総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

【通信研修】ヘルシーライフ・ラーニング ~健康や食生活の正しい知識を組織がサポートする~

ヘルシーライフ・ラーニング ~健康や食生活の正しい知識を組織がサポートする~

”超高齢社会”で世界の最先端をゆく日本。企業の次の一手は健康管理にあり
世界でも類を見ない超高齢社会に突入した日本。働き手が減る一方で、国を超えたビジネス競争は激しさを増し、企業は攻めの一手、守りの一手を打つにも、戦力の見極めが鍵となります。そのような中で今、本学が健康管理に関する講座を数多く開発する理由について、資格事業推進センター長・内田泰之が語ります。

―― 健康の視点から見た、企業を取り巻く問題はどのようなものでしょうか。

 少子化・高齢化に加えて、これによる労働力不足の深刻化が挙げられます。高齢化自体は欧米やアジアの国々でも起きている世界的なトレンドですが、日本では少子化が深刻さを加速させると言われています。
 以下の図は、将来人口推計(※)をグラフ化したものです。今後の出生率や死亡率にもよりますが、働き手である15歳から64歳までの人口は、2015年と比べると、2020年には95%、2025年には92%になると予測されています。
つまり、社員が10人いれば10年後に1人減る計算です。さらに、年齢構成も今よりいびつになります。そのような状況では、これまでの延長線上に成長戦略や事業計画を描くことが難しくなるのではないでしょうか。
このような中にあって、社員の健康を損なわないようにする取り組みは、最も重要です。戦力不足を他から連れてきて補うなどということは、もはや考えられませんし、たとえできたとしても非効率極まりないからです。ノウハウを持った社員一人ひとりが健康で元気に、すっと働き続け、会社を支えて続けていく必要があるのです。

15歳~64歳人口の将来推計

出所:国立社会保障・人口問題研究所/「平成24年1月推計の解説および参考推計(条件付推計) 」-「(B) 仮定値一定推計、封鎖人口推計:平成22(2010)年~平成122(2110)年比較表」-「B-4 生産年齢人口(15~64歳)」のデータよりグラフ化

―― 労働力不足を補うために、社員の健康が必要ということでしょうか。

 今、IoTと人工知能やロボットを組み合わせた技術開発に注目が集まり、労働力が不要になるなどと一部で言われていますが、それで代替・補完できない仕事の方が、実は多いのです。その昔はコンピュータが普及すると人間が行う仕事がなくなるなどと言われていましたが、今はどうでしょうか?コンピュータが普及したおかげで、IT産業が栄え、人間が行うITがらみの仕事が飛躍的に増え続けています。人工知能やロボットなどの技術開発が進めば進むほど、それに関連した人間の仕事が必要になってくるのです。やはり組織はヒト(社員)が支えています。企業が安定的に事業を持続していくためには、戦力の見積もりが重要で、社員がケガや病気にならず、健康に働き続けることは不可欠です。そして、その健康を保つために必要なことは、昔も今も変わらず、栄養・睡眠・運動を適切に摂り、良い生活習慣を続け、体力を維持するというごく当たり前のことです。

―― 社会的に健康志向やセルフケアへの意識が高まっています。社員の健康も自己ケアで十分ではないでしょうか。

 健康はワーク・ライフの「ライフ」をどう過ごすかによって大きく変わってきます。
 「健康は個人の問題、自己責任」と考える企業も多かったと思いますが、現在は「健康経営」が浸透し、社員の健康管理・健康増進は企業の責任という考え方が広まっています。
 政府も健康寿命の延伸、医療費削減に取り組んでいて、ちょうど2017年からはセルフメディケーション税制も始まります。これは健康管理や疾病予防に対する国民の自助努力を促す目的の制度で、軽い不調は自分で手当てできるように、市販薬の購入費などを医療費の控除対象とする特例です(2021年までの5年間の予定)。
 国が政策として健康意識の向上を推進する中、企業においても、社員の健康管理・健康増進に積極的に関わることは、企業価値の向上につながっています。今後は社員一人ひとりが、カラダや食生活に関する正しい知識を身につけ、効率よく効果的に健康づくりを行えるよう、組織として積極的にサポートすることがますます重要になると考えています。
 そこで本学では、社員が効率的・効果的に健康管理を学べる「ヘルシーライフ・ラーニング」という学習分野を新しくまとめ、正しい知識やメソッドをいろいろな角度から学べるコースを複数開発しています。
 高齢化が進む中、ヘルシーな生活を送って体調を整えながら、仕事をできるだけ長く続けたいと願う方が多くなっています。健康で元気な中高年齢社員を支援し、活用することは、労働力不足を補う、最善の策とも言えます。
 企業から社員全員にこのようなコースの受講を推奨し、会社全体で健康意識を高め、健康経営を実現していただくことで、会社に活力が生まれ、業績にも反映していくと思います。何と言っても、社員が元気な会社は、顧客が寄ってきますし、信頼性も高まりますから。

―― 健康管理といっても幅広くイメージが難しいですが、ヘルシーライフ・ラーニングが扱うテーマはどのようなものでしょうか。

 ヘルシーライフ・ラーニングは、食事や栄養、生活習慣から、運動、健康づくりまで、さまざまなテーマを扱います。各テーマは相互に関連し合っていますので、各年代で気になるテーマを幅広くカバーできるようにしています。図にすると以下のようになります。

各コースのテーマと受講対象者の年齢イメージ

―― それぞれの講座について特徴などを簡単に紹介してください。

 いずれの講座も専門知識を持った団体と提携し、いろいろな角度から健康・食生活・生活改善にアプローチした教材を用意しています。以下にコース別のポイントをご説明しますが、種類も多いので一人ひとりの状態や関心に合ったコースが選べると思います。
 内容も堅苦しい健康の勉強ではなく、雑誌つきで楽しみながら学んだり、たとえば薬膳や漢方、あるいは健康体操やデトックスの最新情報を学んだりと、知的好奇心をくすぐる工夫を凝らしています。

 最近、主に医療分野で、健康を保つために情報などを調べる、理解する、利用することができる能力を、ビジネスリテラシーやITリテラシーのように「ヘルスリテラシー」と呼び、注目されています。ヘルスリテラシーは健康寿命を延ばすために一人ひとりが身に付け、その能力を高めることが重要ですが、本学のヘルシーライフ・ラーニング講座はこうしたヘルスリテラシーにもつながるものと考えています。
 最も重要な経営資源である「人」の教育では、これまで「成果創出のための能力向上」が焦点とされてきましたが、それだけでなく、能力を計画的に安定して発揮し、組織自体を活性化できるように「健康マネジメントの能力」も教育対象に加えられることが多くなってきました。ヘルシーライフ・ラーニング講座がそのお手伝いをできればと考えています。

それぞれの講座について特徴


下記のコースタイトルをクリックすると詳細がご覧になれます。

~薬膳・漢方検定対応~~薬膳・漢方検定対応~ やさしい薬膳・漢方入門

健康

コースコード

B8Q0

自然治癒力を高め、健やかな心と体を目指す知恵を、基礎からやさしく

商品写真

受講料

15,120

受講期間

2か月

在籍期間

4か月

  • 新コース
  • eTextあり
  • コンピュータ採点型

雑誌『クロワッサン』で元気になる!カラダにいい食べ方(年間購読)

健康

コースコード

B6Y0

商品写真

受講料

20,520

受講期間

2か月

在籍期間

4か月

  • 新コース
  • コンピュータ採点型
  • 再受講不可

~NHKテレビテキスト『きょうの料理』(年間購読)つき賢く選んで旬を味わう!「野菜」と「魚」の基本(年間購読)

健康

コースコード

B6P0

商品写真

受講料

17,280

受講期間

2か月

在籍期間

4か月

  • コンピュータ採点型
  • 再受講不可

~NHKテレビテキスト『きょうの健康』(年間購読)つきすぐにはじめる!運動・食事・生活習慣カイゼン(年間購読)

健康

コースコード

B6F0

商品写真

受講料

15,120

受講期間

2か月

在籍期間

4か月

  • コンピュータ採点型
  • 再受講不可

~カラダの中からキレイを磨く『日経ヘルス』でもっと輝く健康ライフ

健康

コースコード

B6J0

女性社員が、「いつもベストな自分でいられる」ことをめざすコースです。

商品写真

受講料

15,120

受講期間

2か月

在籍期間

4か月

  • コンピュータ採点型
  • 再受講不可

1からはじめる!「栄養学」

健康

コースコード

A8D1

充実したビジネスライフを送るために!「食」は健康の基本です

商品写真

受講料

12,960

受講期間

2か月

在籍期間

4か月

  • eTextあり
  • コンピュータ採点型

食生活アドバイザー(R)検定公認通信研修食生活アドバイザー(R)3・2級

民間資格関連

コースコード

B3N0

食生活をトータルにとらえた“食生活全般のスペシャリスト”をめざす

商品写真

受講料

17,280

受講期間

2か月

在籍期間

4か月

  • コンピュータ採点型
  • 再受講不可

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録