総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

コンプライアンス・マインド研修

研修の概要

管理者・リーダーが企業倫理・コンプライアンスを推進する役割を担って活動していく際に、押さえておきたい基本的な事柄や考え方を理解し、職場におけるコンプライアンス問題状況を発見し適切に意思決定する方法を習得します。

研修のねらい

【1】企業倫理・コンプライアンスの重要性と概念を理解する
【2】管理者・リーダーとして、自職場におけるコンプライアンス問題状況とその原因となる組織的要因を認識し、解決に向けての方向性を探る
【3】管理者・リーダー自身の「倫理的な意思決定」の重要性を理解し、ケースメソッドによる討論を通じて、日々の管理行動に応用することをめざす
【4】管理者・リーダーとして果たすべき役割を認識し、今後のマネジメント活動に向けての 標を設定する

スケジュール

プログラム実施上の特徴
・各セッションを「モジュール」としているため、重点化・他の研修(管理職研修など)との
 フレキシブルな組合せが可能です。
・ケースは、各社様オリジナルのケースを別途開発して使用することもできます。

セッション 詳 細
1.企業倫理・コンプライアンス
  の必要性

社会的存在としての企業
 ・社会における企業の存在の変化

企業倫理と経営
 ・企業倫理はビジネスにおいてどのように有効か

「倫理」の目的と役割
 ・「倫理的である」とはどういうことか

企業倫理とコンプライアンス
 ・協議のコンプライアンス=法令順守
 ・「法令遵守」の限界と「企業倫理」

CSR・ステークホルダー
 ・「CSR」と企業の社会的責任

2.職場におけるコンプライ
  アンス問題状況の確認

コンプライアンス問題状況を把握する
 ・問題状況とは

自職場の問題状況の確認
 (ワーク)
 (全体発表)

3.ケースメソッドによる
   論理的意思決定
倫理的意思決定の概要
 ケースメソッドとは
 ケース学習(2本程度)

 ・個人学習
 ・全体確認
 ・グループ討議
 ・全体討議(各グループからの意見発表
4.今後のマネジメント活動に
   向けて
企業倫理に関わるマネジメント目標設定
 ・問題状況の確認結果およびケースメソッドを通して体感
  した「倫理的な意思決定」に基づき、取り組むべき
  マネジメント課題を形成し、目標を設定する

☆スケジュール(プログラム)はご要望に合わせてカスタマイズが可能です。

研修のご相談、ご不明な点などお気軽にお問い合せください

お気軽にご相談ください お問合せはこちらから

ずばりコンプライアンスがわかる

法律・倫理

コースコード

A221

身近な事例でわかりやすく解説する

商品写真

受講料

15,120

受講期間

2か月

在籍期間

4か月

  • コンピュータ採点型
  • 再受講不可

ページ先頭へ

関連情報

コンプライアンスの課題 ~「社員に守らせる施策」から「社員の意識を変える施策」へ~
「不祥事対策」を超えた誠実な人と組織づくりをサポートします。
  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー

他のコンテンツを見る

SANNOが大切にしている活動スタンス
理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
人材育成・研修 用語集
人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。