総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

【SANNOフォーラム2017】働き方改革時代の 職場変革マネジメントのあり方

働き方改革時代の 職場変革マネジメントのあり方

 さまざまな局面で語られる『働き方改革』ですが、その内実は単に残業時間の削減というように矮小化されがちでもあります。
しかし、決してそうであってはならないと指摘するのが中央大学大学院戦略経営研究科 教授・佐藤博樹氏です。安易な残業依存体質の解消は必要ではあるが、残業自体が絶対悪なのでない。また残業のない職場でも「働き方改革」は必要なのだ。つまり「働き方改革」のめざすべきものとは、ダイバーシティ経営を実現するための基盤整備なのだと佐藤氏は続けます。
この2017年7月28日のフォーラムの要旨を以下にお届けします。

今回のSANNOフォーラムは、【第1部】として佐藤教授をお招きし基調講演をいただいた後、【第2部】ワークショップ、【第3部】職場変革のマネジメントについての検討という流れで構成しました。

【第1部】基調講演 今なぜ働き方改革なのか?:長時間労働の解消から働き方改革へ

【第2部】 働き方改革を実現するためには【ワークショップ・カフェ】

【第3部】  働き方改革時代の職場変革マネジメントのあり方

ページ先頭へ