総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

目標ベース成果評価研修

研修の概要

経営環境の変化に伴い、人事制度を組織貢献度を高めるしくみとして機能させることが、ますます重要になっています。
そのため、目標による管理、評価制度の活用を通じて「成果達成」と「人の育成」を実現するマネジメントサイクルの実践が求められています。

この研修はそのマネジメントサイクルに沿って進め、各段階でのポイントを学んでいきます。

研修のねらい

【1】 人事評価の基本知識を身につける
【2】 目標設定と部下の目標設定指導力を高める
【3】 的確な評価の前提となる期中の進捗管理のポイントを学習する
【4】 行動評価の手順と実施ポイントを理解する
【5】 面談とフィードパックを実施する際の留意点を把握する

スケジュール

  9:00 ~ 17:00
1日目 ■オリエンテーション

1.評価の基本知識
・演習:評価の基本知識(個人、グループ)
・演習:目標設定(個人)

2.目標設定と部下の目標設定指導(成果開発の促進)
<Plan>
(1)目標設定指導
・目標設定のポイント
・演習:目標設定内容のチェック(個人)
  
(2)メンバーの納得性を高めるブレークダウン
・状況の法則
・演習:メンバーに期待する目標のブレークダウン(ペア)
・目標設定面談の進め方のポイント
 
<Do>
(3)期中のマネジメントと評価
・進捗管理のポイント
・期中に意識すべきマネジメントの視点
・演習:自己の進捗管理を振り返る(個人)
2日目 3.行動評価
<Check>
・行動評価の手順
・評価のポイント
・演習:自社の評価項目の理解促進(ケーススタディ)(個人、グループ)
・演習:実際の部下を想定し、評価根拠をもとに評点を決定(個人、グループ)
・演習:陥りやすい心理的エラー(個人)
   
4.納得性と育成に向けたフィードバック
<Action>
・育成の視点から運用を強化する
・本人コメントに対する上長の指導
・今後の成長に向けて経験学習を促進する
・演習:今後の成長に向けたアドバイスを考える(個人、グループ)
・演習:評価が思わしくなかったメンバーへのフィードバック(個人、グループ)

5.クロスレビュー
・クロスレビュー(相互評価)の効果
・演習:評価演習内容のクロスレビューの実施(グループ)

■まとめ

☆スケジュール(プログラム)はご要望に合わせてカスタマイズが可能です。

研修のご相談、ご不明な点などお気軽にお問い合せください

お気軽にご相談ください お問合せはこちらから

ページ先頭へ

関連情報

NEW人事考課者研修
「査定」目的の人事考課ではなく、「成果達成」「職場ビジョン実現」につながる人事考課を行うためのスキルを身につけます。
人事評価能力の強化
マネジャーの人事評価力の強化が成果のあがる職場につながります。
マネジャーのための人事評価実践
編著者:(学)産業能率大学総合研究所人事評価実践研究プロジェクト編
佐藤省蔵・高橋衆一著
サイズ:A5  ページ数:230頁
価格:2,700 円(8%税込み)
2009年9月刊
  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー