総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

【事例紹介】グラクソ・スミスクラインのミッションに貢献するための学び

グラクソ・スミスクライン株式会社様では、2011年に新たな研修体系を策定し、社員の成長を支援するために、さまざまな研修プログラムを体系化しました。
本学の公開セミナーも有効活用いただいているその概要について、採用研修部長の菊地貴雄様にお伺いしました。

    グラクソ・スミスクライン株式会社 ロゴ


    グラクソ・スミスクライン株式会社 プロフィール

    GSK Japanの設立10周年を記念しロゴを作成しました。

    1.経営方針

    グラクソ・スミスクラインは、研究に基盤を置き世界をリードする、医薬品およびヘルスケア企業であり、人々が心身ともに健康でより充実して長生きできるよう、生活の質の向上に全力を尽くすことを企業使命としています。
    本社はイギリスで、グラクソ・スミスクライン株式会社はその日本法人です。

    世界の医薬品市場は、売上高第1位アメリカ、第2位日本ですが、経済状況の変化に伴い新興国での伸びが注目されています。変化に対応し、人々のニーズに応じた新製品の開発をこれからも進めたいと考えています。

    日本では医療用医薬品、一般用医薬品、オーラルケア製品の研究開発、輸入、製造、販売を行っています。医療用医薬品では呼吸器領域、中枢神経領域のリーディングカンパニーとして、近年は新たにがん領域の製品やワクチンの領域に本格的に参入しました。
    2010年4月には医療ニーズが明らかに存在したにも関わらず顧みられることの少なかった稀少疾患のための治療薬の開発を積極的に取り組むための稀少疾患医薬品開発センターを設立し、治療薬を待ち望んでいる皆さまに1日も早くお届けできるよう活動を開始しました。 

    新製品は世界の他地域と一緒に開発するなど、グローバルカンパニーとしての利点を活かしながら、今後も人々に革新的な医薬品を届け続けていきます。

    また、一般用医薬品では「コンタック」(風邪薬、鼻炎薬、鎮咳去痰薬)や、オーラルケア製品では「シュミテクト」や「アクアフレッシュ」などがあり、多くのご家庭で愛用されています。

    人々の“生きる喜びを、もっと”に少しでも貢献できるよう、一人ひとりの社員が変革のスピードをあげ、能力開発に積極的に取り組み、そして当社の日常活動を通し人々から信頼を得たいと考えています。
    そのためには、社員の一人ひとりが社会と人々に貢献する意志を持ち、自分の能力を更に高め、仲間とともに会社を貢献の場に作り上げていきたいと考えます。

      グラクソ・スミスクライン株式会社 ロゴ&ミッション

      社会人の学びはそのほとんどが仕事を通じたものと言われていますが、自分の幅を広げたり能力を深めたりするためには、新たに知識やスキルを得ることも大切です。
      当社は、会社が目指すミッション、ビジョン、価値観なども大切にしていますので、社員同士が話し合うワークショップからも大いに学びがあると考えています。

      社員の成長を支援するために、従来の研修体系を見直し、2011年に新たなLearning Structureを発表しました。プログラムは社員の成長に合わせて多岐なニーズにこたえられることを目指し、本社主導のグローバルプログラムと日本独自のプログラムを用意しています。

      内容はミッション価値観などについて話し合うワークショップや、役割に応じたプログラムの他、新たに若手社員向けのキャリア研修国内外ビジネススクールへの派遣制度などを導入しました。また社員の自主的な取り組みを促し、学び合う風土を醸成するための、自己啓発プログラムの充実を図りました。 

      3.Learning Structure(研修体系図)

      4.公開セミナーの位置づけ、意義

      当社社員には他社経験者が多いということもあり、社員のバックグラウンドは様々です。
      また必要な知識・スキルは事業の拡大とともに多様化していますので、能力開発計画は定期的に見直しをされ、社員と上司が相談の上作成しています。
      公開セミナーは各社員の能力開発計画を支援する手段の一つで、毎回満員となる人気のプログラムでもあります。

      公開セミナーの利点は、どのような仕事にも必要な基本的ビジネススキルのエッセンスを、プロの講師から学べることにあります。
      また講師のみならず、業種や職種を超えた他社からの受講者との意見交換からも大いに気付き、学べることも利点のひとつです。

      産能マネジメントスクールの公開セミナーは、講義だけでなく演習も取り入れられていますので、聞く→ちょっとやってみる、他の受講者と意見交換する→体で覚えるというサイクルで、短期間でエッセンスを学ぶことができます。

      単に公開セミナーを受講してきました、新しいことが学べました、刺激になりました、というレベルから、自分の仕事にどのように活かせるか考え、まず使ってみる所までして初めて身に着き、公開セミナーを受講した意義があると思います。

      学んだことを身につけるために良い方法は、学んだことを誰かに教えることです。人に教えるためには自分がちゃんと理解しないとできませんから一生懸命復習します。必要であれば、もう少し深い内容まで知ろうと、他の書籍など読むかもしれません。
      知らなかったことを知ること自体、楽しいことですが、学んだことを部署の人に教えると、学び合い教え合う風土が醸成され学ぶことの楽しさがチームに広がります。

      一石二鳥ならぬ三鳥となり、ひいては会社全体が楽しく学び合う組織になることができると思います。 

      社員の中には毎年1コース公開セミナーを受講することを決め、毎回新しい内容を学び、また他社の受講者からも学んでいるというコアなファンもいるようです。

      5.東西に分けての取り組み

      社員を公開セミナーに派遣することは以前から行っていましたが、公開セミナーの開催地は東京のみとしていました。
      当社は全国に営業所がありますが、受講希望者は遠方からの社員が大変多く、受講日と移動時間を足すと現場を不在にする日数がどうしても多くなってしまいます。そのため、西日本から参加する社員のために、大阪での公開セミナー開催を望むリクエストを受けていました。
      リクエストに応え、また社員に学びの機会を増やしたいと考え、2010年に初めて産能マネジメントスクールの東京と大阪の会場に社員を派遣させていただきました。もともと大阪での公開セミナーの種類、本数共に東京より少なかったのですが、無理をお願いして弊社社員のために増やしていただきました。
      結果としては現場からのリクエストに応えることができ、社員の受講増につながりました。
      2011年は更に無理をお願いして、大阪での公開セミナーのコース種類、本数共にさらに増やしていただきました。西日本の社員にとっては更に学びの機会が増えたので、大いに活用してほしいと考えています。

      当社では学び合い、教え合う風土を築くことで、社員の成長を実現し、当社のミッションである人々の「生きる喜びを、もっと」に貢献できると考えています。

      今後もさまざまな施策を通して、学びの機会を増やしていく計画ですので、社員には最大限に活用してほしいと期待しています。

      関連する産能マネジメントスクールの公開セミナーのご案内はこちらからどうぞ

      人材開発・企業事例集 進呈中(無料)

      様々な人材育成課題に応じた企業各社の取り組みを掲載しています。

      まずは資料をご請求ください

      詳しいご案内資料を無料でお送りいたします。

      ページ先頭へ

      • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
      • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
      • デジタルカタログはこちらから
      • 官公庁・自治体職員向け研修案内
      • 総合研究所 経営管理研究所
      • グローバルマネジメント研究所
      • サンノーWebサポート
      • SuperGrace Web成績管理システム
      • マナビバサンノー
      • sannoメール登録