~「7つの習慣(R)」とは|【通信研修】~ビジネスに活かす~「7つの習慣(R)」

第5回 「公的成功」

「7つの習慣」の基本的な考え方についてご紹介する最終回は、「公的成功」についてです。

公的成功とは

第一の習慣から第三の習慣までは、「自立するための習慣」でしたが、自立だけが人生のゴールではありません。
企業組織でも、地域社会でも、家庭でも、周囲の人たちと影響を与えあい、相乗効果を発揮することによって、相互依存関係を築き、自分一人では成しえなかったような大きな成果を周囲の人たちとともに実現することが、ひとつのゴールであり、成功といえます。
このような成功を、「7つの習慣」では「公的成功(Public Victory)」と言っています。

私的成功は、自分の中だけの話であり、「私」のパラダイムです。
これに対して、公的成功は、周囲の人との相互依存の話であり、「私たち」というパラダイムです。

公的成功は、第四の習慣から第六の習慣を身につけることで実現していきます。
では、それらをオーバービューしていきましょう。

第四の習慣   Win-Winを考える

第四の習慣は、「Win-Winを考える」です。

私たちの周りでは、常に競争があります。
しかし、その中で、勝ち負けばかりを考えていては、ビジネスも人間関係も、長い目で見れば成功しません。相手を蹴落とすのではなく、相手を尊重し、相手と共に満足できる方法を探れば、双方が勝者になれるのです。

常に、Win-Winを考え、それがどうしても無理なら、No deal(取引しない、白紙に戻す)ことが、長期的にはお互いにとって望ましいと言えます。また状況等が変われば、Win-Winにできる可能性が残るからです。

相手を尊重するときに大事なのは、信頼関係です。信頼関係は、毎日の地道な努力を積み重ねることによって醸成されます。

第五の習慣   理解してから理解される

第五の習慣は、「理解してから理解される」です。

相手を尊重し、相手とWin-Winの関係を実現するためには、相手をよく理解することから始まります。

あなたは相手が話し終える前に、話し始めてはいませんか?
話を聞きながら、次にどう話そうかと準備をしていませんか?
それは、相手の話をよく聞いていることになるのでしょうか?

それでは相手は、なかなか理解されたとは感じてくれないでしょう。そんな相手が、あなたのことを理解しようとしてくれるでしょうか。
相手をまず理解しようとすることで、初めて相手もあなたを理解してくれるのです。

第六の習慣   相乗効果を発揮する

第六の習慣は、「相乗効果を発揮する」です。

相乗効果とは、1+1が3かそれ以上になることです。
異なる考え方がぶつかって、新たにできる案は、妥協案ではなく、相手と自分の相違点を克服した第三案です。相手の相違点は、「障害」ではなく、第三案を生むための「機会」なのです。
相違点が大きければ大きいほど、Win-Winとなる創造的な第三案が生み出された時の相乗効果は大きくなります。相乗効果を得るためには、Win-Winの考え方を理解し、相手を理解して理解し合うことが前提となるので、第四の習慣と第五の習慣を身につけておくことが必要となるのです。

もうひとつ、「第七の習慣」があります。これは、私的成功と公的成功を含めた全体に関わる習慣です。

第七の習慣   刃を研ぐ

私的成功、公的成功を継続し、さらに進化させるためには、たえず学び、磨き続けることが必要です。

第七の習慣は、「肉体」「知性」「社会・情緒」「精神」の刃を研ぎ続けることです。
蒔いた種の分しか刈り取ることはできません。インプットした分だけ、アウトプットできるのです。
学び、決意し、実行するといったサイクルを螺旋状に積み上げていくことで、自分自身を再新再生(リフレッシュ)していくことができます。


以上、「7つの習慣」のエッセンスを5回にわたって、ごく簡単にご紹介してきました。
しかし、「7つの習慣」には、実際にはまだまだ様々な内容があり、非常に奥が深いものです。
以前に学習された方ならお分かりと思いますが、一度学習しても何年かしてまた学習し直すと、自分の成長によって、また感じ方が変わり、新たな発見や気付きがいくつも出てくるものなのです。
ぜひ、この通信研修で「7つの習慣」を学習され、仕事ばかりでなく、あなたの人生そのものを、豊かで実り多いものにしてください!

「7つの習慣」等は、フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社の登録商標です。


<本コラムに関するお問い合わせ先>
学校法人 産業能率大学 セルフラーニングシステム開発部
TEL:03-3704-9112
FAX:03-3704-9452
※9:00~17:30(土日祝日を除く)

シリーズ:“~ビジネスに活かす~「7つの習慣(R)」”とは?

  • 第5回 公的成功

【コラム】~ビジネスに活かす~「7つの習慣(R)」とは|【通信研修】~ビジネスに活かす~「7つの習慣(R)」