総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

【事例紹介】キユーピーのボトムアップによるワークライフバランスの推進 ~職場単位で取り組む『ワークライフサラダ』~

はじめに

表面的な残業削減施策ではなく、社員がいきいきと働くために何が必要か。
キユーピー株式会社様では、ワークライフバランスの視点から検討チーム「わく☆きらの会」発足、職場単位での『ワークライフサラダ』という独自の取り組みなど、ボトムアップによる活動を推進しています。

今回はこの取り組みについて、同社人事本部労務部労務チームの南浩司様にお話を伺いました。

本編は2009年3月13日の学校法人産業能率大学主催「働き方の変革」フォーラムにて講演いただいた内容を編集したものです。

キユーピー株式会社 南 浩司 氏

キユーピー株式会社 人事本部労務部 労務チーム 南 浩司 氏

【キユーピー株式会社プロフィール】

◆設  立:1919年(大正8年)
◆本  社:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-4-13
◆代 表 者:代表取締役社長 鈴木 豊
◆資 本 金:241億400万円(2008年11月末日現在)
◆事業内容:マヨネーズ、ドレッシング、その他ソース類、
      各種瓶缶詰食料品、医薬品等の製造販売、他
◆従業員数:2,609人(2008年11月末日現在)

    ワークライフバランスへの取り組みに深く関わる社是・社訓

    まずは当社の経営理念からご紹介します。これからご紹介するワークライフバランスの取り組みにも、この経営理念が深く関わっていると確信しています。

    図1 キユーピー株式会社の社是・社訓 楽業偕悦

    図1 キユーピー株式会社の社是・社訓

    社是の「楽業偕悦」とは、同じ志を持った仲間が集まって仕事を一生懸命することによって、仕事を楽しみ、役職を超えてみんなで悦びを分かち合おうという意味で、創業当初から貫いているものです。

    社訓1つ目は道義を重んずること。何が正しいか常に考えながら仕事をしていこうということです。

    2つ目は創意工夫に努めること。マヨネーズやマーマレードを日本で初めて発売したわけですが、このように常にパイオニア精神を持って仕事に取り組んでいこうということです。

    3つ目は少し珍しいのですが、親を大切にすること。これは本当の親はもちろん、仕事や生活をしていく上でお世話になっているすべての人に感謝する気持ちを持ちましょうということです。

    これら社是・社訓は従業員に浸透しており、後ほど紹介する「わく☆きらの会」のような取り組みも、この考え方があるからこそ、実現できるのだと感じています。

    目的の設定によりワークライフバランスの考え方を浸透

    当社におけるワークライフバランスへの取り組みのキッカケとなったのが、2004年に実施した営業の事業場外みなし労働時間制の廃止でした。

    これまで社員は、自身の正確な労働時間を把握できていませんでした。時間の重要性を再認識してもらうため、まずはマネージャー職を対象としたコンプライアンス教育やイントラネットを活用した残業時間の“見える化”などを実施しました。

    これらの取り組みはすべて残業時間の削減に主眼を置いた活動であり、残業時間は確実に減少傾向に向かいました。
    ただし、現場側では「なんのためにやるの?」「私は働くのが好きだから残業してもいい」といった声も多く、全体的に“やらされ感”が芽生えており、私たちも制度の限界を感じるようになっていました。

    取り締まり的な残業時間削減の制度ではなく、もっと大きな「ワークライフバランスへの取り組み」へと方向転換したほうがいいのではないかということで、2007年にワークライフバランスへの本格的な取り組みを開始したのです。

    まずは各部門の総務担当者をメンバーとしたプロジェクトチームを結成。さまざまな意見を出し合った結果、ワークライフバランスの考え方を社員に浸透させることこそが何よりも重要であるという考えに至りました。

    そのためにはワークライフバランスの目的を明確化する必要があります。

    プロジェクトチームでは社長の意見を取り入れながら、キユーピースピリットに則ったワークライフバランスを考察。その目的を大・中・小の3つに分けて明文化しました。

    ワークライフバランスの目的

    【大目的】
    私たち一人ひとりが、成長して豊かな人生を送る

    ここでいう“豊かな人生”には、自分自身の幸せのみならず、家族の幸せや地域社会への貢献も含まれます。

    【中目的】
    自分自身を磨き、より魅力的な人になりましょう!

    魅力的な人とはどういう人か。私たちは3つの視点で“魅力的な人”を捉えています。
    まず1つ目は「家族から見て魅力的な人」。家族と会話ができているか、家事・育児ができているかということです。
    2つ目は「会社から見て魅力的な人」。昔は長時間働く人が魅力的だったのですが、今はそうではありません。質の高い仕事を短時間でやれる人、高いスキルや能力を持っている人、社内だけでなく社外を含めさまざまな経験をしている人を指しています。
    3つ目は「自分自身から見て魅力的な人」。本当に自分のやりたいことができているかをもう一度見直そうというメッセージが込められています。

    【小目的】
    時間を創出しましょう

    仕事と私生活のバランスを保つため、自分自身の成長のためには時間の創出が不可欠ということです。小目的は本来、もっとたくさんあると思うのですが、はじめは“時間”に焦点を絞ろうと考えました。



    新しい取り組みを始めるにあたっては、トップダウンも必要だと思うのですが、当社の社風を考えると現場の社員がその必要性を実感できるカタチで進めなければなりません。

    そこで私たちは現場に根付く仕組みづくりを行う組織として2008年に「わく☆きらの会」(わくわくワーク☆きらきらライフ)を結成しました。

    これは30代までの人事労務部門若手社員で構成された組織で、「ワークライフバランスの実現」と「ワークライフバランスを実現できる会社づくり」を目的としたものです。

    仕組みづくりにあたっては3つのポイントを設定しました。

      (1) やらされ感ではなく、自分のこととして考えることができる仕組み
      (2) 楽しく取り組める仕組み
      (3) 動きにつなげる仕組み

    ワークライフバランス推進のための4つのステップ

    具体的な取り組みとしては
    「STEP1 アンケートの実施による現状把握」
    「STEP2 自身のワークライフバランスについて考える仕組みづくり」
    「STEP3 一人ひとりが考えるワークライフバランスを職場内で共有する仕組みづくり」
    「STEP4 理想と現実のギャップを埋めるために何が必要かを考える仕組みづくり」
    という4つのステップを設定しました。

    STEP1 アンケートの実施による現状把握

    アンケートの実施にあたっては現状把握のほかに、ワークライフバランスの浸透を目的としました。アンケート内に「ワークライフバランスという言葉を知っていますか?」「何のために仕事をしていますか?」「生活で一番大切なものは何ですか?」などの設問を用意することで、ワークライフバランスへの理解促進や自分自身のワークライフバランスについて考えるキッカケづくりになるものとしました。

    “やらされ感”を排除するため、完全な任意アンケートとしましたが、最終的には1,370通が回収できました。任意のアンケートにしては破格な返信率だったといえるでしょう。なお集計結果はイントラネットを使ってフィードバックしています。

    STEP2 自身のワークライフバランスについて考える
         ~ 『ワークライフサラダ』の実践 ~

    自身のワークライフバランスについて考える仕組みとして、私たちが実践したのが『ワークライフサラダ』というものです。これは、自分自身の生活をサラダに見立てて現状と理想を書き出すことで、いわば自分が普段どのような生活を送っているのかを見つめ直すというものです。

    なぜサラダなのか?といえば、当社がドレッシングとマヨネーズが中心の会社という理由もあるのですが、やはり一番は「ワークライフバランスは寄せ鍋である」という考え方に基づくものです。この考え方は以前、私自身がある講演会に参加したときに聞いたものなのですが、それぞれの具材(仕事や家庭、趣味など)はどれも重要で、それらがお互いを引き立て合って最も美味しい鍋(人生)が完成するというものです。その例えにならって考案したのが『ワークライフサラダ』なのです。

    では『ワークライフサラダ』の作成方法を簡単に説明します。

    『ワークライフサラダ』の実践

    図2 ワークライフサラダ

    まず「NOW」として、現在ご自身がやっていることを具材としてサラダボウルの中に書いていきます。それぞれの具材の大きさを費やす時間や意識の大きさで表すと、よりわかりやすいものになるでしょう。次に「Dream」として、理想のサラダボウルを書いていきます。つまり「現状はこうだけど、本当はこういう生活を送りたいんだ」という気持ちを“見える化”することで、現状と理想とのギャプに気付いてもらおうという仕組みです。実践した社員からは「何をしたいか、何をすべきかが明確になった」「仕事の効率化が必要だと感じた」「夢に向かって生活スタイルを変えるキッカケになった」などの感想が出ています。

    STEP3 一人ひとりが考えるワークライフバランスを職場内で共有する
         ~ 『わくきら☆サラダバー』の実践 ~

    一人ひとりがワークライフバランスを実践していくためには職場(チームメンバー)の協力が必要です。例えば「自己啓発の一環として資格が欲しいので、会社帰りに学校に通いたい」と思っていても、周りがそのことを知らなければ、夕方に急な仕事を頼んでしまうこともあります。つまりチームメンバー、特に上司と部下との間でお互いの事情を知ることが、一人ひとりのワークライフバランスを実現する上で重要となるのです。

    そこで考案・導入したのが『わくきら☆サラダバー』です。

    これは課やチーム単位(7~8名)で自身が書いた『ワークライフサラダ』を発表し合うというもので、さまざまなサラダが一堂に会することから“サラダバー”というネーミングにしました。この取り組みは2008年の秋頃からスタートし、現在までに約300名が参加しています。

    『わくきら☆サラダバー』の実践

    図3 上司と部下の枠を超えて

    当初、ワークライフバランスについての認識を共有していこうという目的で始めた『わくきら☆サラダバー』でしたが、チーム内におけるコミュニケーションの活性化という思わぬ効果も生んでいます。参加者からは「メンバーの違った一面が見えた」「人それぞれのライフスタイルが自分へのよい刺激になった」「部下の特技を知るよいキッカケになった」などの声が上がっています。

    当社としては、現在「STEP2」と「STEP3」に力を注いでおり、この活動を全社に広げるべく活動しています。

    STEP4 理想と現実のギャップを埋めるために何が必要かを考える
         ~ 『わく☆きら実現シート』の導入 ~

    『ワークライフサラダ』と『わくきら☆サラダバー』という2つの取り組みにより明確となった自分自身の理想と現実。そのギャップを埋めるためには何をしなければならないのか。

    それを具体化するツールとして用意したのが『わく☆きら実現シート』です。

    『わく☆きら実現シート』では、まず「Dream」を実現するために何が不足しているかを自身で考察し、その阻害要因をできるだけ具体的に記入。これを個人ワークおよび職場単位でやることで、「ワークライフバランス実現に必要なこと」を引き出していく仕組みになっています。

    なお、『わく☆きら実現シート』で最も重要な「ワークライフバランス実現のために必要なこと」の項目は「(1)自分自身で取り組むこと」「(2)チームで取り組みたいこと。チームのみなさんにお願いしたいこと」「(3)会社にお願いしたいこと」という3つに分け、実践者を明確化する工夫をしています。

    このうち「(3)会社にお願いしたいこと」については、「会社にこういう制度があったら私の「Dream」に近づける」という制度を気軽に提案をしてもらうためのものです。

    現在までに「フレックスタイムの導入」「時差出勤制度の導入」「サテライトオフィスの設置」といった声が上がっており、今後はこうした要望の実現にも取り組んでいく予定です。

    自分の提案が会社の制度として導入されるという、いわばボトムアップによるワークライフバランスを推進することで、社員一人ひとりに「自分の提案によって会社が変わる」ということを実感してほしい。

    そうした意識変革が、自分自身のワークライフバランスについて、そしてメンバーのワークライフバランスについて、より深く真剣に向き合うためのキッカケになると期待しています。


    ※本コラムに関しますご意見・ご感想はこちらまでお寄せください。

    人材開発・企業事例集 進呈中(無料)

    様々な人材育成課題に応じた企業各社の取り組みを掲載しています。

    まずは資料をご請求ください

    詳しいご案内資料を無料でお送りいたします。

    ページ先頭へ

    • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
    • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
    • デジタルカタログはこちらから
    • 官公庁・自治体職員向け研修案内
    • 総合研究所 経営管理研究所
    • グローバルマネジメント研究所
    • サンノーWebサポート
    • SuperGrace Web成績管理システム
    • マナビバサンノー

    他のコンテンツを見る

    SANNOが大切にしている活動スタンス
    理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
    人材育成・研修 用語集
    人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。