総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

【事例紹介】ヤマト運輸株式会社様の女性活躍推進活動 ~現場発の女性リーダー育成プロジェクト~ part1

はじめに

今回お話を伺った白鳥美紀副支社長(2007年3月時点)は、現場の女性社員と真正面に向き合い、話し合い、行動するリーダーシップの持ち主です。

現場発の女性リーダー育成プロジェクトの立ち上げから今後の検討課題について伺いました。
*本編は2007年3月2日の産業能率大学主催『女性活躍推進フォーラム』にてご講演いただいた内容を編集したものです。

(ページの構成は、ご講演内容をpart1とpart2に分けさせていただきました。part1の続きはpart2をご覧ください。)

1981年ヤマト運輸(株)入社。
総務部広報課配属となり社内報編集を担当する。その後一貫して広報業務に従事。1994年係長、1997年広報課長、2001年広報部長、2005年4月から現職。
※プロフィールはインタビュー当時のものです。

    白鳥様

    「あったらいいな」を形にするヤマト運輸の企業理念

    はじめに私どもの会社の沿革を簡単に紹介させていただきます。

    すでに皆様、クロネコヤマトの宅急便で、日頃からご愛顧いただいているお客様だと思います。創業は1919年。その間、ヤマト運輸のDNAと言いますか、企業の根底を流れている企業理念がございます。

    それは『世の中にないモノをつくり出す』ことで、日本で初めての商品・サービスを数多く世に送り込んできました。

    例えば、日本で初めてトラックを使った運送業社として創業し、宅急便という概念を私たちの生活に浸透させました。その後もクール宅急便をはじめとするゴルフ、スキーといった今まで運べないと思っていたものを運べるようにしました。

    言ってみれば日本のライフスタイルを変えた、そういう自負が企業姿勢としてずっと引き継がれてきております。

    世の中に無かったものをつくり出すことによって『世の中の不便を便利に』変えていく。お客様が「こんなものがあったらいいな」「こんなものを運びたいな」と感じていることを実際に運んで実現してきた、そういう歴史を刻んできた会社です。お蔭様で昨年、宅急便が発売されてから30年ということで、節目の年を迎えております。

    女性ドライバーの積極的活用

    こうした「あったらいいな」を形にするヤマト運輸の商品やサービスの誕生に女性社員の視点が大いに生かされてきたことは言うまでもありません。消費者の視点、主婦の視点、女性の視点を大事にしてきたからこそ、今までにないものをカタチにできたのだと思います。

    また、女性ドライバーについても、早くから採用を開始しておりました。今からさかのぼること27年前、昭和54年当時から女性ドライバーを積極的に活用し、女性に門戸を広く開放してきた会社です。現在、女性ドライバーの中からも管理者として活躍されている方も多くいます。

    女性社員の活用状況

    女性社員の現状をお話しする前に、自己紹介を簡単にさせていただきます。

    昭和56年1981年に大学を卒業してすぐヤマト運輸に入社いたしました。昨年11月の創立記念日に勤続25年ということで表彰を受け、思い起こせば四半世紀、ヤマト運輸という会社とお付き合いしてきました。

    関東支社に来てからは2年が経ちますが、それまでは23年間ずっと本社におりました。本社の中でも広報というセクションにおり、14年前に初めて係長の役職に就きました。その後、広報課長、広報部長を経て、23年間広報一筋で仕事をやってまいりましたが、このままずっと広報にいるというわけにもいかず、「現場に出て勉強をしてこい」という当時の上司の後押で関東支社に副支社長として赴任いたしました。

    こうした私の経歴も踏まえまして、今現在、ヤマト運輸の女性活用がどういう状況になっているか説明させていただきます。

    表1の(1)にありますように、女性社員の比率は3分の1。従業員全体では約134,000人おりますので、約47,000人が女性ということになります。イメージされるよりも意外と女性比率は高い会社です。内訳も、事務職が約40%、作業が40%、ドライバーにいたりましては約2割、19%が女性ドライバーです。女性の職種の構成比で見ても、事務と作業、ドライバーが割とバランスよく配置されています。

    表1の(2)は、女性役職者の現状です。大きく分けますと経営役職と業務役職に分かれています。経営役職が、いわゆる経営幹部という位置づけで、私を含め3名の女性が今現在活躍しております。その下に本社係長以上の業務役職が18名おります。さらにその下に役割者、いわゆる現場の係長クラスですが、業務役職の予備軍として247名おります。そのほかにグループ会社の社長が女性で1人誕生しており、合計で女性の役職の比率でいくと、0.74%となります。女性の役職比率としてはまだまだ低い方ではないかと思っております。

    表1

    表1:「女性活用状況」イベント資料(p.28)



    続きまして、part2では、「本社の取り組み女性リーダー研修」、「現場の意見をカタチにするプロジェクトについて」ご紹介します。

    人材開発・企業事例集 進呈中(無料)

    様々な人材育成課題に応じた企業各社の取り組みを掲載しています。

    まずは資料をご請求ください

    詳しいご案内資料を無料でお送りいたします。

    ページ先頭へ

    • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
    • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
    • デジタルカタログはこちらから
    • 官公庁・自治体職員向け研修案内
    • 総合研究所 経営管理研究所
    • グローバルマネジメント研究所
    • サンノーWebサポート
    • SuperGrace Web成績管理システム
    • マナビバサンノー
    • sannoメール登録

    他のコンテンツを見る

    SANNOが大切にしている活動スタンス
    理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
    人材育成・研修 用語集
    人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。