総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

新入社員フォロー研修「仕事道実践」

研修の概要

新入社員が入社してからの半年から1年の経験や成長は、今後活躍していく際の重要な土台となります。

この研修では、実務実践での経験を同期で振り返り、共有することを通じて、お互いの成長を認識し合います。あわせて、仕事をしていくうえで必要なさまざまな視点や広い視野を獲得します。

研修のねらい

【1】入社してからの経験や成長を振り返り、自身の現状を認識する
【2】これから成果を生み出していくためのスキルを獲得する

スケジュール

  9:00 - 12:00 13:00 - 17:00
1日目

稽古1 仕事道入門
 ・はじめに
 ・Exercise<やってみよう>
 ・仕事道とは

稽古2 めざせ!仕事道初段
 ・「仕事道実践」のゴール
 ・初段認定までの道
 ・初段認定までの修練内容
 ・Check<確認してみよう>
 ・仕事道実践の流れ
 ・仕事道の掟

稽古3 心の修練
 ・心のメカニズム
 ・Column
  <ジム・レーヤーの言葉>
 ・「想う心」「向う心」「貫く心」
   におけるrBポイント

稽古3(つづき)
 ・Exercise<やってみよう>
 ・チェックテスト
 ・ワークシート

稽古4 技の修練
 ・交流技
   <チームワークの高め方>
 ・Exercise<やってみよう>
 ・仕事技<WBS
   (ワークブレークダウンストラクチャー)>
 ・Exercise<やってみよう>
 ・結び技
   <プライオリティ・マネジメント>
 ・Exercise<やってみよう>
 ・チェックテスト
 ・ワークシート

2日目

稽古5 心技一体の修練
 ・心技一体とは
 ・心技一体の修練
 ・心技一体の修練の進め方
 ・心技一体の修練の実施

 ・確立<自分と向き合う・
    本当の自分を知る>
 ・Exercise<やってみよう>

稽古5(つづき)
 ・心技一体の修練の実施(つづき)

 ・調和<バランス感>
 ・Exercise<やってみよう>

 ・チェックテスト
 ・ワークシート
  
最終稽古
    これからの仕事道に向けて

 ・行動目標の設定
 ・宣言
 ・未来に向けてのメッセージ

「仕事道実践」と「仕事道入門(入社時)」の違い
「仕事道実践」
は一定期間(配属後半年~1年)実務を経験した新入社員を対象としています。リアリティショックから抜け出せない新入社員や、伸び悩みの新入社員を、改めて「仕事道」への正しい道に戻し、「一人前の仕事人」としての心技一体の実践へと導くことに重きを置いています。
「仕事道入門」は入社直後の新入社員を対象としています。

☆スケジュール(プログラム)はご要望にあわせてカスタマイズが可能です。

研修のご相談、ご不明な点などお気軽にお問い合せください

お気軽にご相談ください お問合せはこちらから

新入社員育成・パンフレット進呈中(無料)

まずは資料をご請求ください

詳しいご案内資料を無料でお送りいたします。

ページ先頭へ

関連情報

内定者・新入社員の育成
最適な時期に最適な教育を実施して効果的な育成を図ります。
新入社員研修「仕事道入門」
新入社員が仕事の基本を「知る」だけではなく、「分かる」「出来る」レベルまで深く身に付けるために学習心理学を大きく取り上げた思考・体験型の新入社員研修です。
鍛錬塾
仕事道を更に実務実践で応用・発展させる、入社2年目以降のフォローアップ研修です。
  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート