総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

工程直視のコスト改善指導プログラム

コンサルテーションの考え方

『工程直視』は、コスト分析対象を決定する際の重要なキーワードです。工程には、その企業のQCDSに関するすべての考え方が凝縮されており、徹底的かつ多面的に分析する必要があります。その上で、一つ外側、さらに全体の姿を見ます。単に自分のセクションの最適化だけを考えず、最終的には全体を見て部分との関係を追求していきます。そして、機構の改善、根本的な自動化についての構想の検討という順序になります。

コストダウン余地を探っていくには、具体的な現象を抽象化して発想を拡げる『具象から抽象へ』の方策、全体から見て部分の最適化をはかっていく『大略から詳細へ』の方策が重要です。

具象の中身や大略から詳細へ観点を移していく際の着想は玉石混交しているのが普通で、事実、問題、要求、制約、着想をきっちり層別してかからなければなりません。

コンサルテーションのすすめ方

余地分析、可能性分析・実施方策検討のステップは下記のとおりです。

工程直視のコスト改善指導プログラム:コンサルテーションの進め方


【関連資料】 無料進呈いたします。

テクノロジーマネジメント研究報(A4・全121頁)
 今後の製造業の経営環境を見据えて、現場の技術者の皆様にお考えいただきたいこと、あるいは知っていただきたいことを、本学研究員が“問題提起”しています。抜粋版(PDFファイル)はこちら からご覧いただけます。
日本のものづくりを担う技術管理者の課題認識調査報告書
 従業員数1000人以上の企業に勤める研究開発、製造、生産技術など技術系の管理職(課長および部長)に対して、課題認識を尋ねる調査を実施しました。自社との比較、経営者層の課題認識との比較にもご活用ください。

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録

他のコンテンツを見る

SANNOが大切にしている活動スタンス
理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
人材育成・研修 用語集
人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。