総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

生産管理部門の業務効率化

課題例

・生産管理部門の業務を効率化し、労働時間を削減することが求められている。
・生産管理担当者の業務を改善し、付加価値のある仕事にシフトさせたい。
・生産管理の仕組みやプロセスを見直し、コスト削減を行いたい。

ソリューションのポイントと進め方

 取組みにあたっては、下記の7点を原則として定期的に会合を実施した。

ポイント1 積極的に現状を否定し、創造的な取り組みを行う。

ポイント2 現状とあるべき姿のギャップを常に認識し、大きな成果が得られる活動を目指す。

ポイント3 機能的な見方を基準に固定観念を打破し、ムダを排除した価値ある仕事を創造する。

ポイント4 機能的な観点から、業務の付加価値最大化を追求する。

ポイント5 生産管理業務の仕組みや方法は、システムやプロセスを構成する7つの要素を基本に、詳細に問題を把握し、モレ・偏りなく効率化の方向を検討する。

ポイント6 機会損失発生項目、管理損失発生項目の見方から現状業務の問題点を顕在化し、そのミニマム化を志向することにより、最良の仕組みを追及する。

ポイント7 改善方向は問題構造を明らかにし、真因を追究して検討する。

ソリューションの進め方

取組みの成果

 業務効率化チームとコンサルタントとの粘り強い協働により、下記の成果が得られた。

・日程管理、時間管理等の技術、行動が徹底されるようになった。

・時間外労働の総時間数が削減された。

・マネジメント諸制度の設計定着化の促進が図られた。

・安定的な業績と、工場の収益向上につながった。


 結果として、経営トップの期待に沿った意識、行動の変革が徹底された。


関連ページ

生産・技術系社員のための通信研修

生産・技術系の各種通信研修コースをご紹介しています。

公開セミナー 生産・技術系関連コース(年間開催予定)

公開セミナー年間日程をご紹介しています。

コンサルタント・研修講師のご紹介

高度な専門性を持つエキスパート集団が、組織および個人の直面する課題の解決をサポートいたします。

その他の事例はこちら

「生産機能の強化」に関連した他の事例もご紹介しています。


【関連資料】 無料進呈いたします。

テクノロジーマネジメント研究報 (A4・全121頁)
今後の製造業の経営環境を見据えて、現場の技術者の皆様にお考えいただきたいこと、あるいは知っていただきたいことを、本学研究員が問題提起しています。抜粋版(PDFファイル) はこちらからご覧いただけます。
技術管理者の課題認識調査報告書
従業員数1000人以上の企業に勤める研究開発、製造、生産技術など技術系の管理職(課長および部長)に対して、課題認識を尋ねる調査を実施しました。自社との比較、経営者層の課題認識との比較にもご活用ください。

↓↓コンサルティングに関するご相談はこちらから。まずは気軽にお問い合わせください。↓↓

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録