総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

【事例紹介】三井住友海上火災保険株式会社の「女性が活躍する会社」のしくみづくり ~Part2

はじめに

Part1に続き、「女性が活躍する会社」の実現に向けて、環境整備や制度構築などを進めている三井住友海上火災株式会社の実例をご紹介いたします。

前回は、「三井住友海上グループの経営・企業理念」、「人を大切に育てる”人財育成”と能力開発体系」、「ステップアップジョブ制度(社員区分転換制度)と女性活躍推進の取り組み」についてお伝えいたしました。

今回は、「メンター制度」、「ステップアップ研修」、「女性活躍推進の仕組み」についてご紹介いたします。

(ページの構成は、ご講演内容をpart1とpart2に分けさせていただきました。最初からお読みいただくには、part1からどうぞご覧ください。)

    金子様写真.jpg

    金子朱実氏 三井住友海上火災保険株式会社 人事部 能力開発チーム 課長代理 1980年大正海上火災保険株式会社(現:三井住友海上火災保険株式会社)に一般職(現業務職)として入社。営業、経理、事務インストラクターを経て、1995年営業部門で総合業務に従事。1996年業務職(現エリア総合職)に転換。2003年現在の人事部能力開発チームで主に総合職・エリア総合職の教育体系の検討、研修企画、運営に従事。 *プロフィールはインタビュー当時のものです。

    メンター制度

    当社でも特に力を入れているのがメンター制度です。ステップアップジョブの配属先の上司、あるいは指導担当者以外に気軽に相談できる相手として、メンターという存在を設けており、ステップアップジョブ対象者の意識転換のきっかけ、モチベーションの向上、キャリア形成支援を図るということを目的にしています。

    メンターを務めてもらう先輩にもエリア総合職として更なるレベルアップも目的としています。選任方法は、エリア総合職に転換後1年を経過した全社員にメンター登録依頼をし、承諾をもらった方にメンターとして登録する形を取っています。

    メンターの決め方ですが、ステップアップジョブは、会社に入社してからの経歴が皆様々ですので、1対1のメンターとメンティというのは難しく、そこで、自分が相談したい内容によってメンターを決めていくという形をとっています。

    具体的には、4月のステップアップジョブ研修に参加してもらい、メンターとして紹介をします。ただ日常業務がありますので、全員のメンターがその研修に出席できるわけではありませんので、社内のホームページにメンターからの一言と経歴を掲載して紹介しています。

    ステップアップジョブ対象者は、そのホームページ、あるいは研修での話を聞いて、相談内容に合わせて、メンターを選択してもらいます。メンターの任期は1年です。

    メンターの教育としては、メンターハンドブックを作成し、配布をしています。メンターハンドブックは、社外のメンター研修を専門に担当している講師にたたき台を作成してもらいました。それに当社人事相談室の専門スタッフが肉付けをし、当社独自のハンドブックとして完成させました。
    またメンターには、基本的知識を学んでもらうために、通信講座の受講およびメンター研修を受講してもらっています。メンター制度の認知のために、4月のステップアップジョブ研修の中の半日を割いて、まずメンター研修を実施いたします。それからメンターのみの研修として、7月に1泊2日の研修を実施しています。

    年間10回以上の研修実施!『ステップアップジョブ研修』

    ステップアップジョブ研修の目的を次に説明いたします。

    資料4.jpg

    資料4 イベント資料P25「ステップアップジョブ研修」のスライドより

    研修は、部門共通で年3回、研修目的の1と2をカリキュラム化した内容で実施しています。昨年は10月、来年度は8月になりますけれども、産業能率大学からも講師を派遣してもらい実施しています。

    また、各部門とも3回の部門別研修を行っています。これは目的の3をカリキュラム化したものです。その他、総合職向けに実施している、本社各部が講師となって実施している研修へ随時参加してもらうことになっています。ということで、年間10回以上の研修を開催しています。

    「女性が活躍する会社」を目指す女性活躍推進の取り組み

    最後に、当社は2006年4月に人事部内に女性活躍推進チームを設置いたしました。このチームのメンバーは専任ではなく、部内で女性に係る仕事を担当してきた者が集まっており、私もこのチームのメンバーの1人です。目指す姿、活動方針というのは、下図(資料5)になります。

    資料5.jpg

    資料5 イベント資料P26「女性活躍推進の取り組み」のスライドより

    また、その他の現在の取り組み状況は、育児に関する各種支援制度の拡充を行っています。どの会社にもある休暇制度に、加えて今年は育児支援施設と提携を行って、いろいろな優遇制度を立ち上げています。また2007年4月からは、短縮勤務、育児休業明けの方が時間を短縮して勤務する制度も本格的に実施していきます。

    その他にも各種支援制度がありますが、2006年度から実施したものとして、「実際に産休や育休を取得してみないと分からない」「部下にそういう人がいないと分からない」とい社員に対して社内のホームページに育児支援策とキャリア支援策に分けて情報を掲載するようにしました。次年度は全国主要都市を巡って皆さんの意見を聞く、20時間程度のミニセミナーの開催を予定しています。

    また「ワークライフバランス」の冊子を作成し、男性社員も含めた全社員に配布を予定しています。


    【事例紹介】三井住友海上火災保険株式会社の「女性が活躍する会社」のしくみづくり ~Part1~

    三井住友海上火災保険株式会社 人事部 能力開発チーム 課長代理 金子朱実氏


    ※本コラムに関しますご意見・ご感想はこちらまでお寄せください。

    人材開発・企業事例集 進呈中(無料)

    様々な人材育成課題に応じた企業各社の取り組みを掲載しています。

    まずは資料をご請求ください

    詳しいご案内資料を無料でお送りいたします。

    ページ先頭へ

    • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
    • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
    • 官公庁・自治体職員向け研修案内
    • サンノーWebサポート
    • SuperGrace Web成績管理システム
    • マナビバサンノー
    • 人材育成支援に関する助成金関連情報のご案内(公開セミナーサイトへ)
    • SANNO エグゼクティブマガジン(コラム【経営の視点】)

    他のコンテンツを見る

    SANNOが大切にしている活動スタンス
    理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
    人材育成・研修 用語集
    人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。